犯人はお前か!

  • author: driftingclouds
  • 2006年02月24日

サンスポの記事

1月25日の中国を皮切りに香港、台湾と順次公開され、各地でアジア映画NO・1ヒットを記録。今後、欧米を含む30カ国以上で公開予定だ。主題歌は台湾のスター、ジェイ・チョウ(27)が起用されているが、日本に関しては獅童を起用したプロデューサーのビル・コン氏が「若者から支持されるアーティストにお願いしたい。ロック・スピリットを注入できる人材を」と探していた。

日本向けだから日本のあーちすと?(わざとなので訂正しないように)
若者から支持される?少なくともジェイファンの若い女の子(私ではないよ)の支持は失ったけど?
どうせ、獅童を起用したのも日本向けの話題作りだと思ってはいたけど(獅童本人には何の責任もありませんが)ほんっとに何もわかってないんだな。
そもそも、武道家を描いた映画に何故ろっくすぴりっとが必要なのか教えてもらいたい。

あこがれの人だったりんちえ直々の依頼で、ノーギャラ(と言われている)で書き下ろすのと、話題作りのためだけにありものの曲を持ってくるのと、その違いは歴然としているでしょう?

あ〜もうこの問題はしつこいよ、たかが主題歌じゃないかと思ってる人もいるかもしれないけど、たとえこれがジェイの歌じゃなくても怒りは同じだったろう。
私たちが観たいのは作り手が意図した通りの作品であって、他の人間の手が加わったものじゃない。
その作品の中には音楽も当然含まれているのだから。

私は、今、香港で『霍元甲』を観てこなかったことを心底後悔している…

関係ないことだけど、日本の公式サイト(まだ全然出来上がってない上に出演していない楊紫瓊(ミシェル・ヨー)の名前がでかでかと…)では、Macでは予告編が観られない。どうせ観ないからいいけど、すげ〜むかつく。

国際版の公式サイト
周杰倫の主題歌のクリップも観られる。”MEDIA”の部分をクリック。

※TBいただきました、miyuttyさん、ルル・モカさん、すみません。
現在、スパム対策のため、リンクURLの無いTBは受け付けない設定になっています。
あしからずご了承ください。

トラックバックURL

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

もう、予告を観るだけでいいような気がした…。

えー、本日正式に『霍元甲』の日本語版主題歌がアナウンスされてしまい、「もう何も言

  • [ funkin'for HONGKONG@blog ] 2006年02月25日 01:57

たかが主題歌、されど主題歌。

映画SPIRIT主題歌ジェイ・チョウ霍元甲差し替えへのあなたのコメントを残してください。諦めるのはまだ早いです。公開まで、公開されてもオリジナル版の上映を訴え続けます。

  • [ SPIRITの魂はジェイ・チョウの霍元甲にある。 ] 2006年03月07日 14:50

SPIRITなし

霍元甲日本版にがっかり。日本版主題歌差し替えとは・・・頭文字Dでもされたし・・・ 夢がないですねえ。ほんとに夢がない あれだけコンサートで盛り上がったのに 洋物だとそのまま使われるのに。 本物のホームページのほうでは杰倫いっぱいでてくるのに。 ワーナーに抗...

  • [ 可愛女人 ] 2006年03月18日 14:07

この記事へのコメント

本当に腹立たしいですね。
日本の公式サイトの予告編も、見てみたらバックに流れているのは周杰倫の主題歌ぢゃないですか。
やっぱりこっちの方が映画にマッチしてるってことですよね。
どうせ「ハイカラさん」の曲はタイトルロールで取ってつけた様に流すんでしょ。
余韻も何もぶち壊しですね。

プロデューサーが本当に最初からそのつもりで探してたのかどうかも怪しい。
誰かが日本では日本のアーティスト使わないとダメですよ〜なんて唆したに違いないわ。
日本語版て、字幕版はオリジナルなんでしょうか?
頭文字Dの時みたいに、地方では日本語版しか上映しない気だろうか・・・

1. Posted by KIKI 2006年02月25日 01:06

なんだか、恋人に裏切られた気分です。
映画でもドラマでも音楽でも、所詮一番強いのはプロデューサーなのだろうけど、これがホントの意味でのアジアンミックスなのか?と疑問に思いました。
日本公開時はエンドタイトルで耳を塞ぎながら観るつもりでしたが、もうこれで完全に観る気失せました…。後日、中華圏で正式にDVDかVCDが出たら買って観ることにします。

ビルのバカ野郎ー(大泣)。

2. Posted by もとはし 2006年02月25日 01:11

ワーナーに直接電話した人によれば、電話の待ち受けも周杰倫の曲だったらしいです。ふざけてる。
『頭文字D』のときはまだジェイのファンじゃなかったけど、吹替え版だけの公開なんて酷い!と思ったもんです。
どうなんですかね?日本語版であって、吹替え版とは書いてないから…
少なくとも選択する権利ぐらいは与えてもらいたいですよ、まったく。

3. Posted by KEI 2006年02月25日 01:23

はじめまして。記事拝見させていただきました。私も怒ってます。プロデューサーも変わってますね。ハイカラVer.だけなら、日本ではみません。TBはらせてください!

4. Posted by miyutty 2006年02月25日 23:36

私も初めましてです。おじゃまします。
しかしこの件、なんでわざわざアルバムの中の曲を?
...と思ってたんですが、こういうことかー。
あ、香港で見たんですが、ラストシーン間際に掃除が始まり
聴けませんでした

5. Posted by ちこう 2006年02月26日 01:04

初めまして!私も吼えてます!!
あのサンスポの記事は子供だましもいいところで、いかにも『ひらめいて』ハイカラさんを選んだように書いてますが、どうみても全米デビューへの話題づくりにしか見えないですね。
こういうことを許可してしまった製作サイドにまで怒りの矛先を向けたくなる今日この頃です。りんちえと杰倫の面子は丸つぶれ...
TB貼らせて頂きました!

6. Posted by ルル・モカ 2006年02月26日 01:22

miyuttyさん、ちこうさん、ルル・モカさん
はじめまして。

この記事を上げてからここのブログのアクセス数が普段の倍ぐらいになってまして、周杰倫の人気の凄さを改めて思い知った次第です。
それだけの人気者を押しのけて変更という背景には、やはりプロデューサーの意向だけではなく、新人バンドを売りたいレコード会社・配給の思惑が働いているのでしょうね。
しかし、その結果一般の観客からも、熱心なファンからもそっぽを向かれるのでは、りんちえもジェイも浮かばれません。
なんとか彼らの目を覚まさせる方法はないものか…

7. Posted by KEI 2006年02月26日 23:48

この記事にコメントする

名前
メール
URL
  • 情報を記憶:
  • 評価:

ページトップに戻る▲