天空の草原のナンサ

  • author: driftingclouds
  • 2006年01月07日

d4da0995.jpg

公式サイト

監督;ビャンバスレン・ダヴァー ドイツ 2005年

気がつけば2006年ももう7日ですよ。
今さらですが、今年もよろしくお願いいたします。

モンゴルの草原に暮らす遊牧民の一家。父、母、娘のナンサと妹、まだ赤ん坊の弟の5人暮らし。
ある日ナンサは洞穴で一匹の子犬を見つける。父親は狼の仲間かもしれない、と飼う事を許してくれないがナンサはこっそりツォーホルという名前をつけかわいがる。
だが、ついに一家が移動する日がやってきてツォーホルは置き去りに…

映画の国籍がドイツ、というのに??となったのですが、監督はモンゴル出身でドイツの映画学校に留学中なのだとか。

子供と動物には勝てない、とは良く言われる事、この映画にはその二つに加えてモンゴルの壮大な風景までも揃っている!
いくらなんでも卑怯じゃないか、とひねくれ者の私は思ってしまうのであるが…

そんな私を懐柔するぐらいナンサもツォーホルも可愛い!
真っ赤なほっぺたのナンサはもちろん、その妹も赤ん坊も表情が本当に自然で可愛いったらありゃしない。
犬のツォーホルはカンヌでパルムドッグ(こんな賞があることを知ったのは『過去の無い男』でアキの愛犬タハティが受賞してからだったなぁ)を獲得したというのもさもありなんの名演。

映画に登場する一家は本当の家族だそうで、だからストーリーこそはフィクションだけど、その生活はドキュメンタリーを見ているような気になります。
そして、彼らの簡素な暮らしの美しさだけじゃなく厳しさもきちんと見せている事には好感を持ちました。

映画の中でも描かれているように、こういう生活をする人は年々減り続け、人々はより良い生活を求め都市へと移住していきます。
それを止める資格は誰にもありません、この映画の風景もいつか消えていってしまうものなのでしょう。
だからこそ、ここに切り取られた時間は何ものにも代えがたく、愛おしいものに写りました。

トラックバックURL

この記事のトラックバックURL

この記事へのコメント

今年も宜しくお願いします。

パルムドッグって洒落てますね。
「犬 in 映画」さんに詳しくまとめてありました。
http://www.nextftp.com/dogs/moviep.html

1. Posted by KIKI 2006年01月08日 13:27

きのうlauchinが、懐柔ー!

2. Posted by BlogPetのlauchin 2006年01月09日 09:24

>KIKIさん
今年もよろしくお願いします。

パルムドッグだけじゃなく、パルムキャットとかパルムホースとか…ってキリが無いがな!
でも猫はあってもいいんじゃないかニャー

3. Posted by KEI 2006年01月09日 13:07

この記事にコメントする

名前
メール
URL
  • 情報を記憶:
  • 評価:

ページトップに戻る▲