May 2006

May 29, 2006

ラダー走ってきましたよ!5

97aed109.jpg5月27日〜28日、かなり久々にレースに行ってきました。
これまで何度か話題にした第11回ルイガノカップ。

何を話題にしたかったかって、そりゃぁ
「ラダーがスゲェ!」っていうことでございます。
数百メートルラダーですよ。
コースの距離は600mとかなりショートコースなのですが、そのうちのかなりの割合がラダーとなっていました。

これはすごい!

制作&管理は本当に大変だと思います。
楽しいコースを作るために労力をいとわず頑張ってくれた方々には感謝です!

louiscup02

ルイガノカップの下り系カテゴリではDHと4X、2回走る形式となっており、
・予選(午前):ラダートレイルのショートDH
・決勝(午後):4X形式の勝ち残り
の2本立てとなっております。

金曜仕事終了後クルマを飛ばし、朝6時頃に会場の静岡富士宮市「ふもとっぱら」に到着。おぉ・・シトシトと雨が降ってます・・
超マッドコンディションは確実ですね(涙


7時半頃から試走が出来るってことで2本ほどラダートレイルを試走。
スタート地点までは自走で上がります。

斜度が緩いのでスタート地点までの自走もそれほど大変ではありませんが、コースの斜度も緩いので、コースはかなり「コギ」が必要です。
斜度の急なラダーってのも危険すぎるので、これぐらいが丁度良いと思いますけどね。速く走ろうとすれば体力が必要です。


06louiscup03

ラダーは低めに設定されており、初心者の方でも走ることができます。
アップダウンや左右のバンク、ちょっと一本橋など、うまいこと変化をつけて作っています。かなり面白いです!

本番では結構疲れるぐらいコイでいたようです。途中ちょっと登り返しでツまったのですが、コースの周りには観客もちょこちょこいて「ほれコゲ・コゲ!」みたいに言われてしまうのでサボれません(笑
観客の皆様、応援ありがとうございます。

疲れながらもなんとか走りきってゴール。
他の人の走りも見たかったのでちょっとクールダウンがてらコース脇を歩いて登って行こうかなと歩き出したのですが・・・
太もも筋肉がウゴきません!
まぁ、情けない!!
一睡もせず、メシも食わずでは仕方が無いか^^;
午後は4X、1発目でスタートのタイミングが合わず、あっさり負けてしまい終了。

06louiscup04
ラダーは本当に面白いですね。
この「ふもとっぱら」のラダーコースは常設コースとしてレース後も残して行くことになっています。
それどころか、あと数コース、難易度別にコースが増えていく予定とのこと。
ここまで凝ったコースを持ったところは無いと思うのでちょっと注目ですね。


自転車ブログの人気ランキングにD-yamaも参加しましたよ〜^^ 今日は何位かな〜?


drop.off at 13:02|Permalink自転車・マウンテンバイク関連 

May 19, 2006

超モバイルなパソコン VAIO TYPE U5

344a083e.jpg久々にかなりの物欲です!
最小のPCでソニーのVAIO TYPE U というやつが販売されるみたいですね。

私は家や出張ではIBMのB5サイズのノートを持ち運んで使用しているのですが、最近のものは軽くなりましたし、無線LANとかも便利ですし使い勝手には全く不満は無いのですが・・・
ノートパソコンというのはいちいち机に置いて・開いて・電源入れて、という動作が必要になります。
たまに電車の中でノート開いて何やらヤってる人も居ますが、アレはダサいですしね・・新幹線のように落ち着いて長時間乗る場合は良いんですけどねぇ
普段でもちょこっとメールとかをチェックしたい時って結構あるんですよね。

ph_05ph_06



そこで登場したのがこの「VAIO TYPE U 」
文庫本サイズで別に机が無くても簡単に素早く取り出せます。スバラシイ
重さは520g 軽いじゃないですか!
この小ささで普通のPC並の機能です。OSはWindows XP
キーボードはスライド式、液晶部分を押し上げると同時にスタンバイや休止状態から自動的に復帰。また暗い場所でも入力しやすいよう、OPEN時にはキーが自動発光するとこのと。
このあたりは携帯電話と似ている感じですね。基本はマウス操作ではなくペンで操作。

