プライドと偏見

  • author: driftingclouds
  • 2006年02月05日

303da208.jpg
公式サイト

監督:ジョー・ライト イギリス 2005年

ジェーン・オースティンは少女マンガである。と、読んだこともないくせに言い切ってみる。
だって〜『ある晴れた日に』だって2組の男女がすったもんだの上結ばれるという話だし、映画も観てないけど『エマ』だってあらすじ読むかぎりは限りなく少女マンガ。
いや、それだけ普遍的なストーリーだってことなんでしょうけどね。

恋愛におけるお互いの感情のすれ違い、些細なことから誤解が生まれたり、自分のプライド故に素直になれなかったり…
18世紀の話なのに意外なほど素直に感情移入できてしまうのは、人の心は21世紀になってもそれほど変わっていないからなのでしょうね。

くどくどしく感情を押し売りするような演出がなかったのは好感が持てたし、美しいイギリスの田園風景も見もの。
なんというか、風通しのいい映画だなぁと。
 
キーラ・ナイトレイは猫背と笑う時に歯を剥き出しにするのがちょっと気になりましたが、溌剌として魅力的でした。
長女役のジェナ・マローンも大人しげな感じが“内気”という設定に合ってた。でもそんなに皆の気を引くほどの美人には見えないんですけど…
ブレンダ・ブレッシンは少々やりすぎのような…可笑しかったけどね。

ああ、これでMr.ダーシー役の子にもっと魅力があればなぁ!ビングリー役の子もいまいち…
登場する男性陣でいちばん色気のあるのがドナルド・サザーランドって、どうなの?困るでしょう、そりゃ。

トラックバックURL

この記事のトラックバックURL

この記事へのコメント

ジェーンをジェナしたよ♪


1. Posted by BlogPetのlauchin 2006年02月06日 09:47

昔NHKで放送したBBC製作のコリン・ファース版「高慢と偏見」が大好きなので、映画版は見る勇気が出ません。吹替え版の出来も良いので、再放送して欲しい。
あ、今月のチャンネルNECO、「ブラック・シティ黒白森林」を放送します。ラウチンはちょっとしか出てないのでしたっけ。

2. Posted by KIKI 2006年02月06日 19:50

私もダーシーがコリン・ファースなら!と何度も思ったのは秘密です。
でも映画全体の出来は悪くないです。ちょっといろいろはしょり過ぎかと思いましたが、2時間に収めるためにはしかたなかったかな。
『黒白森林』放送するんですね。
確かに出番は少ないけど、豪華なスリーショットが拝めます。出来は…王晶ですから。

3. Posted by KEI 2006年02月07日 01:57

この記事にコメントする

名前
メール
URL
  • 情報を記憶:
  • 評価:

ページトップに戻る▲