フルタイム・キラー

  • author: driftingclouds
  • 2004年02月22日

初日にいってきました。偉いな、自分。
客は2割ぐらい、初日なのに…

思っていた通りの"珍品"だったのですが、個人的には
林 雪(ラム・シュ−)が英語喋るとか、アンディとケリ−・リンが観に行く映画が『再見阿郎』だとか、細かいツボがあったのでまあ、満足です。
980円だし。

『キル・ビル』で免疫が出来たせいかアンディの日本語も物凄く変、というほどでもなかったです。程度の問題ですが。
それよりも反町のセリフ廻しの方が…

これ香港で公開した時ってどうやったんでしょう?
全部字幕かな。
私も日本語に字幕付けて欲しかったぞ。

『どんな映画も予告編だけは素晴らしい』ってセリフは名言だね。
日本では最近そうでもないらしいけど。

来週は「ツインズ・エフェクト」観るぞ!

「フルタイム・キラー」公式サイト

この記事にコメントする

名前
メール
URL
  • 情報を記憶:
  • 評価:

ページトップに戻る▲