『アンデイ・ラウの麻雀大将([0歴][0古][0歴][0古]新年財)』役柄チェック30

  • author: driftingclouds
  • 2006年08月19日

150

製作・監督:杜[王其]峰(ジョニー・トー)、韋家輝(ワイ・カーファイ)
脚本:韋家輝, 游乃海(ヤウ・ナイホイ), 歐健兒(オウ・キンイー)
銀河映像(香港)有限公司、一百年電影有限公司、中國星集團 2002年

なんで今頃正月映画のこと書いてんのかというと、たまたま衛星放送でやってたもんで…
香港人…というか中国人の血液の中にはきっとミクロサイズの麻雀牌が流れているに違いない…
というくらい切っても切り離せない麻雀がテーマでございます。

ストーリーは、劉徳華(アンディ・ラウ)扮する麻雀大将がいったん挫折して復活するという、実に単純でおめでたいお正月映画らしいもの。
それに絡んで来るのが、元恋人の梁詠[王其](ジジ・リョン)、堅物の弟、古天楽(ルイス・クー)、ちょっとボケ気味の母親、?文慧(ウォン・マンワイ)、それにライバルの麻雀大師、劉青雲(ラウ・チンワン)などなど。
脇役はトー組の皆さん勢揃い。

で、ラウちん、B-BOYですよB-BOY!(爆)しかもファザコン!(パパは王天林/ウォン・テンラム)
その上、人のものがなんでも欲しくなるおこちゃまなキャラ。
バカですね〜(褒めてます)
でもラッパーの格好、意外と似合うような気がする。またやってみて。(願)
151

ペンダントの字は『發』をかたどってるの。うふ。
麻雀のルールを、日本式だのアメリカ式だのと語って聞かせるところが『忘れえぬ想い』でミニバスの運転指南してた時のようでした。
うんちく語らせれば香港一(笑)

しかし、それ以上にハジけちゃってるのが梁詠[王其]
コスプレ、アフロカツラ、つけチチ、とアイドルなのにここまでやるのかってぐらい変な格好を見せてくれます。

正直アンディさんに周りに負けずにもうちょっと弾けて欲しかった(『トリック大作戦』の頃のようなことはもうしないのか…)のですが。

あと、個人的に残念なのは私がまったく麻雀のルールを知らないので、役の名前とか出てきてもそれがどれぐらい凄いのかとかがチンプンカンプンなことでした。
知ってる人はもっと面白いんだろうなぁ。

ラスト、なぜか砂浜で大勢が並んで麻雀を…
どっかで見た光景だ〜しかも流れるの歌詞は違うけどメロディが『男兒當自強』(黄飛鴻シリーズの主題歌)じゃないですか(笑)

トラックバックURL

この記事のトラックバックURL

この記事へのコメント

これって、ジョニー・トー&ワイ・カーファイだったんですね。
ラウちんが麻雀について蘊蓄を語るのですね。
しかも最後が「男兒當自強」とは。
…むらむらと観たい気持ちがこみ上げてきました。
それにしても、最近ラップづいてますね>ラウちん。

1. Posted by きたきつね 2006年08月19日 10:48

私もまた見ちゃった。あのラストシーン、バカバカしくて大好きです。
ラウチンてやっぱ「THE BOOM」の宮沢和史に似てますね。ハラショーとりよんの2ショットも見たいけど、このお2人も並べて見てみたいかも。

2. Posted by KIKI 2006年08月19日 14:01

このラウちんが実は一番好きかもしんない(笑)
きちんと赤の勝負パンツ履いてるとこが可愛い。
これ見たら無性にさとうきびをかじって“ぷぅ〜っ”と吐き捨てたくなるのは私だけでしょうか?
マージャンは日本式は複雑で融通がきかないけど香港式なら割と簡単ですよ。

3. Posted by maiko 2006年08月19日 15:22

>きたきつねさん
スタッフもキャストもトー組勢揃い、なのにこのバカさって…(褒めてます)
ラウちんのうんちく語りはもう芸の域に達してますね。
本人も意外と理屈っぽいしな〜(インタビューとかを読んだ印象)

>KIKIさん
私も並べてみたいです<ラウちんと宮沢和史
香港明星そっくりさん大会とかやってくれないかしら。

>maikoさん
わたしもこのラウちん好きですよ〜可愛いっすよね。
麻雀…そんなに国ごとにルールが違うなんて〜花札なら出来るのに。

4. Posted by KEI 2006年08月20日 02:10

この記事にコメントする

名前
メール
URL
  • 情報を記憶:
  • 評価:

ページトップに戻る▲