もちろん無線LANも使えますし、CF(コンパクトフラッシュ)カードスロットにCF型のPHS通信カードとか挿して使うこともできます。
メールのチェックはもちろん、海外に居る時には日本との通信にスカイプを多様するのでそういう時にも非常に便利です。
カメラ機能までついちゃってます。
そのまま動画や画像を取り込んだり、それをすぐにメールしたりブログにアップしたりということもできちゃうんです。
別売のGPSを付ければナビもできるようですし、BLUETOOTHのオーディオコントローラーかイヤホンか何かをつけていればカバンの中でPC動かしつつ音楽を聴くこともできちゃうってことですよね。
普段持つにも仕事で使うにも、とにかく便利。手帳代わりと言っても良い大きさです。
新聞読んだり本読んだりって時もネットからこれにデータ入れておけば良いワケですよね。

標準バッテリーで3.5時間、大容量バッテリーで7時間ぐらい動くらしいです。
ハードディスクは30ギガあれば十分。

今までのノートPCなどとは違ったコンセプトのモバイルPC、こんなの持ってしまうと便利すぎて離れられなくなるんじゃないか(笑
本当に欲しい〜!欲しい〜!

vaio_type_u_486_80


drop.off at 12:45|Permalink気になるモノ・おすすめモノ 

May 06, 2006

NWD 6 - UNCHAINED5

d0d3294c.jpgマウンテンバイクビデオで最も凝ってて過激でインパクトの大きいシリーズといえば
freeride entertainmentっていうメーカーから販売されている「NEW WORLD DISORDER」シリーズ!

今回手に入れたのは「NWD 6 Unchained

このシリーズは必ず毎回購入しているのですが、ようやく買ったよ・・といったところ。

動画は必見です↓えらいことになってます!
動画→・NWD 6 Unchained For Quicktime 6 20.4MB

フリーライドの技というか、ライディングの進化にはもう・・・ただただビックリするばかりですね。
自分のマウンテンバイクライディングのためには本当に参考になりません。
ヤバすぎます。無理!(笑
飛び降りやバックフリップは当たり前!
めちゃ高いラダーからドロップしながらテールウィップ、360など飛び降りながらナニかやる。飛びながらなにかやる。
最近はますます無茶な場所で走る上に、テクニック、危険度もアップしてきてますね!

どのように撮影しているのかわかりませんが、映像の編集もお上手!キレイ!
スピード感もあってとても良い感じ

トレイルでのフリーライドや飛び降り、アーバンライド、パークにと、ライディングの幅も広いです。まさにルール無用のフリーライドエンターテインメントです。
現在のフリーライドの流れはこのDVDを見れば完全に把握することができます。
フリーライド好き、ダウンヒル好きはもちろん、トライアルライダーやアーバン・ストリート系の方も必ず見た方が良いですね。
純粋にスポーツビデオとして誰が見ても面白い作りになっていると思いますよ〜

「NEW WORLD DISORDER」シリーズは絶対にハズせないDVDなのです。必見!

