自然主義様式の花絵

2018年05月30日

マイセン カップ&ソーサー 「ヒルガオ 昼顔 ピンク」    グロッサーアウシュニット

5月も末、紫陽花が咲き始め、今日は今にも雨が降り出し
そうなお天気です。生垣にピルガオの花を見つけたので、
写真を撮ってきました。

今回はマイセンの「ヒルガオの花」のC&Sとプレートを紹介
しましょう。

z-2C8T1846








写真1)マイセン「ヒルガオの花 ピンク」 2000年頃

この装飾は「自然主義様式の花」のカテゴリーに属する絵付け
です。明るいタッチで写実的に描かれており、生態的にも正確
ですが、植物図鑑のようなグラフィックな表現ではありません。

実際のヒルガオの写真をご覧ください。


z-2C8T1813








写真2) ヒルガオの花

ヒルガオはアサガオと違って、昼になっても萎まないことから
この名があるそうです。どこにでも普通に見られる花なので、
きっとご覧になったことがあると思います。


z-2C8T1843







写真3) 装飾のクローズアップ



z-2C8T1848








写真4) 本作裏側の絵付け

裏側の蕾の絵付けも洒落ています。


z-2C8T1844







写真5) 同 ケーキ皿の絵付け

つる性の植物の特徴をよく捉えて、うまく装飾としての構図を
作っています。細かいタッチの、繊細な描写の花絵付けですね。

本装飾は自然主義様式の花絵を最初に提唱したブラウンズ
ドルフ教授に因み、「ブラウンズドルフの花絵付け」とも呼ばれ
ましたが、これは正確ではありません。

マイセンでの正確な名称は、「自然主義様式の花絵 バラ色の
ヒルガオのモチーフ 多色絵付け 金彩」となります。
装飾番号は252610です。

実は本作には「白のヒルガオ」のものもあり、こちらの方が早く
発表されたので、「白のヒルガオ」をご覧になった方のほうが多
いかもしれません。こちらの装飾番号は252510です。いずれ
機会をみて紹介致します。



z-2C8T1842







写真6) 同 C&S と ケーキ皿

文句なく美しい装飾なので、個人的に大好きな作品です。
非常に手のかかる絵付けなので、最近ではマイセンでも注文を
受けないというような話も聞いたことがありますが、是非長く作り
続けて頂きたい作品ですね。



アンティーク西洋陶磁器専門店 
        アンティーク アーカイヴ  東京 二子玉川
            TEL-03-5717-3108
      ホームページはこちらです  
http://archiv.jp/



dresdner220 at 17:24|PermalinkComments(0)

2018年05月15日

マイセン プレート  自然主義様式の花絵付け           ナスタチウムとアスター

今回は、自然主義様式の花絵のプレートが新入荷しましたので、
これを紹介しようと思います。

z-2C8T1816









写真1) マイセン プレート「自然主義様式の花」 1890年頃

まるで水彩画のように柔らかく描かれた「自然主義様式の花絵」
です。19世紀末は、マイセンの花絵付け師ブラウンズドルフ教授
が、マイセン付属素描学校ので教えていた時代で、彼の絵付け
技術や様式を製品に強く反映させていました。

マイセンの愛好家や研究家の間では、最も素晴らしい花絵付け
の時代と評されている期間で、出来のいい作品はアンティーク
市場でも大変に高価で取引されています。


z-2C8T1818








写真2) 同上 クローズアップ

白い紙の上に、摘んできた花をポンと置いて描いたような自然な
表現が「自然主義様式の花」です。現在でもマイセン花絵付けの重要
なカテゴリーであり、とても格式の高い絵付けです。

本作はナスタチウム(キンレンカ)とアスター(エゾギク)がモチーフに
なっています。


z-2C8T1820








写真3) ナスタチウムの絵付け

ナスタチウム-1










写真4) ナスタチウムの花と葉

写真3)4)でお分かりの通り、植物学的にも正確な表現で
描かれています。花芯や丸い葉の形状など、柔らかいタッチ
でありながら、絵付け師はきちんとこれを捉えています。


z-2C8T1819







写真5) アスターの絵付け


アスター-1








写真6) アスターの花

アスターの花絵付けは、本作のハイライトでしょう。微妙な彩色で影
をつけながら、見事な立体感を描いています。こうした表現が植物
の生命を感じさせるのでしょう。
自然主義様式の花絵は、筆数を極力抑えて、最小限のタッチしか
使っていません。この時代ならではの、最高の表現と考えています。


