マイセン訪独

2018年06月30日

マイセン アルブレヒツブルグ城 銅版画 

今日はドイツからの友人会い、旧交をあたためました。
本当にしばらくぶりでしたので、とても懐かしかったです。
また、マイセンを旅したくなりました。

という訳で、今回はマイセンのお城の古い銅版画を紹介しましょう。

zz-2C8T1945








写真1)マイセン市とお城の銅版画  1840年頃

この銅版画がいつ作られたのかははっきりしませんが、間違い
なく言える事は1860年以前だという事です。マイセン市の町の
様子や、エルベ川にかかる橋の形状から推測できるのですが、
マイセン磁器のファンにとって見逃せないのは、お城の一角から
煙が上がっていることです。これは言うまでもなく、マイセン磁器
工場からの煙です。

マイセン磁器工場は、1860年に現在の場所であるトリビッシュ
タールに移転していますので、この銅版画が製作されたのは、
少なくとも1860年以前と分かるのです。


zz-2C8T1948







写真2) アルブレヒツブルグ城の写真

写真2)は古いモノクロ写真です。この写真の撮られた年ははっきり
しています。アメリカで出版された旅行記の写真で、1896年に撮影
されました。もちろん、煙は見えません。


zz-2C8T1949







写真3) 銅版画 クローズアップ

一方、銅版画をアップにすると、お城からの煙がはっきりと分かる
と思います。尖塔の右に大きな屋根の向こうから、煙がモクモクと
上がっています。という事は、この場所に工場の焼成窯があったと
いう事です。


zz-2C8T1950







写真4) 写真 クローズアップ

角度や縮小率が違って見にくいですが、1896年の写真には煙は
全く見えません。恐らくマイセン磁器工場の移転に伴って煙突など
の構造物は全て解体されたのでしょう。


meissen-123







写真5) 現在のお城の姿

現在のお城は、二本の尖塔が特徴的ですが、これは1908年に建造
されたものです。もちろん、マイセン磁器工場は跡形もなく、窯がどこ
に位地していたのかも最近まではっきりしていませんでした。
マイセンが300周年を迎えた2010年に窯跡が発掘され公開されまし
たが、今ではまた元のように埋め返され、一般の観光客にはその
痕跡さえ分かりません。

お城の中のマイセン磁器工場がどんなものであったのか、磁器ファン
には非常に気になるところです。



アンティーク西洋陶磁器専門店 
        アンティーク アーカイヴ  東京 二子玉川
            TEL-03-5717-3108
      ホームページはこちらです  
http://archiv.jp/





dresdner220 at 17:51|PermalinkComments(0)

2017年12月27日

2017年が終わろうとしています。   今年も本当にお世話になりました。 

もうすぐ、2017年も終わろうとしています。
クリスマスが過ぎ年が押し詰まると、年末の喧騒と共に
少しの寂しさも感じます。

x-2C8T2706








写真1) マイセン アルブレヒツブルグ城の夜景

今年も、マイセン市の夜景をご紹介して、今年最後のブログに
したいと思います。写真1)はマイセン旧市街の入り口から見た
お城の夜景です。


x-2C8T2705








写真2) アルトシュタット橋近くの時計

マイセンの旧市街には、マイセン駅からアルトシュタット橋を渡って
行きますが、その橋の付近にある時計台です。年の終わりは、時間
が静かに過ぎていきます。


x-2C8T2641












写真3)マイセン市 聖母教会

マルクト広場の聖母教会は、マイセン市のシンボルです。この
教会にはマイセン磁器製のカリヨンがあり、そのかわいい音が
マイセンの町に響きます。


x-2C8T2671







写真4) マイセン磁器製作所の入り口

この小さなドアは、マイセンのビジターセンターが出来る前、観光客
用の入り口でした。ドアを入ると右手に切符売り場があり、体格の
いいおばさんが入場券を売っていました。工場の正門は別にあり、
ここは今でも観光客が利用することはできません。

