2006年01月13日

「恐怖の食卓」ヨーグルトプチ断食

昨日、フジテレビ系列で「恐怖の食卓」第3弾が放映されました。その中で、前回の第2弾の時にも出られていた山下真司さんが、今回は私が考案した「ヨーグルトプチ断食」にトライするというのが紹介されています。

この件でのお問い合わせが多いので、特別にこのブログ上でお教えしましょう。ちょっと長くなりますが、興味のある方はお付き合い下さい。詳細は拙書「40歳からの週末リセットダイエット(海竜社刊)」をご覧下さい。|膿は身体に悪い?

●ダイエットと断食の関係
 いま断食がちょっとしたブームになっているようですが、断食(Fasting)には2つの目的があります。ひとつは「ダイエット」であり、もうひとつは身体の「浄化」「リセット」のためのものと。
 絶食系ダイエットは一時期やせても(体重は減っても)、結果的には筋肉を減らし、基礎代謝の低下を招いてリバウンドの原因となります。”食べない系ダイエット”の代表ともいえる断食ダイエットや半断食ダイエットでは、体重減少効果は確かにはっきりと出ます。しかし、多くの場合は本来身体に必用な水分や筋肉、骨まで失っていることが少なくありません。
 肥満の原因である脂肪を焼却させるためには、ビタミン、ミネラル、たんぱく質といった何種類もの栄養素が必要不可欠です。つまり、断食だけでは効率良く脂肪を燃やすことはできません。さらに、脂肪そのものが燃えてなくなり、その結果が体重に現れるにはだいたい開始後20日くらい経ってからです。
 ひとつの食材だけをとる単品ダイエットや断食ダイエットは、筋肉組織を減らしてしまう上に、その後のリバウンドも非常に多いのです。私としてはやってはいけないダイエット法の代表と考えています。

 

●自律神経の乱れがやせない身体に
 ダイエット法としての安易な断食には異を唱える私ですが、アンチエイジングのための健康法としては注目していますし、実際にアンチエイジングのプログラムの一環として週末の「プチ断食」を患者さんに実施してもらっています。あくまでも身体の「浄化」「解毒」「リセット」のためです。
 食事療法や運動療法だけでは、なかなかやせない人がいます。この「やせにくいタイプ」に共通しているのが、自律神経の乱れです。自律神経には活動モードの交感神経と、休息モードの副交感神経の2つがありますが、これらの切り替えやバランスが悪いと体重は落ちにくくなってしまいます。
 そのメカニズムを簡単に説明すると、やせるためには脂肪細胞に蓄えられた中性脂肪がまず分解され、遊離脂肪酸のかたちになります。この遊離脂肪酸が筋肉などで燃焼してはじめて脂肪細胞は減少してくるのです。このとき重要な働きをしているのがUCP(脱共役たんぱく質)と呼ばれる物質で、遊離脂肪酸の燃焼を促進する働きがあります。
 UCPと大きなかかわりを持っているのが交感神経です。交感神経を刺激しノルアドレナリンという神経伝達物質の分泌を促すと、UCPも増加し、脂肪を効率的に燃焼することができます。ところが、自律神経が乱れていると、せっかくのUCPが活躍することができず、脂肪が燃焼しにくい体になってしまうわけです。
 では、一体なぜ現代人は自律神経の乱れを起こしているのでしょうか。ちょっと立ち止まって周囲を見回せばすぐ答えはわかります。オフィスはもちろん、自宅、交通機関、行く先々の施設に冷暖房が完備し、特に都会では寒いときには暖かく、熱いときには涼しい快適な生活が提供されています。
 会社を一歩出れば、夜になっても不夜城のように明るい繁華街。昼夜を問わず煌々とした光の中にいると、交感神経が1日中休みなく働くことに。本来人間の身体は昼間の活力に溢れた時間帯は交感神経が支配し、日が暮れてからのリラックスタイムは副交感神経にバトンタッチされるよう仕組まれています。
 ところが、過度のストレスや不規則な生活などは、自律神経に本来備わった調子を狂わせてしまいます。われわれを取り巻く現代社会には自律神経を乱れさせる要因がたくさんあり、もし狂いが生じた場合は意識的に体内環境をリセットするような療法が必用になります。
 それが「週末ヨーグルトダイエット」、つまり「プチ断食」です。

 

