マイセン作品紹介

2019年04月25日

マイセン 人物の絵付け ワトー様式の絵 貴族の恋人達

今回は、マイセンのワトー様式と呼ばれる人物画を紹介し
ます。

zz-2C8T2551
















写真1)マイセン 大型ベース「貴族の恋人達」 1870年頃

人物画は、マイセンの絵付けでも非常に格の高いもので、
西洋装飾のカテゴリーの属します。西洋装飾のカテゴリー
の基本は花や果物ですが、その上位に鳥や動物、人物画
があります。人物画は高度な絵付け技術を要し、多くの時
間もかかる事から、当然のように高い価格になります。

今回紹介する人物画は、マイセンの長い歴史に中でも最高
のクォリティーと思っています。サイズ(絵付けのサイズは
21cm×15cm ベース全体のサイズは高さ41cm)も大きなも
ので、正に絵画と呼べるものだと考えます。



それでは、絵付けの全体をご覧ください。

zz-2C8T2553












写真2)同作品  絵付け全体

人物はもちろん、背景に至るまで細かく描きこんでいます。
衣服のひだやスカートのドレープも立体的です。彩色も抑
え目で、マイセンにふさわしい品格を感じさせます。

そして最大の驚きは、絵付け全体のつややかさです。上絵
の具は釉薬と一体化し、絵の具のがさつきや色むらは全く
見られません。本当に筆で手描きしているのかと、目を凝ら
せて見てしまう程です。19世紀の絵付技術は本当にすごい
です。


zz-2C8T2554








写真3)同作 人物のクローズアップ

アンティーク市場では世界的に陶板画が人気ですが、本
作は高品質の陶板画に匹敵すると言えるでしょう。いえ、
平面の磁器板に描かれる陶板画より、立体に器に絵付け
された作品として、本作の方が上かもしれません。本作の
裏面にも同品質の人物画が絵付けされていますが、これ
はまた別の機会に紹介したいと思います。


zz-2C8T2555










写真4)ブーシェの銅版画

本作の例のように、マイセン人物画の代表が、「ワトー様式
の絵」と呼ばれる絵付けです。屋外の公園のような場所で、
貴族の男女が語らっているというような絵付けですね。背景
には樹木や建築物などが描かれている事が多く、楽器を演
奏しているような場面もよく見られます。

ワトーとは18世紀フランスの宮廷画家ですが、ロココ様式の
流行と共にマイセンでもこうした絵付けが取り入れられました。
実際にはワトーよりも、同時期に活躍した画家ブーシェの銅
版画を手本にしたものが多く、この種の装飾を総称してワトー
様式と読んでいます。写真4)はブーシェの銅版画ですが、
マイセンの絵付けが、ロココ芸術の真髄にまで迫っているの
がご理解いただけると思います。

東京プリンスホテルの「ザ・美術骨董市」に出品致しますので
是非、会場にて実際にご覧ください。
http://www.japantique.org/about.html




アンティーク西洋陶磁器専門店 
   アンティーク アーカイヴ  東京 二子玉川
         TEL-03-5717-3108
   ホームページはこちらです  
http://archiv.jp/






dresdner220 at 16:16|PermalinkComments(0)

2019年04月07日

マイセン イースター プレート  復活祭  W・バーリング

今年のイースターは4月21日になるそうです。
イースターはキリスト教の復活祭の意で、春分の日の次
の満月の日から数えて最初の日曜日がこの日に当たり
ます。ハロウィンほどではありませんが、春が来た事を喜
ぶ一日として、日本でもだんだん馴染んできたように思い
ます。

