カンフー・ハッスル@東京国際映画祭

  • author: driftingclouds
  • 2004年10月31日

昨日はオーチャード・ホールにて周 星馳(チャウ・シンチー)の新作『カンフー・ハッスル(功夫)』を観てきましたよ。
今回は未だ香港でも上映されていない段階での上映とあって、盗撮対策として荷物チェックと金属探知機でのチェックありという厳戒態勢でした。
それなのに、入り口で没収されたカメラやビデオに混じってなぜかモデルガンが。なにがしたかったんだ?
まずはシンチーの舞台挨拶から。
黒づくめの集団のへたくそなダンスのあとシンチー登場。映画の中でも着ていた白の上着に濃いグレーのズボンという「ドラゴン怒りの鉄拳」でのブルース・リーと同じ衣装でした。
インタビューは何しろ司会が襟川クロなので通り一遍のことしか聞けずいまいちでしたが、フォトセッションのときに、何かポーズをと言われて功夫の型をしてくれましたよ、いいひとだ〜
それにしても、ますます髪が白くなったなぁ。

さて、映画の感想ですが、これはもう最高ですとしか言えません。あんまり内容は言わない方がイイと思うので。
シンチーのブルース・リーはもちろん、すべての功夫映画への愛とリスペクトが詰まった傑作だとだけ申し上げておきましょう。
もちろん爆笑につぐ爆笑の嵐で、お客さんもコアなファンが多かったせいか一般的にはどうかな?と思うとこでも笑いがおきてたのがさすが。

特に、子供の頃ブルース・リーを夢見て、通販で指南書を買い練習に励んだ男子の皆さんは必見ですよ、必見。

私も公開されたら絶対また観に行くつもりです。

トラックバックURL

この記事のトラックバックURL

この記事にコメントする

名前
メール
URL
  • 情報を記憶:
  • 評価:

ページトップに戻る▲