◆崚垰垠晋郷諭廚鵬鶺△垢
●人間は飢餓に強く作られている
 日本は食糧の多くを輸入に頼っているにもかかわらず、街には食品が溢れ、ファーストフードの店が乱立しています。国連の「人間開発報告書」(1999年)によれば、最も裕福な国に住む世界人口の1/5と、最も貧しい国に住む1/5の収入格差は年々増え続け、1960年には30対1だったのが、1995年には74対1にまで広がったことが報告されています。
 いいかえれば世界の人口の1/5があり余る食糧を無駄にしているのに対し、1/5は地球上のどこかで飢餓に苦しんでいるということです。ここでちょっと考えてみてください。われわれの祖先たちはもちろん、人類の歴史は飢餓との闘いでした。
 200万年以上も前から、そのほとんどが飢餓との闘いだったのです。丸一日まともに食べられないなどは当たり前のこと。ひどいときには1〜2週間のあいだほぼ絶食に近い日が続くこともそう珍しいことではありませんでした。
 長く続いた狩猟時代はもちろん、農耕生活に入ってからも、天候や自然災害に左右される生活の中では、飢えは常にわれわれのとなりにあったわけです。胃袋が、すっからかんな状態はむしろ当たり前で、胃や腸といった内臓に常時食物や消化物が入っているという、現代人の状態のほうが人体にとっては異常なことなのです。
 200万年以上にわたって飢餓を生き抜いてきたわれわれ人類は、飢えとの闘いの中で飢えに強い形質を獲得してきました。満足に食べることができないような環境にあっても、生命を維持し、子孫を残すことができるよう身体は進化、適応してきたのです。
 つまり少量の食物から得られるエネルギーを、できるだけ効率よく体内に蓄えておくために、余剰なエネルギーはすべて脂肪という形に変える。それを皮下や内臓の周りに蓄えてしまっておくというシステムが出来上がりました。いざ飢餓が始まったときには、それをうまく引き出して生きるためのエネルギーとして使用してきたのです。
 日本の歴史を見ても、食べ物の心配をせず24時間いつでも口にすることができるようになったのは、わずか4050年のことにすぎません。飢餓のシステムが正常に作動していた時代には、脂肪として体内にエネルギーを蓄積しやすい人の方が、生命力が高く優れた資質を持っている人ともいえたわけです。

●小腹が空いた状態を意識的に作る
 飽食の時代になった今も、われわれの体内は飢餓時代のシステムが生き残っています。そのため、余剰な食物は脂肪としてせっせと蓄えられ続けています。その結果が生活習慣病などの病気を引き起こしていることは、誰でも理解できるはずです。
 では、どうするかというと、意識的に消化管が空になる状態を作り出してやることです。現代のような飽食の時代には、身体をリセットするために意識的に断食を取り入れることは、正しい生体内環境を作り直すための新しい健康法ともいえます。
 期間は48時間。丸2日で普通胃腸はからっぽになります。といってもまったく何も口にしないのではなく、固形物を食べないことを基本とします。胃や腸を少し休ませ、本来ならば人間という生物が常に感じていた「小腹がすいた」状態を身体と頭に再認識させるのです。
 この「プチ断食」はやせることが目的ではなく、なまっていた自律神経を活性化することが目的です。しかし、やせないまでも、人によっては溜まっていた疲労感から解放されたり、肌がきれいになったり、便秘が改善するなどの相乗効果が現れてきます。さらに小食癖がつくと、代謝レベルの改善が起きて、やせやすい身体になってくるのです。
 月に1度か2度の「プチ断食」は、体内をリセットし身体を内から若返らせるという意味でアンチエイジング・プログラムの重要な一つでもあるのです。
●「都市型原人」に回帰する
 断食はもちろん食事量を減らすと考えただけで、ストレスを感じてしまう人がいます。そういう人はちょっと立ち止まり、少し前のわれわれの祖先のことを振り返ってみることです。彼らは粗食が当たり前で、汚染されていない自然の食材とおいしい水で十分満足し、身体を惜しみなく使って生活していました。
 また季節による寒暖の差や、太陽の恵みを受けた昼と漆黒の闇が訪れる夜との格差。こうしたメリハリのはっきりした自然環境によって、人間の自律神経は鍛えられてきたのです。さらに自然の中で暮らす他の生物たちとの共存共栄は、生きる上で必要不可欠なことを知っていました。
 ところが、20世紀に入ってからの急速な文明の発達は、われわれの祖先が想像もしなかったような便利な生活をもたらしました。スーパーに行けば何でも食材が手に入り、自分の足を使わなくても車や電車、飛行機での移動が可能です。家には家事をこなす電気製品が揃い、夏には冷房が、冬には暖房が快適な環境を提供してくれます。
 もちろん電気の光で暗闇は遠ざかり、インターネットで24時間世界中とつながっていることも可能です。子供たちが紙でグローブを作って野球に興じたなどというのはいまでは昔話で、子供部屋はおもちゃや遊び道具で溢れかえっています。さらに自然と接する時間は都会人にとってますます減っています。
 こうした便利でモノの溢れた環境の中で、平均寿命は延びたとはいえ、寝たきり老人や痴呆老人が増えていることも現実です。美しく、カッコよく、健康に歳をとるためには、人生の早い時期での意識転換が必要です。私が提唱しているのは「都市型原人」になることで、都会に住みながら(今や便利さという点では地方も同じ)、月1、2回は意識的に「原人」の暮らしに戻ろうよというものです。
 この日だけはあえて文明の利器を手放し、われわれの身体に本来備わっている武器を最大限活用してみるのです。手を使い、足を使い、頭を使って、ちょっとの不便や不自由を逆手にとって楽しんでしまいます。週末に夫婦で「プチ断食」をし、これまで電車でしか行ったことのなかったとなりの駅まで散歩して自然との出会いを楽しむなんて、原人に戻るだけでなく、夫婦の絆を確かめる時間にもなります。
 文明のエスカレーターに乗り、何かに追われるように前に前にと進んできた現代人も、たまにはエスカレーターを下り、自分の生き方、考え方を見直してみることも大切です。ときには「都市型原人」に戻って、スローな生活を心身に思い出させることも若さを取り戻す鍵といえます。そのための「プチ断食」を紹介しましょう。

