ボーン・スプレマシー

  • author: driftingclouds
  • 2005年03月06日

さて、ドラマも見終わったし。そろそろちゃんとしないとね…

前作のラストから2年後…
平穏な生活を送っていたつもりのボーン。
しかし、またしても過去は彼をほっといてはくれなかったのであった…

監督が前作のダグ・リーマンからポール・グリーングラスに交代し、普通のハリウッドアクションになってしまうんじゃ…?と心配したものの、それは杞憂に終わったらしい。

いや、カッチョイイね、渋いね。
やたらばんばん銃撃ったり、爆発させたりするだけがアクションじゃぁないんだよ、うんうんと激しくうなづきながら堪能させてもらいました。
ただ、やっぱりカット割りが激し過ぎて少し目が回ったのは秘密です。
ジミーちゃんたらいつの間にこんなにカッコ良くなったんだ。

そして、今回はドラマの部分でボーンの過去が更に深く関わって来て、それはボーンに苦い過去を思いださせ、ある行動をさせる。
失った人は戻っては来ない、でも思い出は残る。だからその唯一の思い出さえ奪われた人にそれを返しにいく。
2年間の愛する人との生活、そして、それを失った事、そしてかつて自分が誰かの愛する人を奪ったという事実、その重荷を背負いつつ、苦悩をにじませながら真実を告げるボーン。
ジミーちゃんたら、いったいいつの間にこんな演技派になったんだ。(あ、こっちはもとからか、一応)

敵役のカール・アーバンも「指輪」じゃあんまり見せ場がなかったけど、頭もすっきり坊主になってカッコいいじゃないのさ。

ただ、前回もつっこんだと思うんだけど…CIAって実は相当頭の悪い機関じゃないんだろうか。
今どきあんなみえみえのねつ造証拠に、あんなに簡単に引っかかるなんて…

トラックバックURL

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

映画「ボーン・スプレマシー」

ただのアクション映画で終わって欲しくなかったのに、私としては残念に思える内容でした。

  • [ 鐚駕次鐚鐚居磁鐚¥自鐚 ] 2005年03月07日 07:08

ボーン・スプレマシー

エジプト航空の機内3本目の映画。観に行こうと思ってたので、ちょっとラッキーって感じ。それも吹き替えだったし・・・ マッド・デイモン主演作。2003年に公開された「ボーン・アイデンティティ」の続編なのね。知らなかったわ。 過去を捨て、新しい人生を始めようとし

  • [ ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! ] 2005年03月07日 09:26

ボーン・スプレマシー

映画鑑賞とスキーというすごいハードな日程の中で観ました「ボーン・スプレマシー」です。 前作「ボーン・アイデンティティ」の続編です。前作を観ないと少しつらいかもしれません。かくいう、私も前作を観ていませんでした(^^ゞ でも、それなりに楽しめましたよ(*^_^*)

  • [ In my opinion・・・ ] 2005年03月09日 19:07

ボーン・スプレマシー

マット・デイモンが記憶を喪失したCIAのトップ・エージェントを演じた『ボーン・

  • [ any's cinediary ] 2005年03月15日 22:36

この記事へのコメント

「ボーンアイデンティティ」が面白かっただけに、これでがっくりしちゃったらどうしよう、と心配だったですけど、負けず劣らず面白かったですよね。最後の真実を告げに行くシーンはほんとなんというか並みのアクション映画とは一味違う深さあるよなーひとりジンとしてしまいました。そんでもってカール・アーバン!かっこよかったですよねー。完結編楽しみっす。

1. Posted by hachi 2005年03月07日 16:14

そうそう、最後のシーンがあるとないとじゃ大違いですよね。
3作目楽しみですよね〜原作だとボーンは結婚してて子供がいたりするみたいなんですけど、それとは違う展開になりそうだし。
またカッコいい悪役出るかな〜

2. Posted by KEI 2005年03月07日 22:47

この記事にコメントする

名前
メール
URL
  • 情報を記憶:
  • 評価:

ページトップに戻る▲