エレファント

  • author: driftingclouds
  • 2004年06月03日

elephant

ありふれた高校の、ありふれた一日。

何度も繰り返される、それぞれの日常…ある者は家族との関係に悩み、ある者は友達とのたわいもないおしゃべりに興じ、ある者は将来の夢のための作品作りを、大きすぎる自意識に苦悩する者…

終わりなき日常の一部に過ぎなかったはずの日は、誰もが忘れることの出来ない日に変わる。

銃がインタネーットで簡単に手に入るから?テレビゲームのせい?苛めのせい?
破壊をもたらした者たちになぜ?と問うてみても、彼らすら答えは知らないのではないか。

他の日と同じく空は美しく、澄み切っているけれど、死んだ者はもちろん、生き残った者にとっても、もうどうしようもなく変わってしまった世界を前に、呆然とするしかないのだ…

トラックバックURL

この記事のトラックバックURL

この記事へのコメント

管理人さん、こんにちわ。

私も彼らは自分のとった行動の意味すらわかっていないと思います。
わかっていないと言うか・・・ただ「やりたいようにやった」結果があれだ、と。
美しい空の下でそれぞれが過ごした時間が一瞬だけ重なって
あの事件の被害者となり加害者となり・・・そう思うと私も呆然としてしまいます。

1. Posted by るるる@fab 2004年06月14日 20:18

この記事にコメントする

名前
メール
URL
  • 情報を記憶:
  • 評価:

ページトップに戻る▲