z-2C8T1822







写真7) 同作品  窓絵の表現

紺の地色にカールトゥーシェ(ロココ風の渦巻き文様)の窓、中心に
自然主義様式の花絵をあしらった表現を「アムステルダム様式」と
呼びますが、これはマイセンの花絵の中でも最高の花(FFブルーメ)
というカテゴリーに入ります。
現在でも作られており、とても高価な値段がつけられていますが、
こと花絵に関しては、19世紀後半の作品には遠く及びません。



z-2C8T1823








写真8) 同作品 裏面の剣マーク

最後にマークをお目にかけます。マークや絵付けから、19世紀末に
作られた作品に間違いないと推察しています。

どうぞ、当店にて実際にご覧ください。


アンティーク西洋陶磁器専門店 
        アンティーク アーカイヴ  東京 二子玉川
            TEL-03-5717-3108
      ホームページはこちらです  
http://archiv.jp/








dresdner220 at 17:29|PermalinkComments(0)

2016年05月31日

マイセン ジャーマンアイリス 自然主義様式の花の絵

先日、二子玉川の青山フラワーに立ち寄ると、ジャーマン
アイリスの花が売られていました。

つい最近、マイセンのジャーマンアイリスの花のプレート
が入荷しましたので、今回もアップで、その詳細を紹介
致します。

どうぞ、ゆっくりご鑑賞下さい。

x-2C8T9893











写真1) マイセン 自然主義様式の花絵 1900年頃


x-2C8T9894











写真2) ジャーマンアイリスの花の絵


x-2C8T9895







写真3) 同上 クローズアップ


x-2C8T9896







写真4) 同上


x-2C8T9897







写真5) 同上


x-2C8T9898







写真6) 同上


x-2C8T9899







写真7) 同上


x-2C8T9900








写真8) マイセンマーク クローズアップ



アンティーク西洋陶磁器専門店 
             アンティーク アーカイヴ  東京 二子玉川
                 TEL-03-5717-3108
           ホームページはこちらです  http://archiv.jp

dresdner220 at 14:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年05月16日

マイセン プレート ブラウンズドルフ様式の白バラの絵 チョコレート色の地

今回はお客様のリクエストにより、マイセンの白バラの絵付けの
プレートを紹介します。


このブログで紹介する作品は、原則的に現時点での当店在庫の
ものですが、本作は既に売り切れてしまいました。
しかし、是非、本作の絵付けのアップを見たいというリクエストが
多数あり、ご購入者のご了解を頂き、絵付けの詳細を本ブログ
で紹介できることになりました。
リクエストを頂いたお客様、またそれをご了解いただいたご購入
者様に、この場をお借りして感謝したく思います。


本作は、所謂「自然主義様式の花絵」のカテゴリーに分類される
絵付けですが、多くはコバルトブルーの地色であり、チョコレート色
の地は珍しいものです。

この種の絵付には、けっこう出来不出来があり、中にはべたっと
した固い絵付けで、まるで派手な造花のよに見えるなものさえ見受
けられます。

本作の類例作品は、2011年に巡回された「国立マイセン磁器博
物館所蔵 マイセン磁器の300年展」で展示されました。図録の
104ページに写真がありますが、愛好家の間でも評判になり賞賛
された作品でした。

今回紹介する作品は、ホームペインター、コレクターや愛好家に
見て頂いても、マイセン美術館に収蔵されている作品以上のクォリ
ティーであり、この種の作品としては最高レベルの作品である評価
を頂いています。

よく観察すると、非常に少ない筆致でラフに描かれているのが
分かると思います。この絶妙のタッチが、花の持つ生き生きとした
生命感を表現しています。光を強く意識した描法と相まって、まるで
3Dのように浮き出して見えるような効果を醸し出しています。筆を
数多くいれて繊細に描く事が、必ずしも良い絵付けとはいえない事
がよく理解できるのではないでしょうか。

細部までの写真をたくさん掲載しましたので、どうぞゆっくりとご鑑賞
下さい。


マイセン  プレート 1890年頃

ブラウンズドルフ教授の提唱による自然主義様式の花絵

「チョコレート色の地  白バラと忘れな草のブーケ」 金彩

zs-2C8T9759









写真1) 全体


s-z-2C8T9841







写真2) クローズアップ


s-z-2C8T9842







写真3) 同


s-z-2C8T9843







写真4) 同


s-z-2C8T9851





写真5) 同


s-z-2C8T9852





写真6) 同


s-z-2C8T9853






写真7) 同


s-z-2C8T9844







写真8) 同


s-z-2C8T9854







写真9) 同


s-z-2C8T9855







写真10) 同



z-1







写真11) マーク



アンティーク西洋陶磁器専門店 
             アンティーク アーカイヴ  東京 二子玉川
                 TEL-03-5717-3108
           ホームページはこちらです  http://archiv.jp



