ナイト・ミュージアム

  • author: driftingclouds
  • 2007年04月26日

224以前、自然史博物館に行った時の写真。

実物と映画はちょっと違うと思う。
撮影の許可が下りなかったため、博物館内部はすべてセットなんだとか。

Night at the Museum
監督:ショーン・レヴィ 2006 アメリカ

明日が終われば休みだ〜!ああ、怒濤のようなこのひと月であった…
というわけでちょっと時間が出来たので、終了間際の駆け込み感想。

なんといっても、ベン・スティラーが困った顔してあたふたしているというだけで楽しいわ〜
それにオーウェン・ウィルソンのボケが加わればもう言うことは無い、と。
ファミリー向けなので、毒気は無いんだけど、このぐらいのゆるさが疲れた頭には心地よかったですわ。

あとはでっかいあのコが可愛いとか、アッティラがお茶目さんだとか、ネアンデルタール人が不憫だとか…

ディック・ヴァン・ダイクやミッキー・ルーニーの登場は嬉しいけど、あの役柄はどうなのかなあ〜
でも最後にちょっとステップ踏むところで、きゃっ(嬉)と思いますた。

最後、事件が解決して、みんなも静かになってめでたしめでたしなのかと思ったら、違う方向へ行くのが良いね。セプテンバー、サイコー!

トラックバックURL

この記事のトラックバックURL

この記事にコメントする

名前
メール
URL
  • 情報を記憶:
  • 評価:

ページトップに戻る▲