旧東ドイツ時代には、この入り口の前に人々が並び、幾つ販売され
るか分からないマイセン磁器の2級品を求めて、列を作っていたそう
です。東独らしくて、これはこれでよかったのかなぁとも思います。


x-2C8T3040














写真5)絵画 「雪の日 古い橋」  1929年

最後に絵画を紹介します。ヴィリアム・バーリングという画家の
作品です。雪のエルベ川からマイセンの旧市街を俯瞰しています。
聖母教会の尖塔が見えますね。
ヴィリアム・バーリングはマイセンの絵付け師でもあり、染付けで
動物や鳥の絵付けをするのが得意でした。マイセン磁器の作品
は、アールデコ調のシンプルな線描の絵付けが特徴ですが、こう
した油彩作品も見事です。

今年一年、このブログの読者を含め、皆様には本当にお世話に
なりました。深く感謝を申し上げます。
また、来年には、マイセンをはじめめとする素晴らしいアンティーク
西洋陶磁器を紹介いたしますので、どうぞ宜しくお願い致します。

皆様、どうぞ良いお年をお迎えください。



西洋陶磁器専門店
 
アンティーク アーカイヴ  東京 二子玉川
     TEL-03-5717-3108
 ホームページはこちらです  
http://archiv.jp/






dresdner220 at 16:57|PermalinkComments(0)

2017年05月22日

ルドルフ・ヘンチェルの銅版画

マイセン市風景の古い銅版画やユーゲント時代の芸術家の銅版
画が大好きなので、少しずつですがコレクションしています。
特にマイセンの絵付け師でもあった芸術家 ルドルフ・ヘンチェル
の作品は特に気に入っています。

ドイツの古本屋さんがこうした作品を扱っていて、いつも良品を
紹介してくれていたのですが、高齢を理由に店を閉じてしまいま
した。ルドルフ・ヘンチェルの銅版画は結構珍しいので、今後どう
しようかと案じています。

マイセンの土地ををこよなく愛したルドルフ・ヘンチェルの銅版画
作品はこのブログでも何回か紹介しましたが、この古本屋さんか
ら入手した最後になるかもしれない作品をお目にかけます。


x-2C8T0901








写真1) マイセンの風景 銅版画 1920年頃


日本でも緑が美しい季節ですが、モノクロームながら緑を感じさせ
る銅版画と思います。個人的には、構図や近景遠景の描写方法に、
広重や北斎の浮世絵の影響を感じるのですが、皆様はいかがで
しょう?


s-2C8T0902








写真2) 同上 部分 アルブレヒツブルグ城


s-2C8T0903








写真3) 同上 部分 エルベ川


s-2C8T0906







写真4) 同上 部分 大樹


s-2C8T0904





写真5) 作品題名 マイセン市の眺望


s-2C8T0905






写真6) サイン  ルドルフ・ヘンチェル


mm-2




写真7) 同アングルからの現在の風景


mm-1







写真8) マイセン市  航空写真

今回も、ヘンチェルが描いた風景が、どこからの眺望であるかを推定
しました。大きなヒントはお城の向きと川の流れのアングルです。
現在は銅版画にはない新しい橋が架かっていますが、この橋の北側
の河岸段丘の上からの風景と推定しました。

赤▲がヘンチェルの見た場所、青▲がお城です。

美しい風景です。



西洋陶磁器専門店
 
アンティーク アーカイヴ  東京 二子玉川
     TEL-03-5717-3108
 ホームページはこちらです  
http://archiv.jp/







dresdner220 at 14:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年12月30日

今年も一年間、ありがとうございました マイセン市の夜景

今年も残すところ2日になりました。
一年間このブログをご覧下さり、本当に
ありがとうございました。皆さまに支えら
れながら、こうしてブログを書いている事
にとても幸せを感じます。

今回もマイセン市の街の様子を紹介して、
今年のブログを締めようと思います。

s-2C8T3922 







写真1) アルブレヒツブルグ城の夜景

夜のアルブレヒツブルグ城はライトアップ
されて 、とても神秘的です。歴史や威厳と
は別に「幽玄」といったものを感じます。



s-2C8T3955 








写真2)  フラウエンキルヒ 聖母教会

マイセンのマルクト広場にある聖母教会は、文字
通りこの地の母のように、人々を見守ってくれて
います。マイセン磁器で作られたカリヨンが、その
可愛らしい音色を町中に響かせます。



s-2C8T3967 






写真3) マイセン市  マルクト広場

聖母教会の前から見たマルクト広場の夜景です。
賑やかだった観光客も去り、マルクト広場も静寂
を取り戻しました。街もいっときの眠りにつくの
でしょう。

皆さま、今年一年 本当にお世話になりました。
皆さまにとって新しい年が素晴らしいものになり
ますよう、妻共々心より祈っております。


西洋陶磁器専門店
 アンティーク アーカイヴ  東京 二子玉川
     TEL-03-5717-3108
 ホームページはこちらです  
http://archiv.jp/

