書籍紹介

2017年10月23日

「ユーゲントシュティール時代のマイセン磁器」 書籍紹介 

今回は、私にとって非常に大切な書籍を紹介します。
1983年に出版された本ですが、現在でもその重要度は全く
変わりません。

「ユーゲントシュティール時代のマイセン磁器」
ヨハネス・ユースト著  1983年  エディションライピチヒ刊

x-2C8T1190













写真1)「ユーゲントシュティール時代のマイセン磁器」 表紙

私が本格的にマイセンを調べ始めたのは1980年頃からですが、
1984年にこの本を手に入れた時には小躍りしました。今まで
全く資料のなかったユーゲント時代のマイセン磁器が、詳細に
語られていたからです。
20世紀の始まり、若い芸術家の熱いエネルギーが、この時期
のマイセン工場には溢れていました。私も、それらに触発され
るように、この本をむさぼり読んだものです。


x-2C8T1192












写真2) 同書 目次

マイセンの歴史から始まり、当時の芸術家の動きや磁器装飾の
技術、ユーゲントの様式などについて、詳しく調べています。
世界的にみてもこうした調査は初めてで、まさしくマイセンの失わ
れた時代について書かれたものです。


x-2C8T1193







写真3) ヴァンデヴェルデのサービス紹介のページ

x-2C8T1195






写真4)リーマーシュミットのサービス紹介のページ

この本の中には、デザイン界では著名なヴァン・デ・ヴェルデの
サービスやリヒャルド・リーマーシュミットのサービスが紹介され
ています。


x-2C8T1197






写真5)クリスタルグレーズのベース紹介のページ

マイセンのユーゲント時代に極少数だけ作られた「クリスタル
グレーズ=結晶釉」の作例なども紹介されています。


x-2C8T1198






写真6)マイセンの動物のフィギュア紹介のページ

ユーゲント時代のフィギュアも独特のものです。写実的な動物像
は、それまでのマイセンにはないモチーフです。


x-2C8T1196






写真7)K・グロス チューリップベース紹介のページ

カール・グロスのデザインしたチューリップ用の花器です。マイセン
の初期ユーゲント作品として傑作と評価されています。


こんなマイセンがあるのか!
当時の私は、いつかこれらの作品を目の前で見てみたいと祈るよ
うな気持ちでした。


x-2C8T1199













写真8) 同書 裏表紙

著者のヨハネス・ユーストは1939年の生まれ、東独の美術畑を歩
んできた人です。ライプチヒのカール・マルクス大学で美術を学び
美術教師を経た後、ドレスデンの工芸美術館の責任者として働き
ます。この後、VEBマイセン磁器製作所付属美術館の館長になり
ます。この時にユーゲント時代のマイセン磁器を精緻に調べ上げ
論文を書きます。この功績によりユーストは博士号を取得します。

実は、この論文の実物も当店にありますので、紹介します。


x-2C8T1201
















写真9)ユーストの論文  1972年

同書の源泉になったのがこの論文です。
130ページにも及ぶ、びっしりと文字の並んだ熱の入った論文
です。

x-2C8T1202












写真10) 同書 内表紙 ユーストのサイン

わら半紙のような紙にタイプ印刷された質素な論文ですが、これが
東独らしいですね。


x-2C8T1203









写真11) 同書 人名索引

ドイツ語の専門論文ですから、自力ではほとんど読めませんが、
芸術家の人名などは書籍よりも多く、内容も詳細です。

この論文が発表されたのは、1972年。日本ではサッポロ冬季
オリンピックの年です。未だ日本と国交のない時、遠く東独で
このような研究がなされ、ユースト氏がこの論文によって博士号
を受けたと考えると、感無量です。



e7b31e00
















写真12) マイセンの絵付け展 図録

因みに、2011年の秋に開催した「マイセンの絵付け展 印象主義
からユーゲントシュティールへ」の図録は、このユーストの書籍に
補完するつもりで書いた本です。限定50部だけの印刷だったため
高価だったにもかかわらず、即日売り切れてしまいました。
その後、多くの方から購入のご希望を頂いたのですが、ご要望に
沿う事ができませんでした。いずれ、さらに充実させた形で再版し
たいと思っていますので、ご期待下さい。


図録の方は入手不可ですが、ユーストの本は非常に有名な本です
ので、古本では入手可能かと思います。ユーゲント時代のファンで
したら必携の本です!



