ジャスミンの花開く(茉莉花開)

  • author: driftingclouds
  • 2006年06月30日

126

監督:侯詠(ホウ・ヨン) 2004年 中国

章子怡(チャン・ツィイー)くらい同性に嫌われてる女優もいないかもしれない。彼女への罵倒の数々は、やはり彼女に対しては複雑な気持ちを抱く私が見ても気分が悪くなるほどである。
そう、男性からはどう見えるのかはわからないのだけど、私はどうしても彼女に対してはもやもやした気持ちがわき上がって来るのを抑えられない。
確かに彼女は美人である。性格が悪いという噂も、個人的につき合うわけじゃなし、女優はビッチで無問題と思っている。
演技も上手いというわけでもないけど、下手というほどではない。

じゃあ何が問題なのか、と考えていて思ったのは、彼女にはそんな外野の雑音を黙らせるだけの作品が無いからなんじゃないんだろうか。
それどころかどうも彼女の場合、演技よりも先に監督のツィイーに対する邪念(笑)が透けて見えてしまうことが多く、それがもやもやした気持ちの原因なのではないか、と。
唯一、女優としてのツィイーを使いこなしたのは自分の映画を完璧にすることしか頭に無さそうな王家衛(ウォン・カーワイ)だけだと思う。
たとえ彼女が膝の上に乗ってきたとしても、家衛なら何ごともないかのように「じゃ、今のシーンもう一回ね」ぐらいのことは言いそうだもの。
だから『2046』の彼女は初めて生身の女に見えた。あの映画の彼女は女優だった、と思う。

さて、そんなツィイーたんが茉(モー)、莉(リー)、花(ファ)という三世代を一人で演じるという、一見女優としてのチャレンジをしたように思える作品なのだが…
あ〜まずね、同じ失敗を繰り返す、男を見る目のない女たち…ってのにそもそも感情移入できませんでした。
女性の強さ、というよりも愚かさばかりが強調されているように思えてしまったのですよ。
最後の出産シーンもなぁ、薄味の食事の最後に妙にこつてりしたものが出てきた感じで浮いてるし。
ツィイーたんの演技も平板で、ほぼ出ずっぱりにも関わらず印象が薄…
監督はカメラマン出身(『初恋の来た道』とか)の人らしく、映像は美しかったですが、ツィイーに対する邪念が無い代わり、魅力を引き出そうという積極姿勢も無いという…(笑)
ファンの人はこんなツィイーたんで満足ですか?

茉の母と茉の歳取ってからの役を陳冲(ジョアン・チェン)が演じているのですが、さすがの貫禄で、特に若い頃の夢を忘れられずに娘、孫と影響を与えていく茉が実はこの映画の主役だったのかと。

時代背景もずいぶんあっさりとした描写(特に文革)で時代の空気があまり感じられず、あれ、これはいつの話だっけ?と思うことしばしばで、そのへんも不満が残るところ。

茉を引っ掛ける映画プロデューサーの姜文(チアン・ウェン)はやりすぎ(気障)
莉の夫に陸毅(ルー・イー)、花の夫に劉[火華](リウ・イエ)が出ているけど、どちらも印象が薄い。誰がやっても変わらない感じ。

というわけでこれも女優章子怡の決定打にはなりえなかったわけだが…
なんだかんだ言ったって気になる存在であることは間違いないんだよね、とりあえず頑張れ、ツィイーよ。

トラックバックURL

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

新作映画「ジャスミンの花咲く」

1930年代の上海。映画スターにあこがれる18歳のモーは、映画会社の社長モンに見初められてデビューを果たす。だが、そんな矢先にモンの子を妊娠し、モーの女優としての道は閉ざされてしまう。チャン・ツィイーが1人3役に挑んだ大河ドラマ。'30??'80年代の激動期の上海を背

  • [ 多いに語り多いに笑う ] 2006年07月02日 12:00

「ジャスミンの花開く」チャン・ツィイーのプロモ保存版

「ジャスミンの花開く」★★★☆ チャン・ツィイー ジョアン・チェン主演 ホウ・ヨン監督、2004年、中国 映画チラシのコピーに 「アジアの宝石」とあるが、 その形容が正しいかどうかはともかく、 この映画でチャン・ツィイーは、 少女の初々しさと、 女性の持...

  • [ soramove ] 2006年07月28日 00:40

この記事へのコメント

王家衛たちが、原因などをイエされたはず。


1. Posted by BlogPetのlauchin 2006年06月30日 12:08

>たとえ彼女が膝の上に乗ってきたとしても、家衛なら何ごともないかのように「じゃ、今のシーンもう一回ね」ぐらいのことは言いそうだもの。

笑いました。

ちなみに、『初恋のきた道』は大好きです(笑)

2. Posted by micchii 2006年07月01日 13:10

『初恋の来た道』はデビュー作ですし、イーモウがとにかくツィイーを可愛く撮ることだけに専念してましたからね。たとえキャラがストーカーでも(爆)

3. Posted by KEI 2006年07月03日 01:17

この記事にコメントする

名前
メール
URL
  • 情報を記憶:
  • 評価:

ページトップに戻る▲