『デッドポイント 黒社会捜査線(非常突然)』役柄チェックその17

  • author: driftingclouds
  • 2005年09月15日

デッドポイント 黒社會捜査線


導演:游達志(パトリック・ヤウ) 監製:杜[王其]峰(ジョニー・トー)、韋家輝(ワイ・カーファイ) 編劇:司娉123錦源, 游乃海, 周燕嫻
新影城(香港)有限公司、新寶娯樂有限公司、銀河映像(香港)有限公司 1998年

『ヒーロー・ネバー・ダイ(真心英雄)』『ロンゲスト・ナイト(暗花)』と並んで暗黒三部作と呼ばれる(もっとも、杜[王其]峰自身は「そんなこと言った覚えはない」と言っているらしい)最後の作品がこれ。
キャストがキャストだけに日本での公開は無理だろうとファンもあきらめ気味だったのですが、ここ最近の杜[王其]峰(ジョニー・トー)ブームのおかげか、無事DVD化されることになりました。
監督は『ロンゲスト・ナイト』と同じ游達志。ただし、実際に演出したのは私と杜先生はおっしゃるでしょうが。

宝石店が襲われ、重案組の鍾Sir(任達華/サイモン・ヤム)は部下のMacy(黄卓玲/ルビー・ウォン)、槍神(許紹雄/ホイ・シウホン)、Jimmy(黄浩然/レイモンド・ウォン)とともに捜査に乗り出す。現場へ遅れてやってきた李森(劉青雲/ラウ・チンワン)は犯人の一人(林雪/ラム・シュー)を逮捕するが、同じビルで別の犯罪グループに襲われた家を発見する。
彼らは同じ宝石店を狙い近くの喫茶店で様子を伺っていたのだ。
喫茶店で働くMandy(蒙嘉慧/ヨーヨー・モン)は鍾Sirと李森の幼なじみだった。不審な男たちを目撃したMandyは捜査に協力することに。
二組の犯罪者たちを追う重案組、凶悪な犯人たちとの必死の攻防が続く。
一方、鍾SirとMandyはお互いを意識するようになるが…(※日本版がやっと届いたので,さっそく見たのですがここはちょっと勘違いしていたみたいです。3人の関係はそういう事だったのか〜)

うわ〜あらすじ書きづら〜い。
追いかける犯人たちは凄く凶暴で、彼らとの攻防はかなり緊迫したバイオレンスなシーンなのに、その合間に描写される重案組の面々の日常はちょっとラブコメ入っている、というその落差が激しい不思議な映画なのです。
少なくともアマゾンの紹介文は何か違う…

ラウちんはどっちかと言うとコメディ・リリーフみたいな役と言えばいいのでしょうか。冒頭遅れてやってくることからも判るように、常にマイペース。
最初Mandyに気があるようなのですが、ダメそうだと判ると鍾SirとMandyをくっつけるべくあれこれ工作してみたりします。
笑ったのは捕まった林雪とのやり取りで、大陸から来た林雪に北京語で話しかけるのですが「あんたの北京語は何言ってるか判らないよ」と言われてしまいます。そんなに酷いんだ…

その他にもMacyの密かな恋(相手はあの人だと思ったら実は…)とか、怪我したことでプレイボーイぶりが発覚のJimmyとか、珍しく(?)有能な刑事役の許紹雄(『暗戦』の使えない上司、黄sir)とか個々の描き分けもよく出来ています。

で、これってどこが『暗黒三部作』なの?と思われるかもしれません。
その秘密はタイトル(非常突然)に…なにしろ非常突然なのでそれは是非ともその目でお確かめを。
他の二作のような一分の隙もない造りとはちょっと違うかもしれませんが、これはこれでやはり良く出来た作品と思います。

トラックバックURL

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

『デッドポイント〜黒社会捜査線〜』

非常突然(1998/香港) 【監督】パトリック・ヤウ 【出演】ラウ・チンワ

  • [ 愛すべき映画たち ] 2005年11月11日 09:11

「非常突然(デッドポイント 黒社会捜査線)」

 日本版DVDが出たので、やっと観た。ジョニー・トー監製の「暗黒三部作」その3で

  • [ きたきつねの穴 ] 2005年11月19日 21:36

この記事へのコメント

コメント、ありがとうございました。

鍾SirとMandyの関係は、私も想いっきり勘違い
していました。そうなんですか、ラウチンワンが
好きなのかと思っていました(汗)。

ふつう、これだけ衝撃的な幕切れをすると、ネタバレした後は、見る気にならなくなるものですが、
杜峰は、何度でも見返したくなりますね。



1. Posted by 多謝。 2005年11月15日 22:57

KEIさん、こんにちは。
すごい、こちらに来ていろいろなことが分り、得した気分です!ありがとうございます。

私もラウチンとラム・シューの
>「あんたの北京語は何言ってるか判らないよ」
のやりとりに笑ってしまいました。人情刑事らしいとこ見せてくれた訳ですけどね。

暗黒三部作ね。救いがないっていうことかしら。
『ロンゲストナイト』を見たときは、まだ香港映画を何本も見ていない時期だったので、「こういうの、アリ!?」とびっくりしたものでした。『真心英雄』もとにかく凄かったですしね。
“暗黒〜”の前に“ラウ・チンワンの”が入るのかも?(役柄が三作三様ですしね。)

2. Posted by 藍*ai 2005年11月16日 09:55

多謝。さんこんにちは。
あ…そこは私の書き方が悪かったです。
↑のように思っていたのですが、じつはMandyはラウちんの事が好きだったんだという事に字幕付きを観て気がついたのです。
私の英語力なんてそんなもの…とほほ。

確かに、結末は知っているのに、それを知っている分だけドキドキしながら観てしまいますよね。さすがは杜[王其]峰。

3. Posted by KEI 2005年11月17日 00:46

藍*aiさんこんにちは。

暗黒三部作は誰が言い出したのかわかりませんが、たぶん登場人物が全員○○からなのかと。
私は一番最初に観たラウちんの映画が『真心英雄』でした。とにかく凄い映画を観てしまったという気持ちでいっぱいだったのを思い出します。

4. Posted by KEI 2005年11月17日 00:56

こんばんは。やっと観ました。
どんどん起こる事件、妙にほのぼのした日常、
そして「非常突然」な幕切れ。
…人生ってこんなもんかもしれん、と思ったことです。
林雪は林雪でしたねえ…(笑)。
あとでトラックバックさせてくださいね。

5. Posted by きたきつね 2005年11月19日 00:38

この記事にコメントする

名前
メール
URL
  • 情報を記憶:
  • 評価:

ページトップに戻る▲