西洋陶磁器専門店
 
アンティーク アーカイヴ  東京 二子玉川
     TEL-03-5717-3108
 ホームページはこちらです  
http://archiv.jp/


dresdner220 at 15:42|PermalinkComments(2)

2016年11月26日

書籍紹介 陶磁の道 三上次男

前回のブログから、だいぶ時間があいてしまいましたが、
今回も思い出深い書籍を紹介します。

「陶磁の道」 ー東西文明の接点をたずねてー 
     三上次男  岩波新書  1969年

s-2C8T0314












写真1) 「陶磁の道」 三上次男 1969年

今でこそ、西洋陶磁器と日本・東洋の関係は活発に語られて
いますが、本書はその原点と言えるでしょう。
直接、マイセンやセーブルに言及しているわけではありませんが、
東洋の陶磁器がアラブや東南アジアの各地に、その足跡を残し
ている様子がリアルに描写されています。

私が陶磁器に興味を持ち色々と文献を当たっている’75年当時、
本書の存在を知りました。しかし、既に絶版になっており、岩波
書店に問い合わせても、在庫なしとの事でした。

神田神保町の古本屋街を訪ね歩き、数年がかりで本書にめぐり
会えた時は、嬉しさで飛び上がらんばかりでした。価格は150円
でした。コンピューターが発達した現在、こうした感動はもはや
過去のものなのでしょう。
しかし、私がアンティークを仕事にしているのも、案外こんなところ
が原点になっているのかもしれません。


s-2C8T0316





写真2) 同書  奥付

もう一つ、本書が私に大きな影響を与えた箇所があります。
これは、本書の本文ではなく、あとがきにありました。
そのまま引用します。

「わたしが中央アジアや西アジアの歴史や考古学に深い関心
をもったのは、すでに四十数年前の旧制高等学校いらいのこと
で、大学の学生のときには、それを生涯の仕事にしようと決め
ていた。」

著者は大学生の時に、生涯をかけてやるべき仕事を見つけて
いたのです。本書を読み終えて、あとがきでこの一文に接した時、
趣味であっても仕事であっても、陶磁器は一生かけて追求してい
く価値のあるものでなないかという漠然とした気持ちが芽生えて
いました。

その後、三上先生は東独時代のマイセン窯を何度も訪れ、マイ
セン磁器と日本の関係についても多くの論説を残されています。


x-2C8T0404










写真3) 陶芸の美  京都書院 1984年



x-x-2C8T0407







写真4)マイセン窯 陶画二人展 資生堂ギャラリー 1985年 



x-x-2C8T0406





写真5)マイセン磁器 美術出版社  1990年

三上先生は1987年に亡くなりますが、1990年に出版された書籍
「マイセン磁器」 国立マイセン磁器公団史料編纂室 美術出版社 
においてその監修に関わり、同書の論説が実質的な遺稿になりま
した。

今となっては、どれも思い出深い論説です。


三上 次男(みかみ つぎお)  東京大学教授
1907年(明治40年)3月31日 - 1987年(昭和62年)6月6日)

「陶磁の道」で、1969年に毎日出版文化賞(第23回)
東西交流の研究(海のシルクロード)での、新しい研究分野
「陶磁貿易史」を開拓した。




アンティーク西洋陶磁器専門店 
アンティーク アーカイヴ  東京 二子玉川
     TEL-03-5717-3108
 ホームページはこちらです  
http://archiv.jp/








dresdner220 at 16:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年10月31日

西洋宮廷と日本輸出磁器  書籍紹介

今回のブログはちょっ固い内容ですが、書籍を紹介します。

西洋宮廷と日本輸出磁器 ―東西貿易と文化創造―
   櫻庭美咲   藝華書院   2014年  30,000円(税抜き)

著者の櫻庭美咲先生は、西洋陶磁器の愛好家の間では著名な
方です。多くの西洋陶磁器についての書籍を著されているので、
このブログを読んで下さっている読者の中にも、ご存知の方が多
いのではないでしょうか。

因みに、お名前の美咲さんを「みさき」さんと読む方が多いですが、
正確には「みき」さんです。

本書は櫻庭先生の研究の集大成とでも言えるもので、大変な労
作です。


s-2C8T0301















写真1) 西洋宮廷と日本輸出磁器 外箱



s-2C8T0304














写真2) 同 ハードカバー 表紙

力の入った本だけあって、外箱つきの装丁も豪華です。600ページ
近くに及ぶずっしりとした重量で、風格さえ感じます。



s-2C8T0307








写真3) 目次

内容も多岐に渡るものですが、私たち西洋陶磁器の愛好家が特
に関心を持つのは、やはり第二章でしょう。それまでにも、日本輸出
磁器についての研究は盛んに行われてきましたが、どんな磁器が
どのように使われたのか、あるいは展示されたのかを具体的に
検証するような研究は少なかったように思います。本書では欧州の
磁器陳列室を丹念に取材し、私たちに提示してくれます。

