2018年11月22日

KPM ベルリン 風景のプレート テオ・シュムツ‐バウディス 釉下彩 ユーゲントシュティール

先日、妻と多摩川の川原を散歩していると、雨上
がりの雲の下に僅かに夕日がのぞいている風景
に出会いました。日常よく出会う風景だったので
すが、このような当たり前の風景をモチーフとした
作品があります。


xx-2C8T2199











写真1)KPMベルリン 風景のプレート 1911年頃

何という平凡な風景でしょう。釉下彩で描かれた雲
と林と小道です。もちろん、このプレートが作られた
ドイツの風景なのでしょうが、日本でも普通に見られ
る一瞬であり、朝でも夕とも、曇りとも晴れとも特定
できず、人もいません。この意味では時間も空間も
超えた普遍的なモチーフの作品といえます。


xx-2C8T2200











写真2) 同上 クローズアップ

作者はテオ・シュムツ‐バウディス。以前にもこの
ブログで紹介したユーゲントシュティール時代の
大芸術家です。日本趣味ジャポニズムを嗜好した
人物で、浮世絵などから大きな影響を受けていま
す。本作はバウディスの49歳の時の作品ですが、
既に単なる日本趣味を脱し、独自の境地に達して
いるように感じます。



xx-2C8T2202







写真3) 同上

釉下彩=アンダーグレーズの技法で描かれた雲の
表現です。釉下彩は磁器の彩色技法としては、非常
に制約が多く、極限られた色しか使えませんが、そ
れが返って磁器というやきものでしか成しえない芸術
表現になっていると思います。
こうしたモチーフを描くと、自由に彩色できる上絵付の
技法よりもリアルに見えるような気がします。個人的
にはこの釉下彩は、磁器芸術の究極と考えています。

この雲の表現、一体[どのような筆使いで描いたので
しょうか。


xx-2C8T2201







写真4) 同上

構図の下側は、十字方向に小道が描かれています
が、草原の部分に彫ったような模様があるのを、写真
でお分かり頂けるでしょうか。これは、極薄い「パテ・
シュール・パテ」か、絵の具を引っかいて描く「リッツ・
テクニック」という技法が使われていると考えています。

繰り返しますが、本当に何気ない風景に、実は非常
に高度なテクニックを用いているのです。
さすがバウディス!



xx-2C8T2205







写真5) 同上 裏面 マーク

裏面のマークをご覧に入れます。KPMの杓杖のマー
ク、第一次大戦中の帝国ドイツのマーク、釉下彩を表
す青の宝珠のマークが入れられています。
青の宝珠のマークは1911年から用いられるので、本
作はこの時期に作られたものと推察しています。



xx-2C8T2204









写真6) KPMベルリンの資料

作品番号は8927、最初にこの作品が作られたのは、
1908年です。100年以上前にこのような前衛的な作
品は作られていたとは、本当に信じがたい事です。

釉下彩の微妙なニュアンスが写真で表現できている
かどうか分かりませんが、詳細は是非実物を見て頂
きたいと思います。




アンティーク西洋陶磁器専門店 
   アンティーク アーカイヴ  東京 二子玉川
         TEL-03-5717-3108
   ホームページはこちらです  
http://archiv.jp/





dresdner220 at 18:23│Comments(0) KPM作品紹介 | ユーゲントシュティール

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

dresdner220

記事検索