靴に恋する人魚(人魚朶朶)

  • author: driftingclouds
  • 2005年11月08日

0005


監督:李芸嬋(ロビン・リー) 製作:劉徳華(アンディ・ラウ)
映藝娯楽有限公司(Focus Films) 2005年

Focus Filmsの紹介ページ(中文) 予告編ありただしちょっぴりネタバレかも

朶朶/ドドは外に出てお友達と遊ぶより,絵本を読んでもらうのが大好きな女の子。なぜなら、ドドは脚が悪かったから。
手術で脚を直してもらう事になったドド、脚と引き換えに声を失った人魚姫の物語と自分を重ねあわせて不安に怯えるが、夢の中でドドの前に現れた魔女(堂娜/タン・ナ)は「幸せになるためには黒いひつじと白いひつじをさがすこと」と告げる。
手術は大成功、ドドは人も羨むような美しい真っ直ぐな脚を手に入れる。
大きくなったドド(徐若[王宣]/ビビアン・スー)は立体絵本を作っている小さな出版社に勤めている。
経理と言いながら、雑用を一手に押し付けられている彼女の楽しみと言えば、お給料で可愛い靴を買う事。
可愛らしいマダム(堂娜 二役)のいる素敵なお店の靴たちは、彼女に履いてもらえるのを楽しみにしていて、買ってもらえない時は哀しみの涙を流すほどだった。
そんなある日、突然の歯痛に襲われたドドは近くのスマイリー歯科を訪ね、そこで運命の出会いをする。
痛みに耐えかねて蹴飛ばしたドドのミュールを拾ってくれた歯科医のスマイリー(周群達/ダンカン・チョウ)、恋に落ちた二人は結婚し、小さな家で新婚生活を始める。
新しいお家にはドドの靴のための部屋もあった。
そうして、お姫様と王子様はいつまでも幸せに暮らしました…となるはずだったのだが。

日本で配給がついたとの話ですので、この先は割愛。
といっても、この映画の真骨頂はこの先にあるのですけどね。
砂糖菓子のような可愛い映画でありながら、味わいはちょっぴりビター
フワフワとしたおままごとのような世界から現実に向き合わなくてはいけなくなった時、本当の幸せって?
そんなことをつらつら考える大人のための童話です。

徐若[王宣]=ビビアン・スーとはもちろん、皆さんの良く知っているあのビビアン・スーです。
外反拇趾の治療のため(とはたぶん口実でいつまでも色物扱いの日本のマネジメントに嫌気がさしたと思われ)台湾に帰ったビビアンも、もう30歳になったのね〜
監督が、彼女はかわいくて童話から抜け出したような人物にぴったりだし、もうそれほど若くはないので,結婚して子供を産んで…という役柄を演じても違和感がないと思ったの、と言う通りまるで彼女のために書かれたようなはまり役。
30でパフスリーブや乙女なワンピースの似合う人なんてそうそういないよ、それにあの真っ直ぐな脚!(外反拇趾は治ったのだろうか?)
いや〜ほんとにかわいいわ。日本でバラエティに出ていたのはやはり仮の姿だったのね。

そして、この映画の見どころの一つは低予算でありながら、台湾金馬賞の美術デザイン部門にもノミネートされたという美術。
『今まで台湾映画というと暗くて陰気なイメージが強かったから、私たちが作る時は絶対ピンク色の映画にしようね!と友人(この映画の美術担当)と言っていたの」との言葉どおり、カラフルで可愛らしく、まさに動く絵本のよう。
登場する可愛らしい靴(ほとんどはスタッフの手作りだそうな)ともども、DVDが出たら一コマずつ止めて隅々まで眺めてみたいかも。

ちなみに、ナレーターはプロデューサーでもある劉徳華…とは最後のクレジットを見るまで気がつかんかったよ。
同じくFocus Filmsで映画を撮る予定の林子聡(ラム・ジーチョン、少林サッカーのおデブちゃん)もちらっとゲスト出演してます。

トラックバックURL

この記事のトラックバックURL

この記事へのコメント

日本だとバラエティ中心になっちゃいますからね。ガンダムSEEDの吹替えも可哀想だったわ。歌だけで良かったのに。昨年、日本での所属事務所が吉本に変わったとか。吉本はかなり前から台湾にも進出しているようですね。

ビビアンは忙しいので、まだ外反母趾の手術はしていないそうです。

今BS日テレで放映中のドラマでも、バービーはピンクのお部屋に住むバービー人形みたいな恋に恋する女の子の役です。運命の人に出会ってやっと振り向かせることが出来たと思ったら、彼の義父がヤクザでその娘に拉致監禁されるという怒涛の展開。やはり現実は厳しいということでしょうか・・・
http://www.cts.com.tw/prog/drama/twister/

1. Posted by KIKI 2005年11月08日 20:50

吉本なんですか?日本に帰ったらますますバラエティやらされそうな…(偏見?)
映画買ったのは某Y様の事務所らしいので、映画のプロモーションで変な番組に出させられるとは無いと思いますけど…

>彼の義父がヤクザでその娘に拉致監禁されるという怒涛の展開。
なんですかそれは、一体,どんなドラマなんですか〜!?
俄然,興味がわいてきました。見てみたい…

2. Posted by KEI 2005年11月09日 01:22

この記事にコメントする

名前
メール
URL
  • 情報を記憶:
  • 評価:

ページトップに戻る▲