ナチョ・リブレ

  • author: driftingclouds
  • 2006年11月27日

c8629895.jpg
Nacho Libre
監督:ジャレッド・ヘス 2006年 アメリカ

先日『クリムト』を観に行ったところ、半分以上爆睡してしまい「どうせ、私にはこんなおハイソな芸術映画より、おっさんが牛刀持って殺しあう映画の方が似合っているのよ」とやさぐれた気持ちになった今日この頃。いかがお過ごしでしょうか。

映画祭だなんだでさっぱり劇場で観た映画のこと書いてないのですが、思い出しつつちょっとずつ書きます。(もちろん「クリムト」の感想はナシ)

前回の映画祭以外の感想が『スネーク・フライト』で今度は『ナチョ・リブレ』かよ!とお思いでしょうが、ええ、そういう人間です。

ジャック・ブラックの個性は、はた迷惑な人、を演じた時に最大限に発揮されると思うのです。
「ハイ・フィデリティ」「オレンジカウンティ」「スクール・オブ・ロック」と、近くにいたら絶対嫌なやつ、が傍若無人に振る舞うのが面白かったんだよね。
その彼があの体型で、タイツ履いてプロレスラー、それはもう期待大だったんですのよ………なのに…あ〜あ

もともとこの映画には元になった実話がありまして、それは結構感動的なお話だったりするのですが(これが載っていたFテレビのサイトはもう無くなってるけど「フライトルメンタ」でググるとまだキャッシュが見られるかも)、この映画はそれを中途半端にアレンジしてしまったのが敗因のような。
元の話をとどめないくらい徹底的にギャグに徹するか、もっと忠実にやるかのどっちかにした方が良かったと思いますよ。

それに「Napoleon Dynamite」(邦題は恥ずかしいから言わない)で名を馳せたジャレッド・ヘスのゆる〜いオフビートさとはあまり相性が良くないみたい。
彼の場合はもっとアグレッシブな人の方が合ってると思う。

メキシコのいいカオしたおっちゃんたちとか、子供たちとか面白くなりそうな要素はいっぱいあるのにそれも上手く活かされてないのが残念。
相棒のヤセのキャラは良かったですけどね。

あれこれ文句を言うのも、期待してるからなんでそこんとこよろしく。
次回作の『Tenacious D: The Pick of Destiny』が楽しみだ〜(って日本で公開されるんだろうか?)

トラックバックURL

この記事のトラックバックURL

この記事へのコメント

もう読んでる最中、頭がちぎれんばかりに、うんうんと大うなづきで、感想を拝見させていただいておりました。
やっぱジャレッド・ヘスとJBの相性がちょっといまひとつでしたよね。いいとこもあるのになにかが惜しい、みたいな。

わたしも公開を祈りながら
『Tenacious D: The Pick of Destiny』に激しく期待ですわー。

1. Posted by hachi 2006年11月28日 02:14

私も、hachiさんの感想をむち打ちになりそうなくらい、頷きながら読みました。
面白さの質が違うんですよね、この二人は。
「それぞれのいいところを消しあっっちゃってる」激しく同感です。
『Tenacious D: The Pick of Destiny』楽しみですよねぇ、買ってぇ買ってぇ〜!>配給会社さま

2. Posted by KEI 2006年11月28日 22:54

この記事にコメントする

名前
メール
URL
  • 情報を記憶:
  • 評価:

ページトップに戻る▲