Emir Kusturica & the No Smoking Orchestra Live in JCB HALL

  • author: driftingclouds
  • 2008年06月27日




私の生涯ベストワン映画『アンダーグラウンド』の監督、エミール・クストリッツァの初来日が映画監督としてじゃなくてバンドのライブだってことが可笑しくてしょうがない。
だっていかにも彼らしいじゃないの。

あ〜もうホント最高でした!
2月にジェイのライブを見た時に、もう今年はこれ以上のライブに出会う事なんてないような気がする…と思っていたのですが、それに勝るとも劣らない素晴らしいライブでしたyo!
推定平均年齢50歳超のオヤジたちなのに、なんであんなにパワフルなんだ。

実は、やや二日酔いでヨロヨロしていた私、始まる前はついていけるのかしら…と不安だったものの、始まってしまえば、そんなことも忘れ踊りっぱなし。
心地よい汗と共に、アルコールも流れ去ったのでした。
きっと、筋肉痛は明日あたり出てくるでしょう…(汗)

聞けばこの2日前には韓国でライブ、さらにもう29日はオーストラリアでライブだそうじゃありませんか。
何ですか、その超過密スケジュール。それであんなパフォーマンスが出来るなんて、ホントにこのオヤジたちは元気すぎます。やっぱり肉喰ってる連中は違うのか。
会場を縦横無尽に駆け回るボーカルのネレ、超絶技巧(?)のバイオリン、くるくる回る電飾ギター、楽しげにギター弾くカンヌパルムドール2回受賞の監督。

イヤもうホントに楽しかったあ!の一言です。
また来てね〜
ついでに、パンクオペラ『ジプシーの時』も上演して欲しい〜

あ、クストリッツァの新作『Promise Me This』は2009年公開だそうです。楽しみ〜
マラドーナのドキュメンタリはどっか買ったのかな〜?