000001






002003






004005







■メーカーコメント

前作の逃亡劇は終ってはいなかった!
逃亡の果て、絶壁から飛び下りる衝撃的なカットで始まる今回の NWD6 『UNCHAINED』。
Megadeth の Symphony of〜 の BGM にノせ、技の百科事典 Berrecloth から、Carlin Dunne の高速 F.Ride、John Cowan の BMX トレイル、24 モヒカン野郎 Wayne Goss のアーバンと N.S、Richie Schley と Wade Simmons の N.S と F.Ride、Cam Mccaul の F.Ride ブーター、Cedric Gracia の爆走アンデス F.Ride、Cameron Zink 散りメインダート、ランページから Kyle Strait、Geoff Gulevich の N.S 追撮り、Jarred Gatzka の入り込みの激しいひねり系、Matt Brooks のワイヤーワーク、Thomas Vanderham の特設ステージでの高低差、Kirt Voreis の進化、アンスラがハマる Aaron Chase、久しぶりのトラテクを活用した師匠 Jeff Lenosky、他に真似出来ないトビの Robbie AIR Bourdon、トリの大役を見事こなしたアーバン界の戦慄 Paul Basagotia といった、大所帯19人のビデオスターが魅せる、踏み止まる事のない NWD の60分+ボーナスディスク付のトータル2時間。
※本編に収まり切らない Timo Pritzel のベルリンの壁超えは Disk 2 に収録。


■ HI-SOFT ■
私がお世話になりまくっているDVD&CDショップ
マウンテンバイクのDVDが豊富、BMXやスノボなどアクション系DVDが豊富に揃うかなりROCKしちゃってるショップ。
DVDの他パンクやヘヴィー系などのロックなCDから、ヘンテコな雑貨まで(笑


自転車ブログの人気ランキングにD-yamaも参加しましたよ〜^^ 最近は100位ぐらいをうろうろ・・?
更新サボりすぎたか


drop.off at 17:00|Permalink自転車・マウンテンバイク関連 

May 04, 2006

ウェブ制作 「VELO saddles.jp」

5a49cbc4.jpg最近ウェブ制作の仕事は激しさを増しています^^;
本当に大変ですが、良いことです!

さて今回制作したサイトはスポーツサイクルのサドル専門メーカーVELOの日本サイト

VELO saddles.jp

VELOは台湾のサドルメーカーなのですが、イタリア系のメーカーに比べるとどうしてもデザインやブランドイメージでちょっと弱い感じ。

しかし、実際は技術力やクォリティーは非常に高く、世界の有名サドルメーカーのほとんどはVELOの工場で作られているというのも事実です。

VELOの本社の意向として、もっと自社ブランドイメージを上げて行きたいというのがあるらしく、その意向を汲んで今回日本で展開する VELO saddles.jp はサドル自体のデザインにも高級感を与えるため日本オリジナル企画で展開。

velo02velo03




今回このVELO saddles.jpの企画ではウェブサイトの企画・デザインだけでなく、サドルデザインの表面素材やカラーの選定、モデル名の決定などにも携わりました。
他にメーカーには無い独特の高級感と高い性能、そしてナイスなコストパフォーマンスを実現いたしました。

以前このブログで、仕事で台湾に行った ということを書きましたが
実はその時このサドルのデザイン決定するために行っていたワケです。
 January 26, 2006 自転車の国?台湾

ロードバイク用サドルに女性用サドル、シルバーでビッカビカのDHサドル(最高速DHライダー・スティーブピートが使用していたVELOのDHサドルのデザイン改良版)、そしてこのVELO saddles.jpのサドルで最も注目のモデルは今回新開発されたマウンテンバイク・クロスカントリー用のサドル「Panther」。

velo04velo01





サドルのトップ(先っちょ)に衝撃吸収の優れたゲルパッドが入っていて、登りでサドルがオケツに突き刺さるような場合でも不快な感覚を和らげるようになっています。形状もコギの入れやすい幅と形で、XCだけでなくトレイルライド、フリーライド、4Xと幅広い用途で使えます。

私の新車COILAIR号にもこのサドルをインストールする予定です^^

ウェブサイトから直接注文することも出来るので、店を探しても見つからない場合もウェブから簡単に購入できるというのも長所。

あぁ・・早くニューマシンにこのサドルをインストールしたい。


自転車ブログの人気ランキングにD-yamaも参加しましたよ〜^^ 今日は何位かな〜?



drop.off at 14:50|PermalinkWEBデザイン・WEB制作関連 | 自転車・マウンテンバイク関連