 


dresdner220 at 22:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年09月04日

マイセン市の風景   ルドルフ・ヘンチェルの銅版画

先日、三井記念美術館で行われていた「アール・ヌーボーの装飾
磁器展」が終了しました。多くのお客様にご来場頂き、また高い評価
を下さり、企画段階から関わった一人として、厚く御礼申し上げます。
本当にありがとうございました。
これから、長崎、京都と巡回しますが、一人でも多くの陶磁器ファン
にご覧いただきたいと思います。どうぞ、よろしくお願い致します。



さて、今回のブログですが、マイセンの芸術家ルドルフ・ヘンチェルの
銅版画を紹介します。

x-2C8T0170






写真1) 「アルブレヒツブルグ城」 ルドルフ・ヘンチェル 1910年頃

ルドルフ・ヘンチェルはマイセンのユーゲント期を芸術的にリードした
人物で、後年はフリーの芸術家として多くの油彩や銅版画を製作
しています。彼はマイセン市やその周辺の風景を心から愛し、作品の
多くのモチーフにこれらの風景を選んでいます。


x-2C8T4053





写真2) ルドルフ・ヘンチェル  1869~1951年

最近のマイセンでも、限定でルドルフ・ヘンチェルの風景作品を復刻
製作しています。マイセン磁器の歴史を語る上でも、決して忘れる事
のできない芸術家ですね。


x-2C8T0172






写真3)ルドルフ・ヘンチェル 銅版画 部分

では、果たしてこの銅版画は何処の場所から描かれたものでしょう。
実は、この作品については、友人である「冷やかし客」氏が自身のブ
ログで取り上げられており、大体の場所は把握しておりました。
しかし、ヘンチェルが見た風景をさらに正確に特定し、実際に自分の
目で見てみたいと思いました。

この一番のヒントは、お城の尖塔の重なり具合です。アルブレヒツ
ブルグ城内のカトリック教会は、1908年に2本の尖塔が作られてい
ます。ヘンチェルの銅版画では、この尖塔が微妙に重なり合って描か
れています。


x-2C8T0173






写真4)  同上 部分

お城の前景には、木陰で集う人々が描かれていますが、丘の公園
のようにも見えます。
また、お城の向きから、マイセン旧市街から南側の高台からの風景
であることは間違いありません。


先日、NHKの「世界ふれあい街歩き」という番組で、マイセン市が
紹介されていましたが、ご覧になりましたか?散歩者目線で丁寧
に映像が作られており、大好きな番組です。
こんな雰囲気で、以下のブログを見て頂ければうれしいです。



x-2C8T3165







写真5) マイセン ノイマルクト  

という訳で、マイセン旧市街の新しいスーパーマーケットから紹介
しましょう。マイセン市には新市街にスーパーがありますが、観光地
からは離れていて、旅行者には不便でした。新しくできた近代的な
スーパーは、旧市街の中心地から近くとても便利です。東独時代に
は考えられない事ですね。
スーパーとともに「アルト・シュタット」駅が新設され、ドレスデンから
列車で直接マイセンの観光地に来られるようになりました。磁器工
場も充分に歩いていける範囲です。



x-2C8T3173







写真6) マイセン旧市街の鉄道踏み切り

そのスーパーマーケットの左横の坂道をちょっと登ると、鉄道の
踏み切りにでます。踏み切りを渡ると、そこからさらに急な坂道に
なります。今では、この丘を上っていく立派な舗装道路もできまし
たが、ここは旧道です。


x-2C8T3191








写真7) 丘の上 カペレンシュトラッセ


x-2C8T3214








写真8) 同上 高級住宅

坂道を登りきって丘の上に出ると、ここは高級住宅街です。とても
静かな環境で、美しい場所です。


x-2C8T3195






写真9) 同上  バラの生垣


x-2C8T3208








写真10) バラとお城

バラの生垣越しにお城が見えたので、写真に撮りました。お城の
尖塔にご注目下さい。ヘンチェルの銅版画の尖塔と近づいていま
す。この写真ではほとんど真横に重なっていますが、もう少し動く
とヘンチェルの見た角度と一致します。


