天然コケッコー

  • author: driftingclouds
  • 2007年08月07日

監督:山下敦弘 原作:くらもちふさこ 脚本:渡辺あや 2007 日本

くらもちふさこ、渡辺あや、というガーリーの巨頭みたいな二人に山下監督がどう挑むのかというのに興味津々でした。
あ、私、原作は未読です。くらもちふさこは「いつもポケットにショパン」とかまでは読んでたんだけどなあ。

同じような過疎の村を舞台にしていながら、前作の『松ヶ根乱射事件』の毒々しさとはうってかわって、この映画の村はまるで桃源郷のごとく美しく描かれていて、わざとやってんのか?と苦笑したくもなる。

その美しい村を舞台に、小中合わせて全校生徒たった6人の分校に通うそよ(夏帆)と東京からの転校生、大沢(岡田将生)との初恋未満の感情を中心に据えて紡いでいったおよそ1年半の物語。

そよを演じた夏帆がとても良い。
『リンダ・リンダ・リンダ』のドゥナたんと同じく、天然なボケっぷりと、少女らしい繊細さが同居している。
素直に思ったことを言ってしまい「自分は嫌な人間じゃろうか?」と悩む姿が微笑ましくてかわいらしい。

思うに、山下監督って、少女を”萌え”で撮らない人だよね。
『リンダ・リンダ・リンダ』でも、この映画でも、少女に過剰な聖性みたいなものを求めがちな他の男性監督と違って、彼女らのあるがままの姿を、違う種類の生き物として観察しているって言ったらいいのかな?
その距離感が、私にはとても心地よく感じられる。
過剰に意味付けされた少女たちよりも、そういう彼女たちの方が遥かに可愛らしい、と、私は思うよ。
監督のそういう観察眼みたいなものは、題材が冴えないダメ男だろうと田舎の変な人達だろうと、少女たちだろうと、一貫して変わってないように思える。
そういえば、私が監督の映画で唯一観ていない例の『くり○むれもん』(検索に引っかかると面倒なんでね〜)って、”萌え”の最たるものだよね。あれっていったいどうなっているのかしら?今度観てみなくてわ(でも、レンタルするの恥ずかしいなぁ)

他の子供たちもそれぞれに素晴らしく、出番は少ないながら存在感のある佐藤浩市や夏川結衣も良い。

美しい風景と、子供たちの生き生きとした表情がなによりのごちそう。
淡々と流れる時間に心地よく浸り、ラストの長廻しの美しさにはしびれた。

トラックバックURL

この記事のトラックバックURL

この記事へのコメント

山下監督、大好きです。
『リアリズムの宿』の頃でしたか、日本のカウリスマキとか言われてましたよね(私はちょっと違うとは思うのですが)。
ただ、現実を見る目線が、普通にまっすぐなのが似ているかも知れません。
変に格好つけてないというか。

『天然コケッコー』ぜひ、観に行きたいと思います。
山下監督も、夏帆ちゃんも大好きだし、それから予告で廣末哲万監督が出ているのも発見してしまったし。

ところで、山下監督の『子宮で映画を撮る女』ってご覧になったことありますか?
大爆笑です!

1. Posted by kyon 2007年08月07日 22:43

>kyonさん
長いこと放置プレイですみません…
日本のカウリスマキと言われてたのは、『ばかのハコ船』あたりからだと思います。
私も、ちょっと違うんじゃないかな〜と思いますけどね。

>『子宮で映画を撮る女』
うわ、知りませんでした。kyonさんお詳しいですね。
調べたら12日にuplinkで上映がありますね。
行けるかな〜?微妙だ…でも観たいな〜

2. Posted by KEI 2007年08月11日 01:31

この記事にコメントする

名前
メール
URL
  • 情報を記憶:
  • 評価:

ページトップに戻る▲