マイセンでもこの日を祝うプレートが1910年に作られま
した。

z-2C8T2478









写真1)マイセン イースター プレート 1910年頃

教会の鐘を鳴らす男女の背景に、渡り鳥が飛んでいる詩情
ある風景が描かれています。



z-2C8T2479







写真2) 同作 クローズアップ

鳥はツルのように見えます。。ドイツは寒いので、温かい
地域で越冬した鶴が、ザクセンの地に戻ってきたのでしょ
うか。


z-2C8T2480







写真3) 同上

鐘を引く男女の表情は、後姿ですが、春の訪れを喜んでいる
ようです。


z-2C8T2482







写真4) 同上

キリストの復活を告げる教会の鐘の音が、町中に響き渡り
ます。筆者にはキリスト教のバックグラウンドがないので、
復活祭への思いには疎いですが、春への喜びはとても素直
に感ずることができます。



z-2C8T2481







写真5) 同上

作品には作者のサインが入っています。 W.BARING とい
う文字が読み取れますでしょうか?


z-2C8T2484








写真6)マイセン200周年記念出版 より

マイセンの開窯200周年を記念して出版された書籍にも、本
作が最新作として紹介されています。


z-2C8T4049












写真7)バーリング 自画像 

写真7)はヴィリアム・バーリングの自画像です。
バーリングは1888年生まれ。マイセンの養成学校を経て、
1900年に絵付け師として採用されました。当初から人物画
の絵付けを担当し、後に釉下彩の部門を受け持ちました。
本作はバーリングの22才の時の作品です。ユーゲントシュ
ティール様式の中にあったマイセン磁器では、非常に前衛
的な作品であったと思います。


最後に裏面のマークをご覧にいれます。

z-2C8T2483








写真8) 同作 剣マーク

1910年の作品ですので、所謂ボタン剣のマークです。



アンティーク西洋陶磁器専門店 
   アンティーク アーカイヴ  東京 二子玉川
         TEL-03-5717-3108
   ホームページはこちらです  
http://archiv.jp/





dresdner220 at 17:35|PermalinkComments(0)

2019年03月18日

マイセン  プレート ネームドビュー  名勝風景「モンブラン山脈」 1870年頃

久しぶりのブログで、申し訳ございません。

本題に入る前に、東京ドームで開催された「テーブル
ウェア・フェスティバル」「世界のラン展」におこし頂いた
大勢のお客様に、心よりお礼を申し上げたいと思いま
す。風邪をひきひきで、マスクとティッシュを手放せない
ままの接客でしたことを、どうぞお許し下さい。
ご来場下さったお客様、本当に本当に有難うございま
した。


さて、今回のブログは、個人的に大好きな「ネームド
ビュー 名勝風景」の絵付けについてお話しましょう。


z-2C8T2360_1









写真1)マイセン ネームドビューの飾り皿 1870年頃

今回紹介するのは、ちょっと珍しい「ネームドビュー」です。
「ネームドビュー」のモチーフになるのは、エルベ川周辺
の風景画が多いのですが、本作の風景はアルプスの山
です。



z-z-2C8T2475






写真2)作品裏面の風景の名称

「ネームドビュー」の定義の一つとして、作品裏面に風景
の名称がカリグラフィー(飾り文字)で手書きされたいる事
があります。
本作には「MontblancKette」とあります。Ketteはドイツ語
で「山脈」の意味なので、本作のモチーフが「モンブラン山
脈」である事が分かります。




Montblanc Kette-1











写真3)作品 絵付けのクローズアップ

本作の絵付けを、じっくり鑑賞してみましょう。

湖の向こうに山脈が連なり、雪を頂いたモンブラン
山脈を望みます。湖畔には別荘のような建物が見え
湖面にはヨットが浮かんでいます。画面左には男女
の人物が点景として描かれています。
大きなスケールの爽やかな風景ですが、ネームド
ビューのモチーフは想像や理想を描いたものでは
なく、地理学上にみても正しく、実際に存在する風景
でなくてはなりません。