dresdner220 at 18:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年07月03日

ほおずき 食用ホオズキ マイセンの自然主義様式の絵付け

7月に入りました。7月9日(木)10日(金)は、浅草浅草寺の
ほおずき市ですが、これを境に本格的な夏の始まりとされます。
という訳で、今回のブログはマイセンのほおずきの絵付けを紹介
致します。

s-2C8T7672







写真1) マイセン 「ホオズキ 自然主義様式の絵付け」


hoo







写真2) ほおずき市 浅草寺


s-2C8T6608








写真3) マイセン プレート 1890年頃

日本ではほおずきは愛でるものと思っていましたが、最近では
食用のホオズキをスーパーなどで見かけます。私が子供の頃
はホオズキは苦いというイメージでしたが、食用ホオズキを食べ
てみると、これが甘くて美味しいのです。初めて食べた時には
本当にびっくりしました。

hoo-2




写真4) 食用ホオズキ

ホオズキはヨーロッパでは古くから食されていたらしく、マイセンの
野菜の絵付けのシリーズ中にホオズキがあります。英語では
グースベリーと呼ばれ、ベリーの仲間とされていたようです。
見た目はフルーツトマトにも似ていますね。

s-2C8T7670







写真5)マイセン ホオズキの絵付け 

とても珍しい絵付けなので、思い切りクローズアップしてみました。
このブログは磁器絵付け関係の方もたくさんご覧になっているよう
なので、どうぞ参考になさって下さい。

s-2C8T7671







写真6) 同上

19世紀独特に柔らかなタッチで、自然主義様式のホオズキが見事
に描かれています。ベリーと一緒に描かれているのも、ホオズキを
ベリーの一種と考えていたからなのでしょう。

自然主義様式の絵付けは昆虫と一緒に描かれる事が多いの
ですが、本作もその例にもれず虫たちが描かれています。


s-2C8T7673








写真7) 昆虫 蚊の絵付け


s-2C8T7674




写真8) 昆虫 テントウムシ

モチーフが蚊やテントウムシというのは珍しいですね。やはり
夏という季節を意識したものなのでしょうか。

s-2C8T7669







写真9) 同上

やはり、この時代の自然主義様式の絵付けは格別です。



アンティーク西洋陶磁器専門店 
               アンティーク アーカイヴ  東京 二子玉川
                        tel 03-5717-3108
           ホームページはこちらです  http://archiv.jp/


dresdner220 at 17:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年06月13日

お花の季節 ペチュニア? マイセンの自然主義様式の花絵

昨日は近くのお住まいのお客様がいらっしゃり、色々な
な話に花が咲きました。花といえば、このお客様は園芸が
ご趣味で、ご自宅の庭で色々な花を育てていらっしゃいます。

実は新入荷したマイセンの自然主義様式の花のプレートが
あるのですが、何の花か分かりませんでした。単純に西洋の
ツツジかと思っていたのですが・・・・・

s-2C8T7641







写真1) マイセン 「自然主義様式の花絵」 1900年頃

ところが、お客様のおっしゃるには、これはツツジではないと
おっしゃいます。確かに形状は似ているが、ツツジだとオシベ
やメシベがはっきり見えるはずという御意見です。
そして、お客様のおっしゃるには、この花は「ペチュニア」では
ないかということでした。

s-2C8T7637









写真2)ショップの前のペチュニアの花

ペチュニアなら、アーカイヴの前の花壇にも今が盛りと咲いて
います。写真を撮ってきました。花びらの形状はちょっと違う
ようですが、確かに花の中心部分などは良く似ています。


s-2C8T7640








写真3) 同上

お客様のおっしゃるには、ペチュニアは園芸品種が多く、色々
な形状があり、中には八重咲きの花まであるそうです。ただ
葉っぱがっちょっと違うかなと考えていらっしゃいました。

1308912711





写真4)絵付けの花の形状に似たペチュニアの花

結局この時に結論はでなかったのですが、ツツジでない事は
間違いなさそうです。後で調べてみると、確か本作の絵付けに
似ているペチュニアも見つかりました。

s-2C8T7645








写真5) 絵付けのクローズアップ

マイセンの自然主義様式の絵付けであれば、本物の花をよく
観察して絵付けしているので、想像上の花を適当に描くという
事はありません。きっと100年前には間違いなく存在した花な
だと思います。という事は100前のペチュニアでしょうか?

花の名前がお分かりの方、是非お教え頂きたいと思います。



アンティーク西洋陶磁器専門店 
               アンティーク アーカイヴ  東京 二子玉川
                        tel 03-5717-3108
           ホームページはこちらです  http://archiv.jp/


dresdner220 at 15:31|PermalinkComments(2)TrackBack(0)
プロフィール

dresdner220

月別アーカイブ
記事検索