2018年09月23日

ウェリントン公爵のサービス       マイセン、セーブル、KPMベルリン、ウィーンの競作

「ウェリントンサービス」という食器セットをご存知です
か。正しくは「ウェリントン公爵のためのサービス」と
言います。

ウエリントン公爵は、ナポレオン戦争の際、連合軍を
率いて1815年のワーテルローの戦いに勝利した将軍
です。この勝利を記念し、思い出と感謝のしるしとして、
同盟諸国から贈られたのが、「ウェリントンサービス」
です。

Wellington












写真1)ウェリントン公爵の肖像

「ウェリントンサービス」がいかに重要なプロジェクト
であったか、以下国立マイセン磁器公団資料編纂室
の論文(マイセン磁器 美術出版社1990年)から引用
しましょう。

この仕事は単なる受注生産といった性格をこえて、
その成功が絶対に義務づけられていた。セーヴル、
ウィーン、ベルリン、マイセン―ヨーロッパの最高
峰に位置する四大磁器工場が総力をあげて、一つ
の<ウェリントンのセルヴィス>を製作するという
雄大な計画がそれである。マイセン工場はこのヨー
ロッパ磁器工場同士の最初で最後の競争に参加し、
自らの独創性をかけて、その力の証明を迫られた
のである。


では、実際にどんな作品が作られたのか、おおいに
興味をそそられますね。そのほんの一端を紹介しま
しょう。

xx-2C8T2108










写真2)マイセン「ザクセンサービス」 1818年頃

マイセンの担当は、後に「ザクセンサービス」と呼ばれ
る134点からなるデザートアンサンブルです。オークと
ローレルの植物を周囲に配し、中の絵付けにはザク
センの風景やナポレオン戦争の様子が描かれました。



xx-2C8T2107










写真3)セーブル「エジプシャンサービス」 1811年頃

セーブルは、ナポレオンのために作られていた「エジプ
シャンサービス」を「ウェリントンサービス」に振り替え
ました。これはナポレオンのエジプト遠征に発想を得た
食器セットであり、136の食器とセンターピースからな
るディナー用のアンサンブルです。
絵付けはセピアの単色で描かれた風景で、周囲には
エジプトの文様が添えられました。



xx-2C8T2110











写真3)KPMベルリン「プロシアンサービス」1818年頃

KPMベルリンの担当は、ワインクーラーやコンポートを
含むディナーのアンサンブルでした。これらは「プロシ
アンサービス」と呼ばれていました。柏の葉を周囲に配
し、絵付けのモチーフはマイセンと同じく、戦いの様子
や関連する風景を描いたものでした。写真はイギリス
のイートン校です。



xx-2C8T2109











写真4)ウィーン窯「ヴィエニーズサービス」1815年頃

ウィーン窯が担当したのも、デザートのアンサンブルで
す。装飾には歴史に関するモチーフが選ばれており、周
囲には古代ギリシャローマの小物が配され、中心には歴
史上の偉人の絵が描かれています。写真はジュリアス・
シーザーですね。


以上見てきたように、一つの目的で、マイセン、セーブル、
KPMベルリン、ウィーンの四大窯が共作したのですが、
このような例は現在までありません。正に一度きり、最初
で最後の例といえるでしょう。

なんとか、これらのサービスを一同に揃えてみる事は
できないものでしょうか。磁器の歴史における最高傑作
ですので、なんとか日本で実現できないものでしょうか?
無理ですかねぇ。




アンティーク西洋陶磁器専門店 
        アンティーク アーカイヴ  東京 二子玉川
            TEL-03-5717-3108
      ホームページはこちらです  
http://archiv.jp/





dresdner220 at 15:54│Comments(0) セーブル | マイセン作品紹介

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

dresdner220

記事検索