嫌われ松子の一生

  • author: driftingclouds
  • 2006年06月20日

63e76b41.jpg
監督:中島哲也 2006年 日本

私、ベタな展開と薄っぺらな登場人物、鼻につく説教臭が大嫌いでしたの、原作小説が。
あの小説を中島監督がいったいどういうものに仕上げてくれるか、期待半分、不安半分だったのですよ。

で、結論。やっぱり中島監督スゲ〜
ストーリーはまったく同じなのに、ていうかあのベタっぷりを逆手に取ってのポップでキッチュな画面作りがすんばらしいわ。
今度こそ幸せを、と何度も何度も失敗を繰り返しつつも邁進する松子に見えていたであろう極彩色の世界。
人間とはかくも愚かで愛おしい。それもまたベタな感想ですが。

私が原作でなんだかな〜と思った人々が、微妙に好ましい方向へキャラが変わっていたのもポイント高し。
特に途中はともかく、最後が激しくうざかった龍洋一の扱いが変えられてたのが良かったなぁ。
あと笙の彼女(柴咲コウ)が早々に消えたのも。

中谷美紀はこれまで『ケイゾク』しか印象に残ってないのですが、これ一本で後世に残るかも、女優魂を見せつけられました。意外と歌も上手でしたね。

ワロたのは、りよんハラショーの歯キラリン、と荒川良々の顔が妄想の中でだんだん美男になっていく所。
劇団ひとりはああいうカッコするとユンファには似ていない、ということがわかりましたよ、良かった〜
谷中さんの怪しさとかクドカンの文士きどり&DV男も良かったす。
他にもいっぱい出てましたが、気がつかなかった人もいました。エンドクレジットで、えっ、そんな人出てたっけ?と思うこと多数。
片平なぎささんに崖っぷちで諭されたいわぁ(なぜ?)
たったあれだけのために出演、の本田博太郎にも感動しましたよ。さすが北京原人だ。

しかし、晩年の松子のとある行動が私にとってはアイタタ…でした、なんつ〜か他人事として笑えんというか…は〜(いや、あんなもの送ったりはしませんが)

トラックバックURL

この記事のトラックバックURL

この記事へのコメント

映画ほんとよかったですね。あの原作をこんな素晴らしいワールドにしてくれるなんて〜。

片平なぎさの崖っぷちぷり、見事でしたよねー。うっとり。

じ、じつはわたしも晩年の松子のアレに「ど、どき、わ、わたし?」とお尻の裏側へんがもぞもぞして、ひとり、赤面してましたわー。へへ。

1. Posted by hachi 2006年06月22日 03:22

hachiさん
ね〜、原作読んだ時はダメポと思ったのに、予想を裏切られて嬉しいっすよ。
なぎさはきっと今日もどこかの崖で諭しているんでしょうね、いいわ〜
>お尻の裏側へんがもぞもぞして
わ、わたくしも…そこだけ伏し目がちになったりすて。ほほほ。

2. Posted by KEI 2006年06月22日 22:05

この記事にコメントする

名前
メール
URL
  • 情報を記憶:
  • 評価:

ページトップに戻る▲