マイセン 柿右衛門

2018年07月19日

マイセン付属素描学校 インド(東洋)文様   生徒の描いたスケッチ


今回のブログでは、マイセン付属素描学校の生徒が描いたスケ
ッチを紹介します。

zz-2C8T1987












写真1)マイセン付属素描学校 生徒のスケッチ

マイセンの絵付けは、大きく分けて以下の4つのカテゴリーから
構成されています。

*西洋文様    (花絵 鳥 果物 ワトー絵 狩猟絵 等)
*インド文様   (インドの花 ドラゴン 柿右衛門 等)
*現代文様    (アラビアンナイト 真夏の夜の夢 新しい花 等)
*釉下文様 (ブルーオニオン ブルーオーキッド 葡萄の葉 等)

マイセン付属素描学校では、生徒に様々なスケッチを描かせ、
その人に合った素養を見極めていきます。このスケッチは、絵付け
カテゴリーの中でも、インド文様の基礎といわれるパターンです。



zz-2C8T1985








写真2)インドの絵付け 

写真2)はマイセンの公式カタログに掲載されているパターンです。
インド文様では比較的シンプルなパターンですが、インド文様を
描く際の基礎的なテクニックが全て盛り込まれています。
ペンによる滑らかな線描はその最も大切な技術であり、これを
習得せずにインド文様は描けません。

よく見ると、写真1)のスケッチは309310のパターンとは微妙に
異なりますが、伸びやかな線描をよく学んでいます。


zz-2C8T1989









写真3)マイセン付属素描学校 生徒のスケッチ

写真3)はより複雑なインド文様です。実際のマイセン装飾には
存在しないパターンですが、学生は色々なスケッチを試みるよう
です。青と茶色の色使いや花と枝の構図が興味をひきます。


zz-2C8T1990








写真4)インド文様 岩と花と鳥の絵付け

写真3)をイメージさせる文様をカタログの中から探してみました。
写真4)の色使いや文様の構成には共通点があるのではないで
しょうか。インド文様ではかなり格の高い絵付けで、パターンナン
バーは396110です。19世紀にはかなり人気のあった文様らしく、
アンティークではよく見かけます。


zz-2C8T1988





写真5) 同上 スケッチ

396110の装飾には鳥が描かれていますが、本スケッチにも鳥
の描かれているものがありました。西洋絵付けの鳥とは全く異なる
表現で、グラフィカルに描かれているのが特徴です。よく見ると
日本の墨絵を彷彿とさせる表現で、この画学生の力量の高さを
物語るものです。実際の画学生のついての情報はありませんが、
13歳~18歳頃に描いたと推測しています。
マイセン付属素描学校での訓練は、いわば修行であり、マイセン
絵付けの最も重要な根幹と言えます。




アンティーク西洋陶磁器専門店 
        アンティーク アーカイヴ  東京 二子玉川
            TEL-03-5717-3108
      ホームページはこちらです  
http://archiv.jp/







dresdner220 at 16:28|PermalinkComments(0)

2016年04月16日

マイセン  柿右衛門   柴垣の文様  東洋文様

マイセン柿右衛門のブログが好評なので、今回も柿右衛門
を取り上げます。

今回はマイセン柿右衛門の「柴垣の文様」です。

a-2C8T9760











写真1) マイセン 「柴垣文  柿右衛門写し」 1735~40年

柿右衛門の柴垣をデザイン化した文様です。
若い人たちは、柴垣を知らないかもしれませんね。
「シバガキ」って何? というところから始めましょうか。


3393972-600





写真2) 柴垣

柴垣は文字通り、柴を纏めて編み上げ、これを垣根にしたものです。
写真をみれば、「ああ、これか」とお分かり頂けるでしょう。
さすがに街中では見かけませんが、古都などの観光地ではおなじみ
でしょう。これを図案化したのが、所謂「柴垣文様」です。