もちろん専門の論文なので、楽しく読み流すといった書籍ではあり
ませんが、アドバンストアマチュアには興味あるに本だと思います。




s-2C8T0308








写真4) 同書    奥付 

尚、奥付にある出版社は、現在広島に移転しているそうです。
入手ご希望の方は、以下に出版社のリンクを貼っておきます。で

櫻庭先生で思い出すのが、彼女の恩師である前田正明先生です。
私がマイセンにはまり出した1980年頃は、西洋陶磁器に関する
本や資料はほとんどありませんでした。

その時出合ったのが前田正明先生の本でした。




s-2C8T0309















写真5) 西洋陶磁物語  前田正明

ギリシャ・ローマ時代から中世、現代まで、西洋陶磁を俯瞰する
内容であり、マイセンやウェッジウッド、セーブル、R.コペンハー
ゲンなどの窯についても解説され、それこそむさぼるように読ん
だものです。



s-2C8T0310













写真6) 同書の著者略歴

その後、前田先生にお会いしたり講義を受けたりする機会も
ありましたが、「君はそんなによく知っているのなら、論文を書か
なくてはいけないよ。君の知識を世間は全く知らないのだから」
とおっしゃって下さいました。もちろん、私は単なる陶磁器オタク
であり、論文など思いもよりませんでしたが、現在アンティーク
ディーラーとして存在しているのも、この言葉があったこそと感
謝しているしだいです。


s-2C8T0312







写真7) 同書  奥付

1980年に著された本でしたが、前田先生自身の言葉で「10年早か
った本だね」と笑っておられました。その先生も、2015年の10月に
逝去されました。きっと櫻庭先生にのご活躍を喜んでおられること
でしょう。


もう一冊、忘れる事のできない本があります。
「陶磁の道」、三上次男先生のご本です。

これについては次回に続けます。



アンティーク西洋陶磁器専門店 
アンティーク アーカイヴ  東京 二子玉川
     TEL-03-5717-3108
 ホームページはこちらです  
http://archiv.jp/









dresdner220 at 19:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年07月31日

マイセンのポインターと犬の書籍  パウル・ヴァルターの動物像

今回のブログは、パウル・ヴァルターという芸術家がデザインした
ポインターのフィギュアを紹介します。


x-2C8T0067







写真1) マイセン フィギュア 「ポインター」 1925年頃

このポインターのフィギュアは、高さ8cm、幅15cmの小品ですが、
非常に出来のよい作品だと思います。
首を伸ばしたポーズや背骨・筋肉など、動物の動きや特徴がよく
表現されています。


x-2C8T0071







写真2) 同上 部分

原型が製作されたのは1908年、所謂ユーゲントシュティールの
時代です。イングレーズの技術で装飾されており、釉薬に沈み
こんだ深い色彩がこの当時の特徴です。同じモデルでも、現在
ではイングレーズの技法は使われておらず、一般的な上絵付け
の技法で描かれるので、ユーゲント時代のオリジナルとは全く
異なる作品になってしまいます。



x-2C8T0073







写真3) 同上 部分

作者のパウル・ヴァルターは1876年の生まれ、マイセン付属
素描学校で学んだ、マイセンに属する芸術家です。フィギュアの
成型師として働いた後、芸術家として作品をデザインするように
なります。ヴァルターは人物像は一切作らず、動物専門にフィ
ギュアをつくりました。



x-2C8T0075







写真4) 同上 部分

彼の鳥や獣のフィギュアはとても高いクォリティーであり、世界に
も日本にも、ヴァルターの作品を専門に蒐集しているコレクター
のいるくらいです。



x-2C8T0078








写真5) 同上 部分

ドイツ人の犬好きは有名ですが、マイセンが犬のフィギュアを作る
と本当に素晴らしく、アンティーク市場ではマイセンの犬はとても
高価に取引されます。特にユーゲント時代のものは人気が高い
です。


x-2C8T0079











写真6) 同上 部分  PWのイニシャル

作品にはPaul WaltherのPWのイニシャルが入っています。
このように、作品にサインを入れられるという事は、彼がフリーランス
の芸術家として、マイセンと契約していたと推測されます。


