モンスター

  • author: driftingclouds
  • 2004年10月16日

公式サイト

実在した女性の連続殺人犯アイリーン・ウォーノスを大美人のシャーリーズ・セロンがブスメイクで演じ、アカデミー賞を獲得。

監督はこれを「愛されることなく生きて来た女性が、はじめて愛を知り、それを手放すまいとして破滅へ進んでいく物語」として描いている。
シャーリーズ自身「一歩間違えば自分もこうなっていたかも」(彼女の体験したことについてはあまりにも有名なので略)という気持ちがあったのか、醜く増量した身体を惜しげもなくさらし、文字通りの体当たりの熱演。
それもあって、彼女の境遇には同情もしたし、愛する人に裏切られた時の気持ちはいかばかりかと、胸が締め付けられる思いもしたんだけど…

だけど、あまりにも彼女が社会の被害者であるという描きかたには疑問が残った。
同じような境遇でも、真面目に歯を食いしばって生きている人たちは大勢いる(というかそっちが大多数)なわけで、その差っていったいなんなんだろうと思ってしまうんだよね。
監督は意図的にその疑問には目をつぶっているみたい。
テーマが違うといってしまえばその通りなんだけどさ。

クリスティーナ・リッチは一見受け身で弱そうなんだけど、実は狡猾でしたたかな女を演じてて猛烈に上手い。
アイリーンに「私のこと守ってくれるって言ったじゃない」といいながら、ちょっと上目遣いに見上げる目つきとか、うわあ〜って感じだった。


参考までに、実際の事件はこんな感じだったらしい。

http://profiler.hp.infoseek.co.jp/aileen.htm

トラックバックURL

この記事のトラックバックURL

この記事にコメントする

名前
メール
URL
  • 情報を記憶:
  • 評価:

ページトップに戻る▲