2018年08月31日

マイセンの芸術家 オットー ・フォイクト キツネのリトグラフ

今回のブログでは、マイセンの芸術家オットー・エデュアルド・
フォイクトのリトグラフを紹介します。


z-2C8T2031









写真1)オットー・フォイクトのリトグラフ 1920年頃

オットー・フォイクトはユーゲントシュティール期マイセンの最も
重要な芸術家の一人といえるでしょう。

オットー・フォイクトは1870年にドレスデンで生まれました。当時
ドレスデンにあったビレロイ&ボッホ窯で陶芸を学び、その後
1890年から95年までKPMベルリン窯で働きました。
マイセン窯はその才能を見込んで彼を招聘し、フォイクトは花の
絵付け師として1896年から働きます。彼の花絵は卓越しており、
当時マイセン絵付けの最高峰であったブラウンズドルフ教授の
後継者とされていたほどです。

フォイクトはマイセンで華々しい成果をあげますが、これについて
はまた別の機会にふれましょう。

今回紹介のキツネのリトグラフは、マイセンで働きながらフリーの
芸術家として描いた作品です。キツネの色々なポーズが、生き生
きと描かれています。

z-2C8T2032









写真2) ドイツの狩猟 表紙

このキツネのリトグラフは、「ドイツの狩猟」と題された作品集
からの1ページです。当初は動物にあまり関心がなかったようです
が、観察するうちにどんどんと魅せられていったと語っています。
ドレスデン、ライプチヒ、ベルリンなどの動物園を回り、このシリーズ
を完成させました。


z-2C8T2033





写真3) 直筆のサイン

フォイクトは「日本人の描き方が理想である」とも語っていますが、
浮世絵や日本画などに大きな関心をもっていました。
作品にはO.E.フォイクト マイセンと直筆のサインが入っています。


z-2C8T2034





写真4)作品集の限定番号

この「ドイツの狩猟」は限定で作られたもので、番号が入っています。

当方のお客様にも、熱烈なキツネファンが複数いらっしゃいますが、
フォイクトのキツネはいかがでしたでしょうか。


アンティーク西洋陶磁器専門店 
        アンティーク アーカイヴ  東京 二子玉川
            TEL-03-5717-3108
      ホームページはこちらです  
http://archiv.jp/





dresdner220 at 16:02│Comments(0) マイセンの芸術家 | その他

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

dresdner220

記事検索