ナルニア国物語 第1章ライオンと魔女

  • author: driftingclouds
  • 2006年03月18日

あ〜あ、やっぱりね…
ディズニーに期待した私が間違っていたよ。シュレックの監督だから少しは…と思ったのに。

ストーリー展開はほぼ原作に忠実なのに、原作のエッセンスが無くなった出がらしのような映画でした。
特にエドマンドの話がこの話のいちばんの核なのに、そこはお子様向け(っていっても原作も児童書だけど…)のせいか、なんだか中途半端な描き方で不満。
唯一“白の女王”のティルダ・スウィントンだけは良かったですが。

ってすげーテキトーな感想だな私。ま、そういう映画だったってことで。

トラックバックURL

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

ライオンと魔女

家族で観にいってきました。『ナルニア国物語』\r\nよく映像化できていました。映画になると話を聞いた時に、また、ディズニーが手がけたと聞いて、まさか”CG”?!なんて思いましたが…\r\n\r\nC.Sルイスの『ナルニア国物語』は、妻が少女期に読んだそうですが、この...

  • [ きっさの旅 ] 2006年03月18日 21:53

ナルニア国物語

時間がない。そしてお金もない。 休日はへたっていて、どこにも行く気力なし。 とはいいつつ、15日は「ナルニア国物語」を見に行く。 もともと、ファンタジーにはまったく持って興味がなし。 「魔法」とか出てくると引くタイプ。 昔からパソコンゲームとかやってる....

  • [ Diogenes Club ひとり言 ] 2006年03月20日 00:50

この記事へのコメント

ディズニーの、白は展開された。
ここへ監督しなかった。
ここにディズニーと原作に展開するはずだったの。

1. Posted by BlogPetのlauchin 2006年03月20日 09:31

この記事にコメントする

名前
メール
URL
  • 情報を記憶:
  • 評価:

ページトップに戻る▲