x-2C8T0080







写真7) 裏面のマークとモデルナンバー

マイセンのマークは1925年頃のマーク。写真ではわかりにくい
ですが、マイセンの剣マークの中央にうすく点がみえます。
モデル番号はY120です。


x-2C8T0082








写真8) 書籍より同モデル

マイセンの犬の作品を集めた本があるのですが、同じモデルが
掲載されています。こうして見ると、彩色がだいぶ異なります。
背中の色の部分が本ではブラウンぽくみえるのですが、当店の
作品はグレーです。同モデルでも、こうした個体差は結構ある
ようです。


x-2C8T0068











写真9) 書籍 Meissen Porcelain Dogs


この書籍も紹介しておきます。

書名  Meissen Porcelain Dogs  1875-1925
著者  Hugh Davies  & Hans Sonntag
発行年  1997年
出版  Hugh Davies Publishing Graet Britain

ユーゲント時代の犬だけを集めた作品集です。マニアックな書籍
ですが、マイセン愛好家にとってはとても役立つ本です。



アンティーク西洋陶磁器専門店 
             アンティーク アーカイヴ  東京 二子玉川
                 TEL-03-5717-3108
           ホームページはこちらです  http://archiv.jp







dresdner220 at 22:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年12月26日

素晴らしい図録が出来ました 「アール・ヌーヴォーの装飾磁器」 展

前回紹介しました展覧会 「アール・ヌーヴォーの装飾磁器」 
展の図録が出来ました。素晴らしい仕上がりなので、ここで
取り上げたく思います。

s-2C8T9191














写真1)「アール・ヌーヴォーの装飾磁器」展 図録表紙

本当に品格のあるよい装丁です。なんとハードカバーです。
美術館スタッフの展覧会に対する熱い意気込みが感じられます。


s-2C8T9192














写真2) 図録目次 

内容もすごい!
これまでにままあったような、個人コレクターの蒐集品を自慢げ
に並べただけものとは全く異なるものです。
陶磁器のアールヌーヴォーというテーマを核に、1900年当時
のヨーロッパ工芸の真髄を捉えようとする、正に日本で初めて
の展覧会といってよいでしょう。この展覧会の前哨戦とも云える
コペンとビングの展覧会と同じプロデューサー塩川さんによる
監修です。

論説も、今までの日本ではお目にかかれなかったものばかりで、
興味は尽きません。拙筆ながら、私もマイセンに関する文章を
掲載させて頂いております。


s-2C8T9193










写真3) 図録より

データには、窯、年代、サイズ、デザイナーなどと共に、裏のマーク
が掲載されています。これは愛好家には嬉しい事です。展覧会で
ガラス越しに鑑賞していても、裏を返してマークを確認したくなるの
がマニアやコレクターの習性ですから。


s-2C8T9197











写真4) 同上

印刷も紙質にも満足です。色彩や質感もうまく表現できていると
思います。巻末に作品リストと解説が掲載されていますが、もっと
詳細な解説がお望みであれば、どうぞ当店までおいで下さい。
もっと深いマニアックな解説と、たくさんの関係資料を参考に、心
ゆくまでお話しましょう。

s-2C8T9194










写真5) 同上

さらに素晴らしいのは、参考として、芸術家のリトグラフやドローイ
ングを扱っていることです。実はこの頃の磁器芸術家は、単なる
磁器絵付師ではありません。多くは自分のスタイルや作風をもった
「芸術家」なのです。ここが絵付け職人と決定的に異なるところで、
個人的には、磁器絵付けは彼らの表現方法の一部に過ぎなかった
と考えています。(実はここは非常に重要なところなのです!!)

この意味で言えば、これら芸術家の銅版画やドローイングは、参考
資料では全くなく、磁器と同等の「作品」として扱うべきだったでしょ
う。これは、次回の同様な企画への宿題といったところでしょうか。


s-2C8T9196










写真6) 図録 最終ページ

最後のページにスタッフの名があります。美術館の学芸員やスタッフ
はいわば「縁の下の力持ち」です。企画や展示は云うに及ばず、作品
の選定から輸送、管理事務までたくさんの努力があったはずです。
そして一番重要でありかつ大変なのが、人と人との関係でしょう。
これら多彩な仕事にあたって下さった代表として立花様、山口様には
感謝を申し上げたいと思います。

