『幸せはイブの夜に(大富之家)』(役柄チェック3)

  • author: driftingclouds
  • 2004年02月24日

え〜とレンタルがないので、香港盤DVDを英語字幕で鑑賞。
なので、細かいところが良く分かってない可能性ありです。

「幸せはイブの夜に」(大富之家)'94年

裕福な任家の人々。だけど家族の内情は問題だらけ。
クリスマスも近いある日、一家の娘(毛 舜(竹均)テレサ・モウ)が留学先のフランスから怪しげな男(張 國榮 レスリー・チャン)をともなって帰って来る。

別居中の長男夫婦が黄 百鳴(レイモンド・ウォン)と馮 寶寶(フォン・ボーボー「つきせぬ想い」
で袁 詠儀のお母さん演ってた人ですね)
いつも部屋に閉じこもって漫画書いてる次男が梁 家輝(レオン・カーファイ)、彼が恋するのが
袁 詠儀(アニタ・ユン)、その姉が鄭 裕玲(ドゥドゥ・チェン)
一家の長老が關 徳興(クワン・ダッヒン 元祖黄飛鴻役者として有名で、この映画では黄飛鴻の
真似をする老人というセルフパロディみたいな役)
そして、思い込み激しく、テレサ・モウの気持も確かめずにいきなりプロポーズしちゃうイトコ
が劉青雲。

と、オールスターキャストによるなにやら「ラブ・アクチュアリー」な雰囲気(?)のするお正月映画の1本。

当時ヒットした「ジュラシック・パーク」やら「ミセス・ダウト」をパロった笑いを盛り込みつつ、最後にはすべて丸く納まるという、お正月らしい作品です。
空想のジュラシックパークもどきで、なぜか古装で変な歌を歌う梁 家輝と袁 詠儀も笑えますが、なんといってもプロポーズしたものの、レスリーとテレサ・モウのキスを見て呆然とする劉青雲の顔がみもの。
こんな感じ↓ ほんとに目を白黒させてると云う雰囲気でむちゃくちゃ可笑しいです。
wanderfulllife


最後についてるNG集でちょっと素のラウちんも見られます。

それと、レスリーがねぇ
ロン毛で髭面の怪しげな人物を演じるも、決める時はちゃんと決めるみたいなところが
やっぱりスターだわ。

この記事にコメントする

名前
メール
URL
  • 情報を記憶:
  • 評価:

ページトップに戻る▲