2018年05月30日

マイセン カップ&ソーサー 「ヒルガオ 昼顔 ピンク」    グロッサーアウシュニット

5月も末、紫陽花が咲き始め、今日は今にも雨が降り出し
そうなお天気です。生垣にピルガオの花を見つけたので、
写真を撮ってきました。

今回はマイセンの「ヒルガオの花」のC&Sとプレートを紹介
しましょう。

z-2C8T1846








写真1)マイセン「ヒルガオの花 ピンク」 2000年頃

この装飾は「自然主義様式の花」のカテゴリーに属する絵付け
です。明るいタッチで写実的に描かれており、生態的にも正確
ですが、植物図鑑のようなグラフィックな表現ではありません。

実際のヒルガオの写真をご覧ください。


z-2C8T1813








写真2) ヒルガオの花

ヒルガオはアサガオと違って、昼になっても萎まないことから
この名があるそうです。どこにでも普通に見られる花なので、
きっとご覧になったことがあると思います。


z-2C8T1843







写真3) 装飾のクローズアップ



z-2C8T1848








写真4) 本作裏側の絵付け

裏側の蕾の絵付けも洒落ています。


z-2C8T1844







写真5) 同 ケーキ皿の絵付け

つる性の植物の特徴をよく捉えて、うまく装飾としての構図を
作っています。細かいタッチの、繊細な描写の花絵付けですね。

本装飾は自然主義様式の花絵を最初に提唱したブラウンズ
ドルフ教授に因み、「ブラウンズドルフの花絵付け」とも呼ばれ
ましたが、これは正確ではありません。

マイセンでの正確な名称は、「自然主義様式の花絵 バラ色の
ヒルガオのモチーフ 多色絵付け 金彩」となります。
装飾番号は252610です。

実は本作には「白のヒルガオ」のものもあり、こちらの方が早く
発表されたので、「白のヒルガオ」をご覧になった方のほうが多
いかもしれません。こちらの装飾番号は252510です。いずれ
機会をみて紹介致します。



z-2C8T1842







写真6) 同 C&S と ケーキ皿

文句なく美しい装飾なので、個人的に大好きな作品です。
非常に手のかかる絵付けなので、最近ではマイセンでも注文を
受けないというような話も聞いたことがありますが、是非長く作り
続けて頂きたい作品ですね。



アンティーク西洋陶磁器専門店 
        アンティーク アーカイヴ  東京 二子玉川
            TEL-03-5717-3108
      ホームページはこちらです  
http://archiv.jp/



dresdner220 at 17:24│Comments(0) マイセン作品紹介 | 自然主義様式の花絵

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

dresdner220

月別アーカイブ
記事検索