2018年07月19日

マイセン付属素描学校 インド(東洋)文様   生徒の描いたスケッチ


今回のブログでは、マイセン付属素描学校の生徒が描いたスケ
ッチを紹介します。

zz-2C8T1987












写真1)マイセン付属素描学校 生徒のスケッチ

マイセンの絵付けは、大きく分けて以下の4つのカテゴリーから
構成されています。

*西洋文様    (花絵 鳥 果物 ワトー絵 狩猟絵 等)
*インド文様   (インドの花 ドラゴン 柿右衛門 等)
*現代文様    (アラビアンナイト 真夏の夜の夢 新しい花 等)
*釉下文様 (ブルーオニオン ブルーオーキッド 葡萄の葉 等)

マイセン付属素描学校では、生徒に様々なスケッチを描かせ、
その人に合った素養を見極めていきます。このスケッチは、絵付け
カテゴリーの中でも、インド文様の基礎といわれるパターンです。



zz-2C8T1985








写真2)インドの絵付け 

写真2)はマイセンの公式カタログに掲載されているパターンです。
インド文様では比較的シンプルなパターンですが、インド文様を
描く際の基礎的なテクニックが全て盛り込まれています。
ペンによる滑らかな線描はその最も大切な技術であり、これを
習得せずにインド文様は描けません。

よく見ると、写真1)のスケッチは309310のパターンとは微妙に
異なりますが、伸びやかな線描をよく学んでいます。


zz-2C8T1989









写真3)マイセン付属素描学校 生徒のスケッチ

写真3)はより複雑なインド文様です。実際のマイセン装飾には
存在しないパターンですが、学生は色々なスケッチを試みるよう
です。青と茶色の色使いや花と枝の構図が興味をひきます。


zz-2C8T1990








写真4)インド文様 岩と花と鳥の絵付け

写真3)をイメージさせる文様をカタログの中から探してみました。
写真4)の色使いや文様の構成には共通点があるのではないで
しょうか。インド文様ではかなり格の高い絵付けで、パターンナン
バーは396110です。19世紀にはかなり人気のあった文様らしく、
アンティークではよく見かけます。


zz-2C8T1988





写真5) 同上 スケッチ

396110の装飾には鳥が描かれていますが、本スケッチにも鳥
の描かれているものがありました。西洋絵付けの鳥とは全く異なる
表現で、グラフィカルに描かれているのが特徴です。よく見ると
日本の墨絵を彷彿とさせる表現で、この画学生の力量の高さを
物語るものです。実際の画学生のついての情報はありませんが、
13歳~18歳頃に描いたと推測しています。
マイセン付属素描学校での訓練は、いわば修行であり、マイセン
絵付けの最も重要な根幹と言えます。




アンティーク西洋陶磁器専門店 
        アンティーク アーカイヴ  東京 二子玉川
            TEL-03-5717-3108
      ホームページはこちらです  
http://archiv.jp/







dresdner220 at 16:28│Comments(0) マイセン 東洋文様 インド文様 | マイセン 柿右衛門

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

dresdner220

月別アーカイブ
記事検索