デスノート the Last name

  • author: driftingclouds
  • 2006年12月03日

a8922bea.jpg
監督:金子修介 2006年 日本

えっと、実は前編も劇場で観ています。感想を書かなかったのは、正直面白くなかったからです。
その後原作を一気読みしたので、後半は観なくてもいいかなぁと思っていたのですけど、どうやら後編の方が評判がいいらしい、というので観に行くことにしましたよ。

確かに後編の方がずっと面白いです。
原作は後半になればなるほど新キャラが大勢出て来て人間関係も複雑になり、さらにノートの方もいろんなことになって複雑化していくので、これをどうやってまとめる気なんだろうと思っていたのですけど、かなりはしょって月とLの対決に絞ったのが良かったですね。

映画では月もLもかなり人間臭く設定されていて、それが前編では弱点に、後編では長所になったと思います。
藤原君の大芝居も後編の方が映えてたし、Lのキャラクターにユーモアの要素を加えて、非常に魅力的なキャラにしたのは松山君の功績でしょう。
Lの巨大みたらし団子と、ういろう一気食いはちょっと真似してみたかったり…(やめなさい)

ラストもあの展開ではあれしかないでしょうね。実は最後にリュークが書く名前が違うのかと期待してたんですけど。さすがにそりゃないか。

ただ、藤原竜也、鹿賀丈史、松山ケンイチ以外の俳優の演技はもうちょっと何とかならなかったんかと…
あ、藤村俊二も除く。

トラックバックURL

この記事のトラックバックURL

この記事にコメントする

名前
メール
URL
  • 情報を記憶:
  • 評価:

ページトップに戻る▲