2008年11月24日

そして神戸3

♪神戸 泣いて どうなるのか〜♪

代表帰りの今野は迷い、らしくない汚いファールを繰り返す。梶山は"旅人中田"ばりの相手を思わないパスを繰り返す。東京の肝である中盤がユルユルだからキムや大久保を自由にさせ、神戸にゲームを完全に支配されていた、前半でよく1失点で済んだという感じ・・・。

今野・梶山・徳永だけでなく全ての選手(羽生は孤軍奮闘していたが・・・)が硬かった、これが優勝へのプレッシャーなのかも・・・?。後半に入り少しずつペースを上げていった東京、大竹が入ってからは更に東京らしさが出て来た。

小さな大竹が当たり負けせずにがむしゃらに突き進んでいく、今野も梶山も徳永も本来のプレーを取り戻してきた。
前線にボールが繋がるようになりカボレのゴールが決まったあとは逆転の雰囲気がプンプンに・・・。

それでも逆転は出来なかった、神戸の選手達も勝利への執念を絶やさなかった、両チームとも死力を尽くした戦いだった。勝てなかったけど、鹿の尻尾はかなり遠くに行ってしまったけど、気分は悪くない、そんな遠征でした。


でも、「平山さ〜、あそこで胸トラップは無いでしょ・・・」。

屋根の蛇腹が素敵な神戸ウィングスタジアム、個人的にはこのスタジアムを飛田給に持って帰りたいです。
ウィングスタジアム







東京からは多数のサポが御来場、指定席もギュウギュウでした。試合後の南京町も東京サポだらけ、サッカーって景気対策には良い手段だと思います。
G裏







両チームとも死力を尽くした戦いの後。来場者は13000人ほどだったけどもっと観客が入っても良いはず、神戸のサッカーの質もスタジアムも悪くないんだから・・・。
試合終了







優勝は厳しくなったけどこの先も勝ち続けて何らかの"タナボタ"を期待しましょう!!。
整列







♪そしてひとつが 終わり
そしてひとつが 生まれ♪

いや、まだ終わったわけではない!!。  

Posted by drkato at 10:31Comments(2)TrackBack(0) FC東京 | サッカー

2008年11月23日

神戸3

334d1782.jpg残念ながら引き分けでした、前半の選手達は堅かった〜、これが優勝へのプレッシャーってやつですか?。

まあでも(泣)。楽しめました
  
Posted by drkato at 16:05Comments(0)TrackBack(0) FC東京 | サッカー

2008年11月17日

白鳥を取りに鳥取へ4

飛行機で行こうか迷ったけど結局は新幹線の姫路経由で鳥取に行ってきました、例年より若干早い天皇杯第5戦地方巡業の始まりです。
自宅からはるばる6時間の旅、車中で寝るのは2時間が限界、ちょっとばかり腰も痛くなりました・・・。
鳥取駅








初めて訪れた"とりぎんバードスタジアムです、スタジアムと言うよりサッカー場と言った方が良さそうだけど?。スタジアムの周囲は田んぼだけ、申し訳程度の駐車場はありますがそれ以外の施設はありません・・・。
とりぎん1とりぎん2








東京からのサポはバック、メインも含めて約500人程、新潟サポは300人程度かな?。さすがにココまでは遠いですよね・・・。とりぎん3とりぎん4







試合
小さいけど専用なのですごく見やすいスタジアムです、ただガイナーレがJ2へ昇格した時には食事などのホスピタリティーの改善は急務ですね。





この試合塩田と北野のユニが同じ色でした、同じアディダスだから普通は色違いにするのだろうけど審判団のユニが黒なので他に選択の余地が無かったようです。
終了








試合後の挨拶にナオは出て来ませんでした、フルスピードで抜け出そうとした時に新潟の内田にモモカンされた模様です、帰りも松葉杖を使っていたらしいのでちょっと心配です・・・。
モニは何食わぬ顔で挨拶に参加、もっとカラダを鍛えてねw。
挨拶








さて、今週末は神戸です、また同じ路線に乗るかと思うと少しばかりゲンナリ・・・。
でも、頑張って行こうかな?。  
Posted by drkato at 21:47Comments(0)TrackBack(0) FC東京 | サッカー