2018年10月21日

セーブル 「ゴーヴネの照明」   秋の夜長   アールデコ  セーヴル

この頃は、日が短くなって、秋の夜長という言葉
が実感されます。今回はセーブルのランプを紹
介しましょう。

xx-2C8T2156








写真1)セーブル「ゴーヴネの照明」 1935年頃

ご存知のように、焼き締まった磁器は透光性が
あります。この性質を利用してランプをつくる試み
は昔からありました。しかし、本格的にランプ(キャ
ンドルスタンドとは別として)が作られるようになっ
たのは、やはり電気が普及してからです。それまで
の蝋燭の光では、磁器を照明として利用する事は
難しかったのでしょう。



xx-2C8T2153










写真2) 同上

1925年のアールデコ博覧会において、アンリ・ラパ
ンがパビリオンの組織委員会メンバーのなります。彼
は国立セーブル製陶所の組織委員もつとめ、「光の
サロン」と題された部屋の企画とデザインを担当して
います。この時、ラパンはジャン=パティスト・ゴーヴネ
との共作で、「光の噴水」という大型の照明を出品して
高い評価を得ます。




xx-2C8T2157







写真3) 同上

本作はこのゴーブネによるものです。ゴーブネは彫
刻家ですが、セーブルで磁器に掘り込みをする技術
を研究し、数々の作品を生み出します。本作もその一
つで、葡萄の実の上にとまった一羽の鳥を掘り込みで
表現しています。装飾の明暗は素地の厚みを調整す
る事によって得られます。アールデコらしいシンプル
な装飾で、この時代の特徴をよく表していると思います。




xx-2C8T2161








写真4) 同上

もちろん、電球を消灯すれば白磁ですが、セーブル
独自の柔らかい白で、白磁作品としても充分に観賞
価値のある作品です。器型もラパンと共通するものが
あり、これだけでも美しいです。



xx-2C8T2155









写真5) 同上

本作の上部は大きく開口しているので、バックに反射
する光も美しく輝きます。ゴーヴネは当然このような効
果も計算していたのでしょう。作品を置いて点灯しただ
けで、一つの世界ができあがります。照明における光
の効果はすごいですね。



xx-2C8T2158










写真6)「アールデコ様式のセーブル磁器展」1993年より

1993年に東京都庭園美術館で開催された「アールデコ
様式のセーブル磁器展」は、個人的に最も感銘をうけた
美術展の一つです。旧朝香宮邸のインテリアとセーブル
の陶磁器が完全にマッチングしていました。この時の図録
に本作と同じ作品が掲載されています。


本作に灯をともすと、あの美術展を思い出し、本作を今
扱えることを本当に嬉しく思います。
どうぞ、実際にご覧ください。



アンティーク西洋陶磁器専門店 
   アンティーク アーカイヴ  東京 二子玉川
         TEL-03-5717-3108
   ホームページはこちらです  
http://archiv.jp/




dresdner220 at 16:58│Comments(0) セーブル | 作品紹介

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

dresdner220

記事検索