マイセンの芸術家

2018年08月31日

マイセンの芸術家 オットー ・フォイクト キツネのリトグラフ

今回のブログでは、マイセンの芸術家オットー・エデュアルド・
フォイクトのリトグラフを紹介します。


z-2C8T2031









写真1)オットー・フォイクトのリトグラフ 1920年頃

オットー・フォイクトはユーゲントシュティール期マイセンの最も
重要な芸術家の一人といえるでしょう。

オットー・フォイクトは1870年にドレスデンで生まれました。当時
ドレスデンにあったビレロイ&ボッホ窯で陶芸を学び、その後
1890年から95年までKPMベルリン窯で働きました。
マイセン窯はその才能を見込んで彼を招聘し、フォイクトは花の
絵付け師として1896年から働きます。彼の花絵は卓越しており、
当時マイセン絵付けの最高峰であったブラウンズドルフ教授の
後継者とされていたほどです。

フォイクトはマイセンで華々しい成果をあげますが、これについて
はまた別の機会にふれましょう。

今回紹介のキツネのリトグラフは、マイセンで働きながらフリーの
芸術家として描いた作品です。キツネの色々なポーズが、生き生
きと描かれています。

z-2C8T2032









写真2) ドイツの狩猟 表紙

このキツネのリトグラフは、「ドイツの狩猟」と題された作品集
からの1ページです。当初は動物にあまり関心がなかったようです
が、観察するうちにどんどんと魅せられていったと語っています。
ドレスデン、ライプチヒ、ベルリンなどの動物園を回り、このシリーズ
を完成させました。


z-2C8T2033





写真3) 直筆のサイン

フォイクトは「日本人の描き方が理想である」とも語っていますが、
浮世絵や日本画などに大きな関心をもっていました。
作品にはO.E.フォイクト マイセンと直筆のサインが入っています。


z-2C8T2034





写真4)作品集の限定番号

この「ドイツの狩猟」は限定で作られたもので、番号が入っています。

当方のお客様にも、熱烈なキツネファンが複数いらっしゃいますが、
フォイクトのキツネはいかがでしたでしょうか。


アンティーク西洋陶磁器専門店 
        アンティーク アーカイヴ  東京 二子玉川
            TEL-03-5717-3108
      ホームページはこちらです  
http://archiv.jp/





dresdner220 at 16:02|PermalinkComments(0)

2017年05月22日

ルドルフ・ヘンチェルの銅版画

マイセン市風景の古い銅版画やユーゲント時代の芸術家の銅版
画が大好きなので、少しずつですがコレクションしています。
特にマイセンの絵付け師でもあった芸術家 ルドルフ・ヘンチェル
の作品は特に気に入っています。

ドイツの古本屋さんがこうした作品を扱っていて、いつも良品を
紹介してくれていたのですが、高齢を理由に店を閉じてしまいま
した。ルドルフ・ヘンチェルの銅版画は結構珍しいので、今後どう
しようかと案じています。

マイセンの土地ををこよなく愛したルドルフ・ヘンチェルの銅版画
作品はこのブログでも何回か紹介しましたが、この古本屋さんか
ら入手した最後になるかもしれない作品をお目にかけます。


x-2C8T0901








写真1) マイセンの風景 銅版画 1920年頃


日本でも緑が美しい季節ですが、モノクロームながら緑を感じさせ
る銅版画と思います。個人的には、構図や近景遠景の描写方法に、
広重や北斎の浮世絵の影響を感じるのですが、皆様はいかがで
しょう?


s-2C8T0902








写真2) 同上 部分 アルブレヒツブルグ城


s-2C8T0903








写真3) 同上 部分 エルベ川


s-2C8T0906







写真4) 同上 部分 大樹


s-2C8T0904





写真5) 作品題名 マイセン市の眺望


s-2C8T0905






写真6) サイン  ルドルフ・ヘンチェル


mm-2




写真7) 同アングルからの現在の風景


mm-1







写真8) マイセン市  航空写真

今回も、ヘンチェルが描いた風景が、どこからの眺望であるかを推定
しました。大きなヒントはお城の向きと川の流れのアングルです。
現在は銅版画にはない新しい橋が架かっていますが、この橋の北側
の河岸段丘の上からの風景と推定しました。