img_0







写真3) 柴垣文様

日本の陶磁器には良く見られる文様です。

10251a07






写真4) 柴垣絵付け  柿右衛門様式の磁器

柿右衛門の絵付けには、この図案は多用されますね。しかし、18
世紀のマイセンでは、この柴垣が何であるか、よく分からなかった
はずです。因みに現在のマイセンでも、穀物の穂などを束ねた
「麦藁束」と説明されています。


a-2C8T9785







写真5) マイセンの公式カタログより

正式な名称を訳すと、以下のようになります。

散らされた東洋(=インド)の麦藁束と小花
57番の絵付け  軽やかな文様
多色と酸化銅の彩色
金彩
装飾番号 349110

現在でも作られている装飾ですが、一般の市場ではほとんど
見かける事はありません。
この装飾も例にもれず、18世紀と現代では随分と差異があります。


a-2C8T9782








写真6) 写真1)のプレートのクローズアップ 1735~40年

a-2C8T9783








写真7) 同上  1735~40年

軽いタッチですが、案外繊細な描写で、当時の絵付師の技量が相当
高度であった事が理解できます。細かい箇所に金彩が使われている
事にもご注目下さい。

柿右衛門文様は、磁器そのものが王侯貴族の独占物であった当時、
ヘロルトシノワズリー文様の次に高価であったといいます。本作も当
時の貴族たちにとって、遠い東洋への憧れと相まって、非常に強い
「エキゾチズム=異国情緒」を感じさせる文様だったのでしょう。

a-2C8T9781









写真8) 研究書の図版より

当店在庫と同等品が、最新のマイセン柿右衛門研究書にも掲載
されています。18世紀前半のマイセン柿右衛門は、もはや文化財
といってよいと考えています。

最後にマークをお見せします。

a-2C8T9784





写真9) 写真1)の作品の裏面 剣マーク

18世紀独特の細めの剣マークですね。18世紀には剣マークに
きっちりとした約束が無かったので、多くの色々なバリエーション
があります。マークを絵付けするのは、見習いの仕事と言われて
おり、贋作の付け入るすきになっているのも事実です。
ただ、たくさんのマークを見慣れていくと、必ず区別はつくはず
です。18世紀のマイセン柿右衛門は、アンティーク市場で非常に
高価なので、気をつけなければなりません。



アンティーク西洋陶磁器専門店 
             アンティーク アーカイヴ  東京 二子玉川
                 TEL-03-5717-3108
           ホームページはこちらです  http://archiv.jp

dresdner220 at 16:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年04月03日

マイセン 柿右衛門文様 チャイニーズバタフライ 中国の蝶

今回のブログは、マイセンの柿右衛門文様について取り
上げます。

マイセンと柿右衛門の関係については、内外の色々な
文献に書かれており、非常に研究の進んだ分野とも言
えるでしょう。
2013年にはマイセン磁器における柿右衛門や伊万里写
しに特化した書籍が出版されましたが、2冊組みのハード
カバーで、ページ数は700ページを超える大著でした。
(独 HIRMER社刊)

ヨーロッパでは柿右衛門文様はすっかり定着しており、
この文様はマイセンがオリジナルであると誤解している
ドイツ人も今だに存在します。

当店のお客様には、この分野専門に研究されている方
が何人かいらっしゃり、中には本を著された研究家も
いらっしゃいます。

これほどまでに内外の愛好家を魅了する柿右衛門文様
ですが、現在のマイセンでも手描きで作られているのは
すごい事と思います。

今回はマイセンで「中国の蝶」と称されている文様を紹介
し、マイセンの18世紀のものと今出来のものを比較してみ
たいと思います。


s-2C8T9709








写真1) マイセンの装飾カタログより

マイセンの公式カタログに掲載されている「中国の蝶」の
文様です。名称の中国というのは、18世紀当時東洋は
広く認識されており、日本と中国は厳密に区別されてい
なかった事からきています。本装飾の源がどこにあるの
かは論議ある処ですが、日本の柿右衛門にその端を発
している事は間違いないでしょう。

