ニンフェンブルグ 作品紹介

2017年09月23日

ニンフェンブルグ  「ジャパニーズ・チン」 犬のフィギュア  狆(ちん)  テオドール・ケルナー作品

今回は、ニンフェンブルグの犬のフィギュアを紹介します。

x-x-2C8T1153








写真1) ニンフェンブルグ フィギュア「ジャパニーズ・チン」

ニンフェンブルグのユーゲント時代の代表作です。


x-x-2C8T1158







写真2) 同上 クローズアップ

狆(ちん)は日本原産の小型愛玩犬で、長い日本の歴史の中で
独特の飼育がなされてきたものです。
その語源は、「小さい犬」「ち犬」が「チン」になったと言われます。
1853年にペリーによって持ち帰られ、そのうちの二頭が愛犬家
であったビクトリア女王に献上されたことから、ヨーロッパに
普及していったそうです。


x-x-2C8T1156









写真3) 同上  後面

ケルナーの動物作品のうちでも、犬のフォギュアは特に有名で
人気も高く、ニンフェンブルグのオリジナル時代のものは、ア
ンティーク市場でも滅多に出てきません。



x-x-2C8T1161









写真4) 原作者 テオドール・ケルナーのサイン


x-2C8T1163







写真5) テオドール・ケルナー アトリエにて


原作者のテオドール・ケルナーは1884年生まれのドイツの彫刻
家です。人物像もありますが、そのほとんどの作品が動物像で
あり、ユーゲント時代のニンフェンブルグやローゼンタールに
作品を提供しています。ドイツでは、1984年に単独の展覧会が
開催されるほど有名な芸術家です。


x-x-2C8T1159









写真6)製昨年と陶工のイニシャル


本作には、作品の背面に、RB1918.の記述があります
が、これはニンフェンブルグの名工であったRobertBock
イニシャルであり、製造年の
1918年もはっきりと記述されています


x-2C8T1162










写真7)ベルリン「ブレーハン美術館」のカタログより

本作はユーゲント蒐集で有名なブレーハン美術館(ベルリン)
と同等なものであり、正にミュージアムピースといえるでしょ
う。(ブレーハン美術館に所蔵されているものは
1914年製)


x-x-2C8T1157








写真8) 本作 クローズアップ

本作のポーズ、表情、質感など、どれをとってもケルナーら
しさの出た傑作と断言できます。



ケルナーは他にも、色々な窯で作品を残しており、このブログでも
また作品を紹介したいと思っています。




西洋陶磁器専門店
 
アンティーク アーカイヴ  東京 二子玉川
     TEL-03-5717-3108
 ホームページはこちらです  
http://archiv.jp/







dresdner220 at 19:23|PermalinkComments(0)

2013年04月15日

フランツ・アントン・ブステリのコメディアデラルテ              ニンフェンブルグ

このブログを読んでくださっている方でも、フランツ・アントン・
ブステリの名前をご存知の方はそう多くないでしょう。
ニンフェンブルグ窯で18世紀に活躍した芸術家です。彼の
代表作は、何と言っても16体からなるコメディアデラルテ(イタリア
仮面即興喜劇)の作品です。
今回そのうちの6体が入荷しましたので、紹介しましょう。

s-2C8T0414









写真1)今回入荷したコメディアデラルテ像 6体 20世紀半

写真左より
*イザベッラ
*コリーネ
*オクタビーロ
*メッツェティーノ
*ドンナ・マルティーナ
*ララーゲ

s-2C8T0606







写真2)コメディアデラルテの登場人物
s-2C8T0605







写真3) 同上

コメディアデラルテの磁器像は、マイセンのケンドラー作のものも
有名ですが、ドイツではブステリの評価は非常に高く、特にミュンヘン
など南ドイツでは、マイセンを遥かに凌ぐとさえ言われています。
確かに、独特の動きやしなやかなポーズはケンドラー以上と、個人的
にも思います。またその表情はユニークであり、ある種の毒を含んで
いるように感じます。この個性こそが、ブステリの魅力なのでしょう。

s-2C8T0603








写真4)ブステリの研究書 2004年刊 552頁

ブステリについては、552ページにも及ぶ研究書なども出版されてい
ますが、彼の生涯についてはわからないことが多いのです。
1723年に生まれ、1754年からニンフェンブルグで仕事を始めます。
1763年にニンフェンブルグで亡くなりますが、18世紀磁器芸術の
分野における最も個性的な芸術家といってよいでしょう。

今回入荷した作品は20世紀半ばのものですが、非常によくブステリ
の雰囲気を伝えています。
どうぞ、ショップにて、お手に取ってご覧下さい。



アンティーク西洋陶磁器専門店 
               アンティーク アーカイヴ  東京 二子玉川
                 TEL-03-5717-3108
           ホームページはこちらです  http://archiv.jp/

dresdner220 at 15:23|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2010年06月15日