赤▲がヘンチェルの見た場所、青▲がお城です。

美しい風景です。



西洋陶磁器専門店
 
アンティーク アーカイヴ  東京 二子玉川
     TEL-03-5717-3108
 ホームページはこちらです  
http://archiv.jp/







dresdner220 at 14:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年12月28日

マイセン フィギュア 「雪投げの兄弟」  ユーゲントシュティール アルフレッド・ケーニッヒ 

今回のブログは、マイセンのユーゲントシュティール時代の、今の
季節にふさわしいフィギュアを紹介します。

0-1








写真1) マイセン フィギュア「雪投げの兄妹」 1910年頃

マイセン、ユーゲント時代のフィギュアでも、傑作と評価されている
作品です。雪投げをする子供たちがモチーフで、一対で構成され
ています。雪玉を投げようとする男の子、それを避けようと身構える
女の子、一対で鑑賞すると雪の風景が見えてくるようです。

女の子は下を向いているので、普通に鑑賞する目の位置では、顔
がよく見えません。という訳で、その表情をお見せします。


s-2C8T0475








写真2) 同上  男の子

s-2C8T0476








写真3) 同上 女の子

いかがでしょう。ちょっといたずらそうな男の子と、困ったような女の
子の表情が絶妙です。

作者はアルフレッド・ケーニッヒ。
ケーニッヒはユーゲント時代に多くのフィギュアを作っていますが、
その多くは人物像です。この時代には下絵付けの彩色技術が多く
用いられましたが、ケーニッヒのフィギュアは上絵付けがほとんど
です。スケートやそりなどの冬のモチーフも好んでいたようです。

アルフレッド・ケーニッヒは、1871年、ドイツのルドルシュタットに
生まれました。義務教育を受けた後、チューリンゲン地方の幾つか
の窯で働きました。マイセンは1896年に彼のモデルを幾つか購入
します。この時代、マイセンは外部の芸術家の作品を積極的に
取り入れており、ケーニッヒの場合もこの一例だったと考えられます。
翌1897年には、正式にマイセンのモデラーとして雇用されている
ので、彼の作品は評判がよかったのでしょう。

尚、ドイツの専門家の話では、この二人は兄と妹であるといいます。
そう言われてみると、少年の方が年上に見えますね。
但し、マイセンの資料や文献には、この事は言及されていません。



s-2C8T0478








写真4) 裏面のマーク 男の子


s-2C8T0477








写真5) 同 女の子

モデルナンバーは、W131とW132。本ペアにおいては、ペインター
ナンバーも63で揃っています。制作年代は1910年頃と考えています。

マイセンフィギュアの傑作を、どうぞ、ゆっくりご鑑賞下さい。


アンティーク西洋陶磁器専門店 
アンティーク アーカイヴ  東京 二子玉川
     TEL-03-5717-3108
 ホームページはこちらです  
http://archiv.jp/








dresdner220 at 22:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年12月16日

マイセン クリスマスプレート 1912年   ミュンヒ・ケーの黒いサンタクロース

今回はマイセンのクリスマスプレートを紹介します。

アンティークの市場でよく見かけるのは、第二次大戦後の
クリスマスプレートですが、今回紹介する作品は1912年に
マイセンの芸術家ヴィリ・ミュンヒ=ケーという人がデザイン
したものです。



x-2C8T0467









写真1)マイセン「セント・ニコラウスと子供」 1912年

資料では、「セント・ニコラウスと子供」という表題が付けられて
います。ご存知のように「セント・ニコラウス」はサンタクロースの元
になった聖者です。しかし、このプレートに描かれているサンタク
ロースは、普通とはちょっと違うと思いませんか?

私たちのイメージするサンタクロースは、赤い衣装に白いあご
ひげ、陽気で楽しい「サンタさん」です。これは、コカコーラが
キャンペーンのために創り上げたキャラクター、というのは有名
な話です。このキャンペーンに1931年からといいますから、所謂
「サンタさん」のイメージは案外新しいものです。


x-2C8T0468








写真2) 同上 クローズアップ

この作品のマイセンのサンタクロースは、何かちょっとおどろおどろ
しい感じです。向かって右には木のカラスのような鳥がとまっており、
その上にはほうき星が描かれています。クリスマスにはつきものの
「ベツレヘムの星」でしょうか。右手にはヤドリギの杖、その上には
蝋の垂れたキャンドルが不気味に灯っています。

コカコーラ以前、ドイツでのクリスマスには、セント・ニコラウス聖人と
その従者であるクネヒト・ループレヒトが子供達に家にやってきたそう
です。

ruprecht












写真3) クネヒト・ループレヒト

クネヒト・ループレヒトは「黒いサンタ」とも言われ、セント・ニコラウス
と共に村を訪れ、悪い子には嬉しくないプレゼントを置いていくとされ
ています。


nikolaus-14








写真4) ルクネヒト・ループレヒト 19世紀の銅版画

嬉しくないプレゼントとは、石炭の塊や石だそうですが、中には
子供をたたくための小枝の鞭などもあるそうです。そう見ると写真1)
のサンタは鞭のようなものをバッグに入れています。
どうやら、このクリスマスプレートのモチーフはクネヒト・ループレヒト
とみてよさそうです。