装飾番号は 393110 。マイセンの東洋文様のカテゴリー
でも、比較的格の高い装飾です。
それでは、以下より見比べていきたいと思います。


h-2C8T9711








写真2) マイセン 「中国の蝶」 1740年頃


s-2C8T9713








写真2) 同上 中心部のクローズアップ


s-2C8T9708







写真3) マイセン 「中国の蝶」  1960年頃

現代ものとの大きな違いは、18世紀の絵付けの線描が筆
で描かれているのに対し、現代ものはペンで描かれている
事です。色彩の渋さ、あでやかさにも、また絵付けのタッチ
にも大きな違いがあります。

以下細部の違いを見てゆきます。
いずれも写真上が18世紀、下が20世紀に作られたものです。

s-2C8T9706











写真4) マイセン 「中国の蝶」 ディテール


s-2C8T9705












写真5) 同上


s-2C8T9704












写真6) 同上

いかがでしょう。縁取りの色が、18世紀は鉄錆色、20世紀は
金彩になっているのも大きな違いです。
これらの比較は、決して良い悪いではありません。古いもの
には時代が作った味があり、新しいものには清潔さがあります。

いずれがお好きでも、300年前の柿右衛門文様が、遠くドイツ
の地で、今でも手描きで作り続けられている事に心を動かされ
るのではないでしょうか。



アンティーク西洋陶磁器専門店 
             アンティーク アーカイヴ  東京 二子玉川
                 TEL-03-5717-3108
           ホームページはこちらです  http://archiv.jp

dresdner220 at 15:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年06月08日

マイセン C&S 「流水菊花文碗皿」 1990年 

今日はのブログは、ちょっと昔話です。
1990年の事なので、もう25年も前の話ですね。


1990年は松坂屋デパートの会社創立80周年記念という
年でした。これに関連して色々な催しが行われたのです
が、「青い剣の魅惑 マイセン磁器展」はその目玉ともなる
イベントでした。

そこで、松坂屋はマイセンに記念特別注文の作品をオー
ダーしたのです。

s-2C8T7629







写真1)マイセン 「流水菊花文碗皿」 1990年

松坂屋は名古屋の呉服店からの創業です。1931年に新しい
呉服の意匠を創出する目的で、京都の仕入れ店に染織参考室
を設置し、小袖を始めとする衣装を蒐集しました。現在の松坂屋
京都染織参考館です。

マイセンに特注するに当たり、松坂屋京都染織参考館から
江戸時代の小袖「流水菊縫文様」を取材し、オリジナルの装飾
文様を、マイセンと共に創作しました。
こうして出来上がったのが、写真1)「流水菊花文碗皿」 です。

img_02












写真2) 流水に菊模様小袖 江戸時代中期

菊花に流水を配した文様は、不老長寿の瑞祥の象徴であり、
小袖や能衣装だけでなく、古鏡や蒔絵などにも用いられる
日本の独自の意匠です。

s-2C8T7631







写真3) 当事のパンフレットより


s-2C8T7632







写真4) 文様のクローズアップ

本作を実際に手にとって見ると、多くの色を使っているにも
かかわらず品格があり、完成度の高い良品と思います。
マイセンの白磁に日本文様が美しいです。

マイセンは柿右衛門文様を始めとする東洋文様(マイセンでは
インド文様と言います)も得意とする分野であり、とてもやりがい
のある仕事だったのではないでしょうか。

特注品なので、装飾番号は9から始まるスペシャルなものです。
本作の装飾番号は960680、絵付師の番号は160です。

当事、期待してマイセン展の会場に向かった私は、本作を見て
感激し、付けられた価格を見てため息をついたものです。

現在マイセンは、上海や北京に直営店を出すなど、もっぱら
中国の市場を意識したマーケティングですが、この頃は日本に
力があったのですね。しかも、現在の醜怪ともいえる中国向け
の製品に比べて、本作を代表とする日本向けの特注品は、本当
に高品質だったと思います。