x-0-1













写真11) 銅版画と実際の写真

いかがでしょう。尖塔の角度がほとんど一致して、ここがヘンチェ
ルの見た場所と言っていいのではないでしょうか。

それにしてもヘンチェルの表現の正確さには驚かされます。また、
100年前の風景がきちんと残っている事にも感動です。


x-2C8T3200









写真12) 墓地の入り口

写真9)にも写っていますが、道はここで行き止まりになっており、
その先は墓地でした。撮影は遠慮しましたが、きれいな花がたく
さん咲いており、お参りの家族もいらっしゃいました。心の中で手
を合わせました。墓地の付近には小さな公園のような場所もあり、
写真4)のような風景もありました。


meissen -1










写真13) マイセン市上空より

写真13)の赤色の△印が、特定された場所です。緑△印がお城
です。黄色△印が踏み切りです。この近くの白く見える大きな敷
地が、スーパーマーケットと「アルトシュタット」駅です。

この赤色△印地点がヘンチェルの見た場所と特定しましたが、
墓地はちょっと意外でした。ルドルフの弟であり、共にマイセン窯
で働いていたコンラッド・ヘンチェルは、1908年に35歳の若さで亡
くなっています。ただ、この墓地との関連性は分かりませんでした。


x-2C8T0174






写真14) 銅版画のサイン

最後にルドルフ・ヘンチェルのサインをお見せします。
ヘンチェルの銅版画は、「アールヌーボーの装飾磁器」展でも展示
しましたが、多くの方がこのコーナーが良かったと言ってくださいま
した。

当アーカイヴショップ内においても、ヘンチェルの直筆スケッチや
銅版画をご覧いただけます。マイセンの町がお好きな方、どうぞ
ご来店下さい。




アンティーク西洋陶磁器専門店 
               アンティーク アーカイヴ  東京 二子玉川
                 TEL-03-5717-3108
           ホームページはこちらです  http://archiv.jp/










dresdner220 at 17:41|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2016年06月30日

マイセンの町の風景  ルドルフ・ヘンチェルの銅版画

先日、マイセンの町に詳しいお客様にご来店頂きました。
マイセンの地図をみながら、色々な話で盛り上がり、本当
に楽しい時間を過ごしました。

今回のブログは、ルドルフ・ヘンチェルの銅版画と、同じ場所
からの現代の風景を紹介しましょう。

s-2C8T9954











写真1) ルドルフ・ヘンチェルの銅版画 1910年頃

ルドルフ・ヘンチェルはマイセンの絵付師であると共に、フリー
ランスの芸術家として、たくさんの銅版画や油彩を描いています。

そのほとんどが、マイセン周辺の土地に取材したもので、静的な
風景作品です。写真1)もその一例ですが、緻密で正確な表現な
がら、とても情緒的な作品に仕上がっていると思います。


x-2C8T9954




写真2) ルドルフ・ヘンチェルのサイン

この作品と同じ風景が今でも残っているのは、本当に素晴らしい
事です。下の写真は私が撮影したものですが、100年以上前の町
の雰囲気がそのまま伝わってくるようです。



s-s-2C8T2960













写真3) マイセン市の風景

マイセン旧市街の小さな道は起伏にとんで、ハッとするような
風景に出会えます。この写真は銅版画を入手する前に撮った
ものですが、ヘンチェルも同じ場所から風景を見ていたのかと
感無量でした。


meissen-1









写真4) 上空からのアルブレヒツブルグ城

分かる人にしか分からないかもしれませんが、上の写真の赤印の
場所から見たのが、ヘンチェルの風景です。細い路地の坂道です
が、とても雰囲気のある良い小路です。

皆様がマイセン市に行かれることがあれば、是非旧市街を散策する
のをお勧めします。是非、訪れてみて下さい。



アンティーク西洋陶磁器専門店 
             アンティーク アーカイヴ  東京 二子玉川
                 TEL-03-5717-3108
           ホームページはこちらです  http://archiv.jp









dresdner220 at 19:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
プロフィール

dresdner220

月別アーカイブ
記事検索