2005年08月07日

アンチエイジング最強チーム

1ae5d4b4.JPG
昨晩は、森谷先生、榎本先生の本拠地、五反田はファーストメディカルグループで、新しいパンフの写真撮影兼ミーティングがあった。そして、アンチエイジングは“食”から。。。食の第一人者、カリスマ管理栄養士&栄養学博士の伊達友美先生も加わって賑やかなmtg.となった。
 
ファーストメディカルのチームには恵比寿アンチエイジングクリニックで、単なるカイロプラクティックではない、私と共同で開発したアンチエイジングのためのボディ・フレーム&フェイス・フレーム矯正を実践してもらっている。
 
自律神経系が支配する免疫−ホルモン−代謝も、筋・骨格系という舞台がしっかりとしたものでなければ、うまく働かなくなる。そして、骨格や筋肉のちょっとした問題も、QOLを確実に低下させエイジングに影響する。
 
一方、これまでの整体・カイロ、アロマやリフレなどの代替補完医療が日本の医学会でなかなか認められにくかったのは、きちんとした科学的評価に乏しかったからということがある。これからの21世紀型医療は統合医療的スタンスが重要である。その辺のアセスメントを、我々医師がきちんと行っていけばいいのである。最先端の現代西洋医学が大好きな“エビデンス(科学的実証)”を蓄積していけばいいのである(しかし、最近の医師が患者に対して、彼らが最も得意な「手当て」をしなくなってきているのは皮肉なことでもある)。
 
すでにこのチームが稼動して早一年。もうどこの追随も許さないと自負している。我々はパイオニアなのだ。新しくファーストメディカルのメンバーとなった新人さん達にもそんな話を少しさせてもらった。
 
もちろん、その後はごきげんな暑気払いとなったのは云うまでもない。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/drseye/29857541