 

「週末ヨーグルト断食」の医学的背景
●なぜヨーグルト?
 断食は胃腸を休ませると同時に、普段の食生活で乱れている腸内細菌叢(フローラとも呼ばれ、同種の細菌が集団を作り分布している状態)を整えてやることができます。腸内細菌の善玉菌と悪玉菌のバランスを取り戻すのです。
 この際に有用なのがプロバイオティクス系のヨーグルトです。私のクリニックではダノンのBIOヨーグルトをすすめています。最近は各メーカーとも機能性ヨーグルトをたくさん販売していますが、ヨーグルトならば何でもというわけではないことに注意してください。
●「週末ヨーグルト断食」の様々な効果
 断食といっても固形物をとらないだけで、期間も週末の2日間だけ。非日常に身を置くことを、おもしろがることが大切です。月2回のペースで続けてみると、2ヶ月で3キロ程度は上手にやせることができます。上手にというのは、余分な脂肪を上手に燃やしてということです。
 さて、この断食による効果もなかなかのもの。医療の一環としてこの断食を実施してもらった患者さんが実際に体験した効果をあげてみます。
〇纏、家庭、余暇すべてに積極的になれる
⊃物本来が持つおいしさがわかるようになる
H茲譴砲くなる
ぢ里若返ったような気がする
ゼ己管理能力を身につけられる
Ε札奪スに積極的になれる(男の究極のアンチエイジング)
Ъ舛領匹た臾欧得られる
┠从囘である(洋服、医療費など)
 脱肥満を達成すると、以上のような心理的、肉体的変化が起き始めます。これまで惰性でなんとなく生きてきた時間をストップさせ、断食というかたちで身体をリセットしてやるだけで、誰もがリフレッシュすることができます。
 
現代社会に生きる人々の多くは不眠症に悩み、うつが「心の風邪」といわれるくらい身近なものとなっています。でも、心身のリセットというちょっとした心がけで、少しブレはじめた軸を元の状態に戻すことができます。心身の軸があるべきところにあると、人間は大抵のストレスもかわすことができるものです。
 人間も長く生きてくると、脂肪だけでなく、心配事や悩みなど精神にもたくさんの重荷を背負い込むもの。ところが「週末断食」をすると、そうしたものを全部帳消しにし「もう一度ガンバルぞ」という気分になるから不思議です。私のいう「ごきげん度」がアップするのです。
●「週末ヨーグルト断食」の臨床的効果
 この断食を続けていると、あきらかに肉体面でも変化が起き始めます。心理的なものは本人しかわからないものですが、「あれ、やせたね」「顔色がよくなったね」など、肉体的なものは他人の目にもわかるのが特徴。そのため、やっている本人にしてみればますます「ごきげん度」が上昇し、良いスパイラル現象が起きます。
 では、その効果のいくつかをあげてみます。
‖了號知┐慮詐
内臓脂肪の減少
自律神経系検査データの改善
な愴襪硫善
ド毀欧硫善
θ莽感の改善
Ч盞谿気硫善 
 この効果を見ただけでも、脱肥満は脱生活習慣病であることがおわかりでしょう。それと同時に肉体的な健康が、精神的な健康と、いかに密接に結びついているかを確認してください。「週末ヨーグルト断食」が一般に行われている断食やダイエットとは、根本的に異なる点もこれでわかっていただけたと思います。
「週末ヨーグルト断食」を実践する上で大切なことは、短期決戦を急がず、リラックスしてゆっくり時間をかけて長続きさせることです。1回のリセットで劇的変化を求めるのではなく、細かくリセットし直していくことが大切なポイントです。
 

