奥さまは魔女

  • author: driftingclouds
  • 2005年09月08日

オリジナルの「奥さまは魔女」は最初の放送は60年代だけど、何度も何度も再放送されていてすっかりおなじみのキャラクター。
日本でさえそうなのだから、アメリカでは推して知るべし。
ということで、そのままリメイクするのではなく「往年の名ドラマ「奥さまは魔女」をリメイクしようとする落ち目の俳優と新人女優のお話、ただし、新人女優は本物の魔女だったのです」というひねりを加えたのは正解だったのでは。

それにしても、ニコール・キッドマン38歳かぁ…
思わずつぶやいてしまったのはこの映画のニコールがあまりにも可愛かったから。
今まで、ニコールのイメージの中に「美人」「完璧」という言葉はあっても「可愛い」というのは無かったのではないでしょうか。
しかし、今回の彼女は可愛いんだなぁ、ほんとに。
ダサさ一歩手前な衣装の似合いかたといい、コケティッシュな表情といい、それになんと言ってもあのハナピクピク!
とりあえず彼女を見るだけで満足。

ウィル・フェレルはクドくてダメダメっぷりが、あまりにニコールと釣り合いの取れない感じなのが(身長以外)良かった。
最初から釣り合いの取れるような相手じゃ逆にリアリティが無いものね。

残念なのは、せっかくマイケル・ケインやシャーリー・マクレーンを使っているのに、活躍の場が少ないのと、面白くなりそうなキャラだった隣人やスクリプトライター、それにジャックのマネージャー(ジェイソン・シュワルツマン)が全然活かされずに終わってしまうこと。
優れたラブコメというのは脇のキャラが活躍してこそストーリーに膨らみが出るものなのに、解ってないな〜、と。

逆に面白かったのは“クララおばさん”や“アーサー伯父さん”といった、おなじみのキャラクターがキーポイントになるところ。

あと、ジェームズ・リプトンはやっぱりお茶目さんだなぁ。

そうそう、映画本編の前に変なPVを見せられるのは何かの嫌がらせですか?

トラックバックURL

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

『奥さまは魔女』2回目観賞!

2005年9月8日 奥さまは魔女 BEWITCHED (吹き替え版) 2005年8月27日、ロードショー 2005年7月8日全米公開 2005年/アメリカ 上映時間103 min 配給:ソニー・ピクチャーズエンターテインメント 1回目観賞の★review★ ★ポチッとナ!>>>> ...

  • [ ☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo! ] 2005年09月11日 01:21

映画のご紹介(33) 奥さまは魔女

ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(33) 奥さまは魔女 奥さまは魔女を観た。 どう言えばいいのでしょうか。 ニコール・キッドマンファンとしては、また、悲しい映画を観てしまった。 くらい言っておけばいいのだろ...

  • [ ヒューマン=ブラック・ボックス ] 2005年09月11日 18:35

この記事へのコメント

PVって、もしかしてSeiko Mats・・・
本編前に見せられるのかぁ。なんてことをしてくれるんだ、ソニー。
AXNもソニー・ピクチャーズ傘下で、「LOST」のエンディングがケミス・・・

1. Posted by KIKI 2005年09月09日 00:58

『君に読む物語』の時は本編のあとだったので逃亡できたんですが…
映画の前にげんなりさせられるという意味では「海賊版撲滅キャンペーン」といい勝負ですよ!
私は見ない。私は買わない。

2. Posted by KEI 2005年09月09日 23:34

この記事にコメントする

名前
メール
URL
  • 情報を記憶:
  • 評価:

ページトップに戻る▲