南極日誌

  • author: driftingclouds
  • 2005年09月05日

さて、ということでもう一人の韓流スター(私にとっての)ソン・ガンホの新作ですよ。

南極到達不能点を目指す6人の隊員たちは途中、80年前に遭難したイギリス探検隊の日誌を発見する。
その日以来、隊には様々なアクシデントが発生し、進退について議論になるが隊長のチェ・ドヒョン(ソン・ガンホ)はあくまでも前進を主張する。そして…

確かに映像的にはCGにはWETAも参加していたりとなかなか迫力があるのですが、肝心の演出がねぇ…
監督は違うんですが『箪笥』もそうだったように、心理的な恐怖を表すのになんで安い怪談みたいな演出するんでしょうか?
そういうシーンが出てくるたびに却って興ざめしてしまうんですが。
あれこれ、思わせぶりにちりばめた小道具も終わってみれば、あれ?結局あれは意味なかったのか、てなものばかり(肝心の日誌さえも!)

ソン・ガンホ(笑顔が恐ひ…)を始めとする役者は熱演なのですが、それが上手く活かされずに空回りしている気がします。
カン・へジョンに至っては別に居ても居なくてもいい役だし。

題材としてはとても面白いのに、なんだか残念な作品でした。

ソン・ガンホはこの次の作品の方が楽しみだなぁ。
なんてったって、ペ・ドゥナと共演で監督はポン・ジュノだもの。

トラックバックURL

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

南極日誌

監督:イム・ピルソン  出演:ソン・ガンホ ユ・ジテ  公式サイト  4点 極寒の南極探険を舞台にした異色サンスペンス  南極の到達不能点を目指して6人の探険隊が前進している。歩みを進めるある日、80年前に遭難したイギリス探険隊の日誌を発見する・・・。...

  • [ シネまだん ] 2005年09月10日 08:40

韓国映画 「南極日誌」 8/27〜全国ロードショー

「そこは人間が足を踏み入れてはならない場所なのか?」 真白な世界に消えてゆく。一人、また一人・・・ 無限に広がる氷と雪の世界、 昼か夜かも分からないこの世の果てで、 彼らは一体“何”を見るのか? 南極到達不能点を目指して、6人の探検隊員が歩みを進める。

  • [ あ!ネットサーファー ] 2005年09月11日 23:47

南極日誌

昨日、渋谷アミューズCQNで映画「南極日誌」を観た。 ん〜よくわからなかった。客をどうさせたいかっていう核がないんですよ。楽しませたいのか、笑わせたいのか、怖がらせたいのか、考えさせたいのか・・・ ホームページを見る限り怖がらせたいのかなーという感...

  • [ もーどーでもいいや ] 2005年09月21日 11:11

この記事にコメントする

名前
メール
URL
  • 情報を記憶:
  • 評価:

ページトップに戻る▲