このモチーフを絵付けするに当たって、マイセンの絵
付け師はこの風景を見ている訳ではありません。実際
の絵付けに当たっては、当時の銅版画を参考にして
いるはずなので、これを探しに探しました。




s-l1600-2












写真4)モンブラン山脈の銅版画

結果、ありました。実際の銅版画はもう少し広い範囲
を描いているのですが、主要な部分をトリミングすると
ほとんど絵付けと一致します。山脈の連なりや、角度
がとても正確に絵付けされているのがお分かり頂ける
と思います。

それでは、この湖は何処なのでしょう。



mon-1












写真5)古い絵葉書 1900年頃

これは、古い葉書でわかりました。マイセンの飾皿が
作られた19世紀中ごろに、ヨットや船を浮かべる大きな
湖は限られています。スイスのレマン湖です。1900年
頃になると建物はもっと増え、リゾートの町になってい
ます。この場所は絵葉書にもなっているので、モンブラ
ン山脈を望める景勝地のようです。


montblancfromleman













写真6)レマン湖の現在の風景

写真6)はレマン湖からモンブラン山脈を望む風景です
が、このように美しいモンブランが見えるのは、快晴の
雲のない日に限られ、非常に稀だそうです。19世紀と
同じ風景が今でも残っているのは素晴らしいですね。

今回はマイセンの飾り皿「ネームドビュー」を紹介しました。



アンティーク西洋陶磁器専門店 
   アンティーク アーカイヴ  東京 二子玉川
         TEL-03-5717-3108
   ホームページはこちらです  
http://archiv.jp/






dresdner220 at 17:29|PermalinkComments(0)

2018年10月29日

銅版画「ハーレクインとコロンビーヌ」1919年パウル・ショイリヒ ショイリッヒ

今回のブログは、一枚の銅版画を紹介しましょう。


xx-2C8T2166














写真1)銅版画「ハーレクインとコロンビーヌ」1919年

銅版画に描かれているのは、マイセンのフィギュア「ハ
ーレクインとコロンビーヌ」です。マイセン磁器ファンの
方ならご存知の有名な作品ですね。作者はパウル・
ショイリヒ、1919年頃に発表された作品です。

1919年は、後にマイセンの総裁になるマックス・アドル
フ・プファイファーが営業職として会社にやってきた年
です。プファイファーはその優れた手腕でマイセンの
改革を始めますが、その一つに「ウア・シュトック」という
手段を用いました。これは、新作の最初の11個に番号
と芸術家のサインをいれ、これに当該作品の銅版画を
つけて販売するという計画でした。

この計画は、ごく短期間しか実現しなかったのですが、
本銅版画は、この「ウア・シュトック」に付けられるはず
であった銅版画です。銅版画は当時マイセンに在籍
したそうそうたる芸術家が創作し、手彩色で描かれた
芸術性の高いものです。


xx-2C8T2170














写真2)マイセン フィギュア 1919年頃

写真2)は実際の作品です。銅版画が作られた当時と
同じ頃の製作されたものです。本作は「ウア・シュトック」
の11個の限定品ではありませんが、時代的にはほぼ
同等にものです。



xx-2C8T2172







写真3)作品の品番

この作品のマイセンにおける品番は、最初 D287 と
いうものでした。しかし、すぐにA1005という新品番に
変更されます。現在は73306という品番になっています
が、これは1974年から用いられているものです。
従ってD287という品番は非常に希少であり、まさに
ショイリヒ現役時代のオリジナル作品といえるでしょう。



xx-2C8T2168















写真4)バレエ「カーニバル」の絵葉書


xx-2C8T2169















写真5)「カーニバル」の 舞台イラスト

ショイリヒのこの一連の作品は、バレエの演目である
「カーニバル」に発想を得て製作されたものです。
当時、バレエは非常に人気のある娯楽であり、ショイ
リヒもその影響を大きく受けていた事が伺われます。