ニンフェンブルグ「紫陽花と蝶」プレート ユーゲントシュティール

s-2C8T2591
写真1) ニンフェンブルグ「紫陽花と蝶」

梅雨の季節になりました。梅雨にはやはり紫陽花が似合います。
今回はニンフェンブルグのプレートを紹介しましょう。
1905年のユーゲントシュティール時代に作られたものです。

s-2C8T2592
写真2) 絵付けのディテール

どうやって絵付けしたのかお分かりになるでしょうか?
これはスプレーガンと型紙で絵付けしてあります。型紙を
ずらしながらスプレーで着色していくもので、当時としては
先進的な技術でした。紫陽花に蝶が舞い降りてくる姿が
淡い色彩で描かれています。美しいです・・・


s-2C8T2594
写真3)スプレーガンを使って製作している様子 1904年

上の写真で製作中の芸術家はEdomond Grodecoeur。
この技法の名手として、ニンフェンブルグに優れた作品を残して
います。写真の中で作っているのは「カラーの花」のベースという
有名な作品です。
圧縮空気で絵の具を吹き付けていますが、絵の具の粒子が
細かくなり、初めてスプレーが使えるようになりました。

s-2C8T2593
写真4)本作に入れられGrodecoeurのサイン

本作も彼の作品であり、E・Gのイニシャルと05(1905年)の
年号が入れられています。当時としては画期的な前衛作品
だったでしょう。

s-2C8T2595

写真5) 本作の裏面のニンフェンブルグのマーク

ニンフェンブルグの盾のマークはブルーです。
ユーゲント時代の作品は本当に素晴らしいですね。


アンティーク西洋陶磁器専門店 
               アンティーク アーカイヴ  東京 二子玉川
                 TEL-03-5717-3108
           ホームページはこちらです  http://archiv.jp/

dresdner220 at 16:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年11月06日

ニンフェンブルグ「フィッシュ・サービス」H.グラードル1900年頃

hg-1

ニンフェンブルグの「フィッシュ・サービス」プレートです。

非常にユニークな作品である事が、写真からもお分かり
頂けると思います。器形、装飾ともにヘルマン・グラードル
のデザインです。
先ずユーゲント様式らしい線使い方が、目をひきます。
花形の口縁が海草に繋がっており、その一部はオープン
ワークが施されています。小豆色に金色のラインで海草
描かれており、魚は緑色です。なんという色の組み合わせ
でしょう。色々な磁器作品を随分見てきましたが、この種の
色使いはあまり例がないように思います。当時としては、
ほとんど前衛芸術だったのではないでしょうか。ユーゲント
の時代というのは、チャレンジのエネルギーが満ち満ちて
いました。

もちろん、現在ニンフェンブルグ窯では作られておらず、
アンティークの市場でも滅多に出てきません。唯一無二
の作品と言えるでしょう。


当店販売価格 180,000円 1枚
                    先ず、お問い合わせ下さい。 
                    また売り切れの際はご容赦下さい。


            アンティーク西洋陶磁器専門店 
               アンティーク アーカイヴ  東京 二子玉川
          ホームページはこちらです  http://archiv.jp/

dresdner220 at 12:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年11月01日

ニンフェンブルグ 「風景画のシリーズ」 ルドルフ・ジーク part 7

si-1









ニンフェンブルグ「風景画シリーズ」の7枚目です。

題名は「秋の白樺 Birke Im Herbst」。
黄色く紅葉した一本の白樺の木が、シンプルに
描かれています。草原も丘も森も渋い黄色一色
です。ジークのこのシリーズは、色を最少に抑え、
ほとんど単色に近いような色使いですが、単調さは
全く感じさせません。それどころか、この色使いこそが、
季節や時間を端的に表現しています。
そして、森の向こうにはかすかに湖が見えます。
これが画面に奥行きを与え、鑑賞者にストーリーを
感じさせます。

ジークの風景画シリーズはこれでおしまいです。
次回からは、書籍「Nymphenburger Moderne」
から、また別のアーティストを紹介しましょう。

サイズ プレート直径21cm
製作年 1906~1910年

 当店販売価格 86,000円 1枚
                    先ず、お問い合わせ下さい。 
                    また売り切れの際はご容赦下さい。


            アンティーク西洋陶磁器専門店 
               アンティーク アーカイヴ  東京 二子玉川
        ホームページはこちらです  http://archiv.jp/ 


dresdner220 at 15:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年10月31日

ニンフェンブルグ 「風景画のシリーズ」 ルドルフ・ジーク part 6

si-4

ニンフェンブルグ「風景画シリーズ」の6枚目です

今回のモチーフの題名は「ボーデン湖 Bodensee」です。
ボーデン湖はスイス、オーストリア、ドイツに国境を接する
南ドイツの湖です。アルプス地方の湖で、風光明媚な観光地
であり、多くの観光客が訪れます。

本作は冬の湖の景色であり、雪景色はジークの最も得意とする
モチーフです。雪の湖畔に一本の白樺、遠景は対岸の山に
低く垂れ込めた灰色の雲、湖の水平線と雲の境には、カモメ
の群れが飛んでいます。
ジークの作品は静寂を感じさせるものが多いのですが、本作は
その典型といってよいでしょう。「雪景色のジーク」の面目躍如と
言うべきでしょう。
ただ、本作はボーデン湖という地名を特定しなくてもいいような
気がします。鑑賞者の心の中に、こんな風景があってもいいの
ではないでしょうか。  

素晴らしいです。


サイズ プレート直径21cm
製作年 1906~1910年

 当店販売価格 86,000円 1枚
                    先ず、お問い合わせ下さい。 
                    また売り切れの際はご容赦下さい。


            アンティーク西洋陶磁器専門店 
               アンティーク アーカイヴ  東京 二子玉川
          ホームページはこちらです  http://archiv.jp/

dresdner220 at 12:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
プロフィール

dresdner220

月別アーカイブ
記事検索