Sinterklauss










写真5) 子供を鞭打つクネヒト・ループレヒト 

クネヒト・ループレヒトはその恐ろしいイメージから、後には悪魔や魔
物のような表現をされることもあったようですが、ミュンヒ・ケーの描い
た「黒いサンタクロース」は、心の奥では優しい人だったのではない
でしょうか。


z-2C8T0467







写真6) マイセン クリスマスプレート 1912年

子供を抱いたクネヒト・ループレヒトは、とても優しい目をしているよう
に思います。芸術家ミュンヒ・ケーは、1912年のクリスマスをどのよう
に表現したかったのでしょうか。



最後に、このプレートの裏のマイセンマークをご覧にいれます。

x-2C8T0469






写真7) 同プレートの剣マーク


皆様によいクリスマスが訪れますように。


アンティーク西洋陶磁器専門店 
アンティーク アーカイヴ  東京 二子玉川
     TEL-03-5717-3108
 ホームページはこちらです  
http://archiv.jp/



dresdner220 at 14:54|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2016年09月04日

マイセン市の風景   ルドルフ・ヘンチェルの銅版画

先日、三井記念美術館で行われていた「アール・ヌーボーの装飾
磁器展」が終了しました。多くのお客様にご来場頂き、また高い評価
を下さり、企画段階から関わった一人として、厚く御礼申し上げます。
本当にありがとうございました。
これから、長崎、京都と巡回しますが、一人でも多くの陶磁器ファン
にご覧いただきたいと思います。どうぞ、よろしくお願い致します。



さて、今回のブログですが、マイセンの芸術家ルドルフ・ヘンチェルの
銅版画を紹介します。

x-2C8T0170






写真1) 「アルブレヒツブルグ城」 ルドルフ・ヘンチェル 1910年頃

ルドルフ・ヘンチェルはマイセンのユーゲント期を芸術的にリードした
人物で、後年はフリーの芸術家として多くの油彩や銅版画を製作
しています。彼はマイセン市やその周辺の風景を心から愛し、作品の
多くのモチーフにこれらの風景を選んでいます。


x-2C8T4053





写真2) ルドルフ・ヘンチェル  1869~1951年

最近のマイセンでも、限定でルドルフ・ヘンチェルの風景作品を復刻
製作しています。マイセン磁器の歴史を語る上でも、決して忘れる事
のできない芸術家ですね。


x-2C8T0172






写真3)ルドルフ・ヘンチェル 銅版画 部分

では、果たしてこの銅版画は何処の場所から描かれたものでしょう。
実は、この作品については、友人である「冷やかし客」氏が自身のブ
ログで取り上げられており、大体の場所は把握しておりました。
しかし、ヘンチェルが見た風景をさらに正確に特定し、実際に自分の
目で見てみたいと思いました。

この一番のヒントは、お城の尖塔の重なり具合です。アルブレヒツ
ブルグ城内のカトリック教会は、1908年に2本の尖塔が作られてい
ます。ヘンチェルの銅版画では、この尖塔が微妙に重なり合って描か
れています。


x-2C8T0173






写真4)  同上 部分

お城の前景には、木陰で集う人々が描かれていますが、丘の公園
のようにも見えます。
また、お城の向きから、マイセン旧市街から南側の高台からの風景
であることは間違いありません。


先日、NHKの「世界ふれあい街歩き」という番組で、マイセン市が
紹介されていましたが、ご覧になりましたか?散歩者目線で丁寧
に映像が作られており、大好きな番組です。
こんな雰囲気で、以下のブログを見て頂ければうれしいです。



x-2C8T3165







写真5) マイセン ノイマルクト  

という訳で、マイセン旧市街の新しいスーパーマーケットから紹介
しましょう。マイセン市には新市街にスーパーがありますが、観光地
からは離れていて、旅行者には不便でした。新しくできた近代的な
スーパーは、旧市街の中心地から近くとても便利です。東独時代に
は考えられない事ですね。
スーパーとともに「アルト・シュタット」駅が新設され、ドレスデンから
列車で直接マイセンの観光地に来られるようになりました。磁器工
場も充分に歩いていける範囲です。



x-2C8T3173







写真6) マイセン旧市街の鉄道踏み切り

そのスーパーマーケットの左横の坂道をちょっと登ると、鉄道の
踏み切りにでます。踏み切りを渡ると、そこからさらに急な坂道に
なります。今では、この丘を上っていく立派な舗装道路もできまし
たが、ここは旧道です。