マイセンにおけるショイリヒの「カーニバル」は、全部
で5体のシリーズからなり、アールヌーボー、アール
デコ期のマイセンの傑作と評価されています。


xx-2C8T2171







写真6)本作 ペインター番号

本作のペインター番号は12、これは当時職人として
働いていたパウル・ベルナーの可能性を示唆していま
す。

ショイリヒは自身の作品に強いこだわりを持っていたよ
うで、自分の作品を作る成型師や絵付け師を指定して
います。マイセンの公式見解によれば、絵付け師12は
後にマイセン芸術を担う事になるパウル・ベルナーの
職人時代の番号かもしれないと論じています。


ショイリヒの貴重なオリジナル作品、どうぞ実際にご覧
ください。



アンティーク西洋陶磁器専門店 
   アンティーク アーカイヴ  東京 二子玉川
         TEL-03-5717-3108
   ホームページはこちらです  
http://archiv.jp/



dresdner220 at 15:51|PermalinkComments(0)

2018年09月23日

ウェリントン公爵のサービス       マイセン、セーブル、KPMベルリン、ウィーンの競作

「ウェリントンサービス」という食器セットをご存知です
か。正しくは「ウェリントン公爵のためのサービス」と
言います。

ウエリントン公爵は、ナポレオン戦争の際、連合軍を
率いて1815年のワーテルローの戦いに勝利した将軍
です。この勝利を記念し、思い出と感謝のしるしとして、
同盟諸国から贈られたのが、「ウェリントンサービス」
です。

Wellington












写真1)ウェリントン公爵の肖像

「ウェリントンサービス」がいかに重要なプロジェクト
であったか、以下国立マイセン磁器公団資料編纂室
の論文(マイセン磁器 美術出版社1990年)から引用
しましょう。

この仕事は単なる受注生産といった性格をこえて、
その成功が絶対に義務づけられていた。セーヴル、
ウィーン、ベルリン、マイセン―ヨーロッパの最高
峰に位置する四大磁器工場が総力をあげて、一つ
の<ウェリントンのセルヴィス>を製作するという
雄大な計画がそれである。マイセン工場はこのヨー
ロッパ磁器工場同士の最初で最後の競争に参加し、
自らの独創性をかけて、その力の証明を迫られた
のである。


では、実際にどんな作品が作られたのか、おおいに
興味をそそられますね。そのほんの一端を紹介しま
しょう。

xx-2C8T2108










写真2)マイセン「ザクセンサービス」 1818年頃

マイセンの担当は、後に「ザクセンサービス」と呼ばれ
る134点からなるデザートアンサンブルです。オークと
ローレルの植物を周囲に配し、中の絵付けにはザク
センの風景やナポレオン戦争の様子が描かれました。



xx-2C8T2107










写真3)セーブル「エジプシャンサービス」 1811年頃

セーブルは、ナポレオンのために作られていた「エジプ
シャンサービス」を「ウェリントンサービス」に振り替え
ました。これはナポレオンのエジプト遠征に発想を得た
食器セットであり、136の食器とセンターピースからな
るディナー用のアンサンブルです。
絵付けはセピアの単色で描かれた風景で、周囲には
エジプトの文様が添えられました。



xx-2C8T2110











写真3)KPMベルリン「プロシアンサービス」1818年頃

KPMベルリンの担当は、ワインクーラーやコンポートを
含むディナーのアンサンブルでした。これらは「プロシ
アンサービス」と呼ばれていました。柏の葉を周囲に配
し、絵付けのモチーフはマイセンと同じく、戦いの様子
や関連する風景を描いたものでした。写真はイギリス
のイートン校です。



xx-2C8T2109











写真4)ウィーン窯「ヴィエニーズサービス」1815年頃

ウィーン窯が担当したのも、デザートのアンサンブルで
す。装飾には歴史に関するモチーフが選ばれており、周
囲には古代ギリシャローマの小物が配され、中心には歴
史上の偉人の絵が描かれています。写真はジュリアス・
シーザーですね。


