かもめ食堂

  • author: driftingclouds
  • 2006年04月12日

0be18259.jpg

監督・脚本:荻上直子 2005年 日本
公式サイト

前にも何度か書いた事があると思うのですが、ここのブログとサイト名は私の大好きなフィンランドの映画監督アキ・カウリスマキの映画『浮き雲』からとられています。
つけた時は中華ブログ(ああ、もう言いわけなんかしないさ!)になると思ってなかったもんで…

なので、フィンランドはいつかは行ってみたい国の一つ。
この映画の話を聞いた時にはもう絶対に観に行こうと思ってました。しかも、マルック・ベルトラ(『過去のない男』の主演俳優)まで出るというし。
マルックの役名にはカウリスマキファンは泣くよ…つ〜か泣けた。

特にストーリーらしいものはなく、フィンランドのヘルシンキで食堂を営むサチエ(小林聡美)とそこへやってきて何となく居着いてしまったミドリ(片桐はいり)、マサコ(もたいまさこ)と食堂へやってくるお客との交流が淡々と描かれます。
途中小さな事件はあるけれど、こつこつ積み重ねていく日常の大切さとか愛おしさとかが感じられて幸せな気持ちに。
3人の素敵な女優さんたちの掛け合いはほんとに楽しい。
片桐はいりが室井滋になると『やっぱりネコが好き』になっちゃいそう(とは言いつつそれも見てみたい)ですが、そこらへんのさじ加減が絶妙、ただ可笑しいだけじゃなくて、そこはかとなく哀しい感じがするのが良いのです。

フィンランドへの里心(?)がますます強くなりました。私もガッチャマンなら完璧に歌えますが、ダメでしょうか?
私も、もたいさんのようなオトコマエな女を目指したい。

あと思ったのは、毎日きちんとご飯を作って食べる事って大切だなぁ、と。
料理は嫌いじゃないのですが、一人だとどうしてもいい加減になりがちです。そして、たまの週末料理はつい張り切りすぎて凝ったものとかに挑戦したくなってしまうので意外と基本の料理が手薄だったりするんですよね。
でも、普通の料理をきちんと美味しく作れる人になりたいわ、と映画見て思いました。

とりあえず先週の週末には
土曜日:鶏の唐揚げネギソース。
日曜日:サケの塩焼き。ブロッコリーの胡麻和え。たらの芽の天ぷら。
なんて作ってみたですよ。昨日は外でラーメンだったけど…で、今日はゴーヤチャンプル…あれ?

トラックバックURL

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

かもめ食堂

観に行きました。 浜松ではやってないので、 豊橋まで :::YUKISHIMA@Hamamatsu:::

  • [ サキュレントetc…(多肉植物園芸日誌) ] 2006年04月12日 10:31

かもめ食堂 オリジナルサウンドトラック

 タワーレコードに行ったら、かもめ食堂 オリジナルサウンドトラックを発見。 私はてっきり、井上陽水さんが全部カバーしているのかと、思ったのですが、私の勝手な思い違いでした。 主に、本編を彩る音楽を担当したのは近藤達郎さん。そして、最後を彩るのが井上陽...

  • [ 美人手帳 ] 2006年04月18日 01:49

この記事へのコメント

小林聡美に片桐はいり、もたいまさこと来たら、そりゃ「すいか」ですよ、奥さん!しかも日常の大切さとか、毎日きちんとご飯を作って食べる事って、それも「すいか」ですよ、奥さん!
「すいか」は「野ブタ。をプロデュース」を脚色した脚本家の木皿泉が向田邦子賞を受賞した作品です。万一、ご覧になっていなかったら絶対に見るべきです。必見です。アマゾンがお勧めしなくても、私は激しくお勧めします。
http://www.ntv.co.jp/suika/

ということで「かもめ食堂」来週見に行こうっと。

1. Posted by KIKI 2006年04月13日 18:10

私、地上波の連ドラってまったく見ないんですよ〜すみません。
KIKIさんがそんなに激しくお勧めだなんて!と思ったら2年も前のドラマでしたか、残念。キャストとかストーリー紹介とか見るかぎりすごく面白そう。
DVDレンタルあるかしらん。

2. Posted by KEI 2006年04月13日 22:18

この記事にコメントする

名前
メール
URL
  • 情報を記憶:
  • 評価:

ページトップに戻る▲