展覧会は始まったばかりですが、是非たくさんの方々においで頂き、
各方面から大成功と評価される展覧会になればと思っています。



アンティーク西洋陶磁器専門店 
             アンティーク アーカイヴ  東京 二子玉川
                 TEL-03-5717-3108
           ホームページはこちらです  http://archiv.jp

dresdner220 at 16:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年11月29日

マイセン磁器製作所への報告書  マックス・アドルフ・プファイファー

今回のブログは、稀覯本の紹介です。

「マイセン磁器製作所への報告書」と題された50ページ
あまりの本です。著者はマックス・アドルフ・プファイファー、
言わずと知れた後のマイセンの総裁になる人物です。

s-2C8T9086













写真1) マイセン磁器製作所への報告書 内表紙


s-2C8T9083




写真2) 同背表紙  

出版は1920年、プファイファーが製作責任者に就任した翌年に
書かれた本です。プファイファーは1913年の入社当初マーケ
ティングを担当していましたが、磁器への豊富な知識、芸術家
との深い関係、そしてアイデアと実行力で1926年にはマイセン
の頂点に上りつめる人物です。そのプファイファーが入社から
7年目に、マイセン首脳部に「報告書」という形でその改革を
迫った著作です。

s-2C8T9087









写真3) 同書  目次

目次から、その内容を見てみましょう。

Ⅰ 回想と展望
Ⅱ 販売価格とそれに伴う問題
Ⅲ 1919年の新製品
Ⅳ 新製作におけるウルシュトック
Ⅴ シュタインブリュックの歴史暦
Ⅵ 図解

s-2C8T9089






写真4) プファイファーによる前書き

プファイファーはマイセンに多くの功績を残していますが、
新製品のうち11個に限定番号をつけ、芸術家のサインを
つけて、その作品の銅版画と一緒に販売する事を提唱して
います。この11個の作品は最初のロットであり、芸術家が
直接製作にあたりました。つまり、作品に大きな付加価値を
つけて、一般的な「製品」ではなく「芸術品」として販売する
事を考えていました。

この11個が「ウルシュトック」と呼ばれ、現在でも非常に高
い価値をもって、アンティーク市場で取引されています。
このアイデアを本書で会社に提案しているのです。

s-2C8T9085














写真5) 同書  装丁

そして、目次のⅤにある図解こそが、「ウルシュトック」に付属
する銅版画です。この銅版画がすごい!


s-2C8T9088




写真6) 銅版画の作者

この銅版画を製作しているのは、1919年当時マイセンの若き
芸術家たちなのです。この後にマイセンを背負ってたつ人物
ばかりです。写真6)に銅版画製作として以下の人たちが挙げら
れています。

*ウィリアム・バーリング
*パウル・ベルナー
*ルドルフ・ヘンチェル
*ヘルマン・リンバッハ
*ヒューゴ・シュタイン

この時代のマイセンが好きな人には、驚くような人物が銅版画
を作っているのです。

では、その銅版画の一部をご紹介しましょう。

s-2C8T9090













写真7) 「ムーア人と貴婦人」 パウル・ショイリッヒ


s-2C8T9092









写真8) 「ロシアンバレーより」 パウル・ショイリッヒ


s-2C8T9093














写真9)「ビーダーマイヤーの少女」 リヒャルド・ランガー


s-2C8T9094









写真10)「馬上の人物 燭台」 ゲアハルト・マルクス


s-2C8T9095












写真11) 「第一次大戦墓碑」 リヒャルト・シャイベ


s-2C8T9096









写真12) 「磁器製照明」 アデルベルト・ニーマイヤー

どうですか、すごいと思いませんか?
これらの銅版画のカラーのものは、手彩色で着色されています。
マイセンの若き芸術家が作ったこれらの銅版画の価値は計り
知れません。

手作業であるが故にこの「報告書」はそうたくさんの部数が作ら
れた訳ではありません。写真6)にあるように250部の限定です。
本書はそのうちの236番目で、その数字が手描きされています。

因みに写真1)のマイセン市の風景の銅版画もヘルマン・リン
バッハの手になるものです。リンバッハは後にマイセンのクリス
マスプレートを数多く手がける事で有名になります。

限定250部のうち、現在では一体何冊が残っているのでしょう?
マイセンの歴史を語る上で、絶対に欠かせない資料と言えます。

今回はちょっとマニアックなブログでした。



アンティーク西洋陶磁器専門店 
             アンティーク アーカイヴ  東京 二子玉川
                 TEL-03-5717-3108
           ホームページはこちらです  http://archiv.jp

dresdner220 at 00:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
プロフィール

dresdner220

月別アーカイブ
記事検索