今となっては、本当に懐かしい思い出です。



アンティーク西洋陶磁器専門店 
               アンティーク アーカイヴ  東京 二子玉川
                        tel 03-5717-3108
           ホームページはこちらです  http://archiv.jp/



dresdner220 at 18:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年10月22日

マイセンの柿右衛門写し 「梅に鶉」 part 2           クイズの答え

前回のクイズの答えが遅くなり、すみませんでした。
色々な反響を頂きましたが、皆様概ねご正解でした。

正解は写真1)が18世紀の柿衛門写し、写真2)が現代ものの
絵付けでした。
s-2C8T1270









写真1) マイセン「梅に鶉 柿衛門写し」 プレート 1730~40年頃

s-2C8T1271



 写真1-2)  写真1)の作品の剣マーク

s-2C8T1272






写真2) マイセン「梅に鶉 柿衛門写し」 C&S 現代もの

現代ものの絵付けは、柿衛門の描写がややパターン化して、
線描も均一です。これはある意味綺麗な描写なので、こちらを
好む方もいらっしゃると思います。
ただ、18世紀のものの方が、味があるように思います。それは
輪郭の線によく表れており、線の強弱や筆致がご覧になれると思い
ます。これは現代ものはペンを使って線を描くのに対し、18世紀
のものは筆を使っているからでしょう。
いずれにしても、どちらが良い悪いではなく、皆様の感性にお任せ
しようと思います。


さて、ここでもう一つ、賞品のないクイズ。
一つは18世紀のマイセン、もう一つは同じく古い柿衛門写しですが、
窯不明の作品です。双方ともにマイセンのマークは入っていますが、
一枚は本来のマークを削って、後からマイセンマークをいれたもの
と思います。どちらがマイセンでしょう。当ててみて下さい。
リクエストがあれば、いずれ解答します。

s-2C8T1273









写真3) 古い柿衛門写しのプレート

s-2C8T1274









写真4) 同上

柿衛門文様は、世界に多くの専門家が研究する程とても難しい
テーマです。日本にも専門のコレクターや研究家がおり、素晴らしい
コレクションが存在します。マイセンと柿衛門の関係は、とても興味を
ひくテーマであり、アンティーク市場でもマイセンの古い柿衛門写し
は、驚く程高い価格で取引されています。出来の良い柿衛門写しは、
マイセン作品の中でも最も高価なものの一つ言えるでしょう。



アンティーク西洋陶磁器専門店 
               アンティーク アーカイヴ  東京 二子玉川
                 TEL-03-5717-3108
           ホームページはこちらです  http://archiv.jp/

dresdner220 at 15:13|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2013年09月29日

マイセンの柿右衛門写し 「梅に鶉」

以前、このブログのクイズが難しかったというご指摘を
頂きましたので、今回は簡単なクイズです。

マイセンといえば、日本の柿右衛門の影響を受けていることを
ご存知だと思います。マイセンのすごいところは、18世紀初頭
に写された柿右衛門文様を、現在でもずっと手描きで作り続け
ていることです。
有名なところでは、「黄獅子」「松竹梅」「飛犬」「蒲萄に栗鼠」
などたくさんありますが、今回紹介する「梅に鶉」は有名な割に
数が少ない希少な作品です。


さて、賞品のないクイズです。
下にあげた二枚の写真、双方ともマイセン製ですが、一枚は
1730~40年頃に作られたもの、もう一枚は1990年頃に制作さ
れたものです。どちらが18世紀、どちらが現代ものでしょう。
写真をよく見比べて考えてみて下さい。

s-2C8T1172









写真1)  マイセン 「梅に鶉」 プレート

s-2C8T1190









写真2) マイセン 「梅に鶉」 ソーサー

いかがですか、簡単でしょう。
答えが出たら、その根拠や違いなども考えておいてください。
今月も出展の仕事が多いので、少し時間を頂いてから答え
を発表します。



アンティーク西洋陶磁器専門店 
               アンティーク アーカイヴ  東京 二子玉川
                 TEL-03-5717-3108
           ホームページはこちらです  http://archiv.jp/

dresdner220 at 22:28|PermalinkComments(1)TrackBack(0)
プロフィール

dresdner220

月別アーカイブ
記事検索