x-2C8T3191








写真7) 丘の上 カペレンシュトラッセ


x-2C8T3214








写真8) 同上 高級住宅

坂道を登りきって丘の上に出ると、ここは高級住宅街です。とても
静かな環境で、美しい場所です。


x-2C8T3195






写真9) 同上  バラの生垣


x-2C8T3208








写真10) バラとお城

バラの生垣越しにお城が見えたので、写真に撮りました。お城の
尖塔にご注目下さい。ヘンチェルの銅版画の尖塔と近づいていま
す。この写真ではほとんど真横に重なっていますが、もう少し動く
とヘンチェルの見た角度と一致します。


x-0-1













写真11) 銅版画と実際の写真

いかがでしょう。尖塔の角度がほとんど一致して、ここがヘンチェ
ルの見た場所と言っていいのではないでしょうか。

それにしてもヘンチェルの表現の正確さには驚かされます。また、
100年前の風景がきちんと残っている事にも感動です。


x-2C8T3200









写真12) 墓地の入り口

写真9)にも写っていますが、道はここで行き止まりになっており、
その先は墓地でした。撮影は遠慮しましたが、きれいな花がたく
さん咲いており、お参りの家族もいらっしゃいました。心の中で手
を合わせました。墓地の付近には小さな公園のような場所もあり、
写真4)のような風景もありました。


meissen -1










写真13) マイセン市上空より

写真13)の赤色の△印が、特定された場所です。緑△印がお城
です。黄色△印が踏み切りです。この近くの白く見える大きな敷
地が、スーパーマーケットと「アルトシュタット」駅です。

この赤色△印地点がヘンチェルの見た場所と特定しましたが、
墓地はちょっと意外でした。ルドルフの弟であり、共にマイセン窯
で働いていたコンラッド・ヘンチェルは、1908年に35歳の若さで亡
くなっています。ただ、この墓地との関連性は分かりませんでした。


x-2C8T0174






写真14) 銅版画のサイン

最後にルドルフ・ヘンチェルのサインをお見せします。
ヘンチェルの銅版画は、「アールヌーボーの装飾磁器」展でも展示
しましたが、多くの方がこのコーナーが良かったと言ってくださいま
した。

当アーカイヴショップ内においても、ヘンチェルの直筆スケッチや
銅版画をご覧いただけます。マイセンの町がお好きな方、どうぞ
ご来店下さい。




アンティーク西洋陶磁器専門店 
               アンティーク アーカイヴ  東京 二子玉川
                 TEL-03-5717-3108
           ホームページはこちらです  http://archiv.jp/










dresdner220 at 17:41|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2016年06月30日

マイセンの町の風景  ルドルフ・ヘンチェルの銅版画

先日、マイセンの町に詳しいお客様にご来店頂きました。
マイセンの地図をみながら、色々な話で盛り上がり、本当
に楽しい時間を過ごしました。

今回のブログは、ルドルフ・ヘンチェルの銅版画と、同じ場所
からの現代の風景を紹介しましょう。

s-2C8T9954











写真1) ルドルフ・ヘンチェルの銅版画 1910年頃

ルドルフ・ヘンチェルはマイセンの絵付師であると共に、フリー
ランスの芸術家として、たくさんの銅版画や油彩を描いています。

そのほとんどが、マイセン周辺の土地に取材したもので、静的な
風景作品です。写真1)もその一例ですが、緻密で正確な表現な
がら、とても情緒的な作品に仕上がっていると思います。


x-2C8T9954




写真2) ルドルフ・ヘンチェルのサイン

この作品と同じ風景が今でも残っているのは、本当に素晴らしい
事です。下の写真は私が撮影したものですが、100年以上前の町
の雰囲気がそのまま伝わってくるようです。



s-s-2C8T2960













写真3) マイセン市の風景

マイセン旧市街の小さな道は起伏にとんで、ハッとするような
風景に出会えます。この写真は銅版画を入手する前に撮った
ものですが、ヘンチェルも同じ場所から風景を見ていたのかと
感無量でした。


meissen-1









写真4) 上空からのアルブレヒツブルグ城

分かる人にしか分からないかもしれませんが、上の写真の赤印の
場所から見たのが、ヘンチェルの風景です。細い路地の坂道です
が、とても雰囲気のある良い小路です。

皆様がマイセン市に行かれることがあれば、是非旧市街を散策する
のをお勧めします。是非、訪れてみて下さい。



アンティーク西洋陶磁器専門店 
             アンティーク アーカイヴ  東京 二子玉川
                 TEL-03-5717-3108
           ホームページはこちらです  http://archiv.jp









dresdner220 at 19:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
プロフィール

dresdner220

月別アーカイブ
記事検索