愛より強く

  • author: driftingclouds
  • 2006年05月23日

47c27f20.jpg
監督:ファティ・アキン 2004年 ドイツ=トルコ

最愛の妻を失い絶望したトルコ系移民のジャイト(ビロル・ユーネル)は自殺に失敗し、精神科でシベル(シベル・ケキリ)という若い娘に出会う。
シベルは保守的なイスラム家庭から逃れるためにジャイトに偽装結婚してくれるように頼む。
渋々ながらもその依頼を受け入れるジャイト。そして、二人は奇妙な共同生活を始めるが…

シベルの思う自由とは気に入った男ととっかえひっかえセックスをする事。保守的な家族にがんじがらめにされていた反動が間違った方向へ出ているようで、見ていて痛々しい。
ろくでもない女に引っかかっちゃってどん底まで落ちてく男の話?…と思いながら見ていたのだが、このシベルが実に魅力的なのだ。
愚かで身勝手で、子供のように無邪気で、なおかつ溢れんばかりの生のエネルギーに満ちていて…
監督が彼女は神からの贈り物だったと言っていたのはわかるな。
ジャイトはシベルのエネルギーに引きずられるように生きる気力を取り戻していき、彼女を愛するようになる。
そして“自由”に空しさを感じるようになったシベルもまた、ジャイトの事を愛している事に気づくのだが、そこである事件が起こり二人は離ればなれに…

舞台はイスタンブールへ。
ジャイトと離ればなれになり、ドイツにもいられなくなったシベルはイスタンブールの友人を頼り、最初は地味に暮らしていたものの、寂しさからか酒とドラッグに溺れるようになりそして…
ここでもシベルは非常に愚か。待つと決めたのならそうすればいいのに。
思えば彼女は自分自身と向き合うという事をそれまでして来なかったのでしょうね。ああなって初めて冷静に自分を見つめ直すようになったのではないのかしら。
描かれない彼女の数年間をその佇まいだけで見せてしまうのは凄いな。
数年後、ジャイトはイスタンブールにシベルを探しにやってくるのだが…

最後はたぶんそうなるだろうけど、そうなって欲しくないなぁと思いながら見ていた。
でも、二人はお互いに出会う事で自分自身を見出すことが出来たのだから、やはりこれはハッピーエンドなのだろうね。

前半はジャイトの物語、後半はシベルの物語。ともに自暴自棄になりながら、復活を遂げる様を描いている。愛だけで人は生きられない、だけども愛ゆえに人は生きられる。
激しい愛が、破滅を導くのではなく再生へ向かっていく。それがとても新鮮だし、素敵だと思った。

キャストに関してはこれはほんとにシベル役のシベル・ケキリなくしては成り立たない。彼女じゃなかったらシベルはただの自己中で嫌な女になってしまっただろう。
ジャイト役のビロル・ユーネル、いい年こいてパンクオヤジなヤサグレ具合が非常にカッコいい。シベルに恋をしていると語る時の眼もステキ。ええ、私かなり好みのタイプです。
トルコ系移民の社会からははぐれてしまっているジャイトを見守り、親身になって心配してくれる友人役のグーヴェン・キーラックもいい。彼が帰るところのないシベルを泊めてあげて、歌を歌ってやるシーンが好き。

合間合間に差し挟まれる楽団によるジプシー音楽の演奏シーンが不思議な味わい。
歌詞の意味が物語とシンクロしているよないないような。

監督もトルコ系ドイツ人、この映画を撮った時は30歳という若さだそう。
レイトショーでやっている『太陽に恋して』も観てみたいな。

トラックバックURL

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

Head-On 『愛より強く』 Gegen die Wand

パンクは死んじゃいない!映画のパワーに魂が震える。 痛烈にハートをえぐられて。ココロが大動脈出血。 ドイツのハンブルクに住むトルコ系移民のジャイトとシベルの物語。R-18! とびきり魅力的なラインナップだった4/29公開の東京ミニシアター作品。その中で、私が...

  • [ かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY ] 2006年06月04日 22:59

愛より強く

 主人公のジャイトのキャラクターがよい。本人のすさみ具合もよし、住処の荒れ具合もまたよし。まさに絵に描いたような無頼派です。  最近で観た映

  • [ シネクリシェ ] 2006年06月07日 06:35

愛より強く

愛より強く公開中ストーリー ☆☆☆☆映画の作り方☆☆☆☆総合評価  ☆☆☆☆ す

  • [ シネマ de ぽん! ] 2006年10月21日 10:20

ファティ・アキン監督「愛より強く」

 ファティ・アキン監督 出演 シベル・キケリ、ピロル・ユーネル  トルコの音楽が「章」の幕間に流れる。海峡をバックに男6人の楽団が演奏し、女性歌手が歌う。非常に魅力的である。  トルコの歌については何も知らない。この映画でつかわれる歌の歌詞には繰り返しが多...

  • [ 詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記) ] 2006年11月08日 19:31

『愛より強く』'04・独・トルコ

あらすじ最愛の妻を亡くし、絶望のどん底にあった中年男ジャイトは、自殺を図るが未遂に終わる。病院で、同じく入院していた若く美しいトルコ系ドイツ人のシベルに、偽装結婚を持ちかけられる・・・。感想2004年のベルリン国際映画祭で、独映画としては18年ぶりに金...

  • [ 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ ] 2007年11月13日 22:08

この記事へのコメント

こんにちは。
本作を見てファティ・アキン監督とビロル・ユーネルに惚れました♪
ジャイトとシベルは破天荒なのにとても魅力的でしたよね。
『太陽に恋して』もおもしろかったですよー。
トラックバックもさせていただきました。

1. Posted by かえる 2006年06月04日 23:05

かえるさん、こんにちは。
『太陽に恋して』まだ観てないんです…はやくしないと終わっちゃうかな。
ほんと、この二人は魅力的ですよね〜
トニー・ガトリフの新作にビロル・ユネール出てるんですか?嬉しいな〜早く観たいです。

2. Posted by KEI 2006年06月05日 00:19

この記事にコメントする

名前
メール
URL
  • 情報を記憶:
  • 評価:

ページトップに戻る▲