ベルベット・レイン(江湖)

  • author: driftingclouds
  • 2005年10月19日

あとは、愛が足りない…

っていうのが確かこの映画のキャッチコピーだった気がしますけど、う〜ん、足りないのはそれだけじゃないかな…
他の人の感想読んでいるとおおむね好意的なんですが、私は今ひとつ乗り切れず。
確かに劉徳華(アンディ・ラウ)&張學友(ジャッキー・チョン)のベテランと陳冠希(エディソン・チャン)&余文樂(ショーン・ユー)の若手コンビの演技は見応えがあり、ラストにはほぉと思わされたのですが(思えばショーンがポケベルを使っているのを見たときに気がつくべきだった)でも何か物足りない…

監督の黄精甫(ウォン・ジンボー)という人は、今香港映画界では一押しの新人監督ということになっているみたいなんですけどね。
期待している分厳しくなってしまうのかもしれませんが、とにかく作品の完成度云々より『何か新しいものを観た」っていう実感が欲しかったのです。
で、思いだしたのが去年、彭浩翔(パン・ホーチョン)の映画を初めて見た時のこと。
あの時は、そういう気がしたんですよ、なんか変な人が出てきちゃったな〜(一応褒めてるつもり)と。

題材が香港映画定番の「黒社会を舞台にした男の友情」だったからってわけじゃないはず。
林 雪(ラム・シュー)とか杜[シ文]澤(チャップマン・トー)の使われかたも新鮮味が無いしな〜(笑ったけどさ)
映像は確かに凝ってますけど、それがあまり映画のエモーションを盛り上げる役に立ってないように思いました。だからラストが凄く唐突に思えてしまう。

つまらなくは、無かったんですけどね…でもそれって俳優陣の演技にずいぶん助けられてるんだと思います。
そういえばスクリーンで観るのは久しぶりな気がする學友さんの狂気をはらんだ目つきが良かったな。
あとこちらも久々な呉倩蓮(ン・シンリン)、そういえば彼女とアンディは『天若有情』コンビなのですな、も出番は少ないながら貫禄でした。

そして若手の二人、なぜかセット売りされてるらしいエジとショーンですが、私はどちらかというとショーン派です。あ、誰もそんなこと聞いてないですか。
しかし、『頭文字D』とこの作品と観てきて、エジがめきめきと実力&スターのオーラを身に付けてきているのは認めざるをえません。
『無間道』のころは生意気そうなガキんちょと思ってたのになぁ…子供の成長って早いわ(年寄りの感慨)
ショーン君もあのウルウル眼攻撃の威力が更に増してましたし。
とやかくいいつつ、この二人の成長ぶりを観るだけでも価値がある映画と思います。

ああ、最後に一つだけ。曾志偉(エリック・ツァン)のサザエさんヘアはいったい…

トラックバックURL

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

「江湖(ベルベット・レイン)」

 仕事でぐったり疲れたので、早めに上がって、サッポロファクトリーへ「江湖(ベルベ

  • [ きたきつねの穴 ] 2005年10月19日 22:49

インファナル・アフェアのメンバーが出演する「ベルベット・レイン」

香港映画「ベルベット・レイン」を観た。 映画「ベルベット・レイン」は、アンディー・ラウ、ジャッキー・チュン、ショーン・ユー、エディソン・チャンが出演する香港を舞台にしたマフィア映画で、トニー・レオンがジャッキー・チュンに替わった以外は「インファナル・アフ....

  • [ 西沢千晶のシネマ日記 ] 2006年01月08日 17:24

この記事へのコメント

本当に、俳優がみんな上手いから成り立ってる感じでした。映像は凝っているけど新鮮味はないし、小さくまとまりすぎている気が。

りんご日報の金馬奨の記事、秋生さんが片岡知恵蔵っぽいです。
http://www.appledaily.com.tw/050920/twapple/640pix/20051019/EN01/EN01_004.jpg
11部門でノミネートされた杜[王其]峰は、蝋人形にしか見えません。
http://www.appledaily.com.tw/050920/twapple/640pix/20051019/EN01/EN01_002.jpg

杜[王其]峰は「黒社会」で、またシッチェス国際映画祭の監督賞受賞らしいですね。

1. Posted by KIKI 2005年10月19日 20:22

観てきました。
…サザエさんでした>エリック・ツァン。
のっけから爆笑してしまいました(林雪のところも)。
トラックバックさせてくださいね。
監督は、王家衛と「無間道」と80年代後半から90年代前半の香港映画が大好きなんだなあ、という感想です。影響が分かる、ということは斬新とはいいがたい、ということなんですが。

2. Posted by きたきつね 2005年10月19日 22:46

やっぱり無間道シリーズは素晴らしいよなあと観終わって改めて思いました。特に序曲を連想させるシーンが多かったので、比べてしまって食い足りなかったなあと。

とはいえ私も若手2人の演技には思わず引き込まれてしまいました。噂の江湖2が実現するとしたら更なる成長を見られるかと思って期待してます。
あの2人はセットだとお互いの個性がうまく反射してソロの時より輝きが増す気がします。

3. Posted by honeymilk 2005年10月20日 00:17

>KIKIさん
ベテラン俳優たちが新人を盛り上げようと全面バックアップというのはいいのか悪いのか、ちょっと疑問です。
乳母日傘で育つより、もうちょっと世間の荒波に揉まれた方がいいかも。

『黒社会』まだ公開もされてないのに…
漏れ伝わってくるかぎりでも全然一般受けしなさそうで、ものすご〜く楽しみです。
ほんとだ、杜先生、固まってる…

>きたきつねさん
サザエさん、やっぱり思いますよね〜判ってもらえて嬉しい。
みんな毎日髪のセットが大変だったろうな…

過去の映画の影響はあってもいい(というより影響を受けていない人はいない)と思いますが、それをどう自分なりの表現に変えていくかがこれからの課題なのかと。

4. Posted by KEI 2005年10月20日 01:22

文字数が多すぎるとかいわれちゃったよ〜

>honeymilk さん
今の彼らには何か勢いみたいなものが感じられるんですよね。
こういう上り坂の時をずっと見ていけるというのは楽しみです。
もうきゃ〜きゃ〜いう対象じゃなくて、成長を見守る親戚の叔母みたいな気分なのがちょっと寂しいですが。

5. Posted by KEI 2005年10月20日 01:23

本日観てきました。会場は女性客が一杯!

熱い友情を描いているはずなのに温度が低かったですねー。映像がスタイリッシュに過ぎるのでしょうか(でも映像が凝り凝りだったパン兄弟の「レイン」は心に残ったしなぁ…)。それとも脚本の問題…? 新人監督なのに、こぢんまりとまとまってしまっていて残念でした。完成度が低くてもいいから「これが作りたいんだ!」という熱気が欲しい…。

6. Posted by らら 2005年10月21日 23:45

>ららさん
こじんまりしたそこそこの作品より、壮大な失敗作のほうが可能性がある気がしますよね。
まあ、失敗の場合はそのまま消えてしまう危険性があるわけですが…

7. Posted by KEI 2005年10月23日 00:05

この記事にコメントする

名前
メール
URL
  • 情報を記憶:
  • 評価:

ページトップに戻る▲