約三十の嘘

  • author: driftingclouds
  • 2005年01月12日

詐欺師の話というから、てっきりそういう映画(コン・ゲーム)だと思ってたんだけど…
キャストはなかなか豪華、中谷美紀、椎名桔平、田辺誠一、妻夫木聡、八嶋智人、それに新人の伴杏里。
でも、その豪華キャストをあまり活かしきれていない気がしました。
詐欺の映画だと思ったのは私の勝手な思い込みなんで、それを差し引くとしても、個々のキャラクターの掘り下げも足りないし、会話にも魅力がない。
前半、あちこちに撒かれた伏線が、後半の中谷美紀が流す涙へ向けて収束して行くような盛り上がりにも欠けてたし。
椎名桔平は中谷美紀が7000万を投げ出しても引き止めたいような魅力的な男にはあんまり見えなかったなぁ。(映画の役柄としてね)
それに、ストーリーの鍵を握る今井役の伴杏里って子が、あまりにも大根なんですけど…………
台詞劇であのような棒読みって、致命的じゃないですか。
彼女を男たちが次々と好きになっちゃうんだけど、そこまで男性を惹き付けるようなサムシングも見当たらないように思ったのですが、それは私が女だから?男性の目から見ると違うの??
音楽(クレージー ケン バンド)は良かったですわ。

実は人様からいただいた券でたタダ観したわりに、辛口な感想で申し訳ない。

トラックバックURL

この記事のトラックバックURL

この記事にコメントする

名前
メール
URL
  • 情報を記憶:
  • 評価:

ページトップに戻る▲