以上見てきたように、一つの目的で、マイセン、セーブル、
KPMベルリン、ウィーンの四大窯が共作したのですが、
このような例は現在までありません。正に一度きり、最初
で最後の例といえるでしょう。

なんとか、これらのサービスを一同に揃えてみる事は
できないものでしょうか。磁器の歴史における最高傑作
ですので、なんとか日本で実現できないものでしょうか?
無理ですかねぇ。




アンティーク西洋陶磁器専門店 
        アンティーク アーカイヴ  東京 二子玉川
            TEL-03-5717-3108
      ホームページはこちらです  
http://archiv.jp/





dresdner220 at 15:54|PermalinkComments(0)

2018年07月29日

暑中お見舞い申し上げます    マイセン フィギュア 「波」 パテ・シュール・パテ

暑中お見舞い申し上げます。

東京では台風一過の晴天で、入道雲がもくもくと湧いた夏らしい
お天気です。酷暑、猛暑といわれていますが、体調管理が大変
ですね。

さて、今回は涼しげなフィギュアを紹介しましょう。

zz-2C8T2011








写真1)マイセン フィギュア 「波」 1898年頃

マイセンのユーゲントシュティール初期のフィギュアです。作者
はコンラッド・ヘンチェルです。マイセン、ユーゲントシュティール
研究の第一人者であるヨハネス・ユーストは、パウル・ヘルミッヒ
の作であるとしていますが、近年の研究ではコンラッド・ヘンチェ
ルの作であると確定されているようです。

青い水に白い波、ここに「水の精」が表現されていますが、本作
はアンダーグレーズ(釉下彩)の技法で作られています。波の白
い部分はパテ・シュール・パテのテクニックですね。


zz-2C8T2014







写真2) 同上 波の部分のクローズアップ

青い地色の上に波の白さが繊細に描かれていますが、この部分
がパテ・シュール・パテです。よく観察すると、ブルーの海の色が
白い泡の下に透けて、非常にリアルです。波頭が崩れかかって
いる表現などは、当時ヨーロッパで人気のあった北斎の「神奈川
沖浪裏」を彷彿させませんか。もちろん、コンラッド・ヘンチェルが
北斎を見ていたかどうかは分かりませんが、日本の浮世絵の視点
をとても上手く消化していると思います。


zz-2C8T2013








写真3) 同上 人物のクローズアップ

波の中の少女は、水の精=フェアリーであるとされます。あるいは
人魚=マーメイドであるという人もいます。コンラッド・ヘンチェルと
いえば子供のフィギュアのシリーズで有名ですが、本作はこれを
作る前の作品です。ヘンチェルとしては初期の作品ですが、本作に
おける人物は、どこか子供のシリーズと共通している部分があると
思います。 指の表現も見事です。


zz-2C8T2016








写真4) マイセン 1914年の公式カタログより

マイセンの1914年の公式カタログにも掲載されています。モデル
ナンバーはQ169です。ユーゲントシュティール時代のフィギュア
には、同じ作品の幾つかのバージョンが存在し、本モデルにもより
デコラティブに蓮の花が描かれたものなどがあります。この時代は、
芸術家が試行錯誤しながら実験的に作品を作っていました。当然
のように、これらの作品は多くの利益を生まず、ユーゲントシュティ
ールの衰退とともに忘れられていきます。


zz-2C8T2015










写真5) 同作品 裏面のマーク

最後にマークをお見せします。ボタン剣のマークの下には、モデル
ナンバーが刻印されています。その下の4は成型師に番号です。


少し涼しい感じになりましたでしょうか。
どうぞ、健康に留意し、元気で猛暑を乗り切って下さい。



アンティーク西洋陶磁器専門店 
        アンティーク アーカイヴ  東京 二子玉川
            TEL-03-5717-3108
      ホームページはこちらです  
http://archiv.jp/




dresdner220 at 17:09|PermalinkComments(0)
プロフィール

dresdner220

月別アーカイブ
記事検索