THREE 臨死

  • author: driftingclouds
  • 2004年05月28日

three


韓国、タイ、香港の3人の監督によるホラーオムニバス。

1話と2話があまりにもつまらなくて、少々観に来たことを後悔したりもしたんだけど、3話目が良かったのでプラマイゼロ(やや+)かしら。

その3話目はこの映画のプロデューサーでもある陳可辛(ピーター・チャン)が監督。

寂れた団地に息子とともに越してきた警官のチャン(曾志偉 エリック・ツァン)、もうじき取り壊しになるその団地に残っているのはファイ(黎明 レオン・ライ)という病気の妻と幼い女の子を抱えた男ぐらい。
ある日、いなくなった息子を捜してファイの家を訪れたチャンが見たものは…

最初の2本はホラーということにこだわりすぎてて、道具立てをそろえるだけで終わってしまっていたんだけど、これはそう言う枠を超えて夫婦の愛の物語になっているのがみそ。
私、レオン・ライってちょっと苦手なんだけど、この場合はあの、何考えてるんだか表情に現れにくいところが、ぴったりはまっててよかったと思う。

それにしても客が少なすぎだよ…

トラックバックURL

この記事のトラックバックURL

この記事にコメントする

名前
メール
URL
  • 情報を記憶:
  • 評価:

ページトップに戻る▲