 

ぜ汰!「週末ヨーグルト断食」
 いよいよ実践に入りましょう。この方法はリラックスした状態で行うことが大切なため、仕事が休みの週末がベストです。もし夫や妻がいる場合は、一人でやるよりも一緒に行ったほうが楽いし効果的。ぜひカップルで、お友達同士で行ってください。
(金曜日の夜)
 実際に断食をするのは土曜、日曜であっても、意外に重要なのが金曜日の夜なのです。この日の夜は助走期間と考え、食事は軽めの和食系にします。仕事を持っている人は外でアルコールを飲まずに、できるだけ早めに帰宅します。この日の夜から禁酒・禁煙をします。
(土曜日・断食1日目)
 朝、昼、晩の食事時間に合わせ、プロバイオティックス系ヨーグルトを各1個とります。それと一緒に、マイクロダイエットやカロリーメイト(ドリンクタイプ)などの栄養補助ドリンクを3食ごとに摂取します。
 栄養補助ドリンク(ゼリー状も可)は、ビタミン、ミネラル、たんぱく質などの栄養素をバランスよく含んでいて、なおかつ低カロリーであることが条件です。栄養補助ドリンクが手に入らない場合は、豆乳や百パーセントの野菜ジュース、あるいはフルーツジュースでもOKです。
 断食中は水分を積極的にとるよう心がけてください。水分は身体の生理機能を正常に維持するために必要なだけでなく、断食中は発汗、排尿、排便などの代謝がさかんになります。このときは失われる水分を補うことが大切です。
 水分はペリエやサンペレグリノなど重炭酸イオンが多く含まれたミネラル炭酸水にします。炭酸水でも甘いものやトニックウォーター、サイダーは禁止。これにレモンやライムの果汁を絞り、1日15〜2リットル飲みます。なぜ普通の水ではなく炭酸入りミネラルウォーターがいいかというと、炭酸水が胃腸の状態を良くするだけでなく、満腹感が得られる利点もあります。
 さらに炭酸水は新陳代謝を高め、レモンやライムの果汁を加えることでその効果が加速します。レモン果汁などに含まれるクエン酸は血液をサラサラにし、脂肪や糖質を分解する働きがあるからです。ですから、単なる炭酸水ではなく必ずレモン果汁などを加え、1回300ミリリットルくらいずつ、何回でもとりたいだけとります。
(日曜日 断食2日目)
 朝、昼は前日同様ヨーグルトと栄養補助ドリンクで過ごします。水分も十分とります。もし空腹でイライラするようならば、アロマテラピーが効果的。バニラのエッセンシャルオイルや、果物のグレープフルーツを買っておき、においをかぐだけで気分が落ち着きます。
 この日の夜は、お粥と具のないみそ汁、あるいは吸い物をとり翌日に備えます。お粥は白米だけでも、雑穀米を入れたものでも。もしどうしても何か欲しいという人は、梅干し、のりで我慢してください。それよりも、お粥を口にし、それが胃を通って五臓六腑にしみわたる至福の美味しい感情を味わいたいもの。
 食べることの幸せ、食物が身体を活かしていることを否が応でも実感させられます。私も定期的に「週末ヨーグルトダイエット」を自分のためにしていますが、この瞬間、必ず「あー、うまい!」と思わずため息をついています。この日も禁酒・禁煙は続けてください。
(月曜日 断食終了の翌日)
 せっかく体内からリセットされたところで、ドカ食いをしては元の木阿弥。この日は1日軽めの食事にします。朝は前日夜と同じおかゆにし、昼食から通常どおりの食事に戻します。ただし、週末の欲求不満を一気に解消しようとトンカツなど脂っこいものは食べないこと。
 とはいっても、週末断食で胃が小さくなっているため、断食以前ほどの量は食べられないはずです。すでに若返りの食事の項目でいった、腹八分目を普通の生活でも続けることが大切です。そのためのリセットでもあるのですから。

 

ッ膿終了後

 2日間の断食による体重の変化はどのくらいかというと、平均1〜3キロ程度です。これは主に内臓脂肪の減少によるものです。ヨーグルトでたんぱく質や栄養素を補給しながらの断食は、筋肉や骨などを減らすことなく本当に減らしたい体脂肪だけ減少させられるのが特徴です。
 さらに減量効果だけでなく、交感神経が活性化され、やせやすい体質に。そのため断食が終わってからもダイエット効果は持続します。体内環境が改善されるためです。初めて口にしたお粥が五臓六腑にしみわたるといいましたが、これなどは人間の原始的本能から生まれる感動だと思うのです。
 たった2日だけでも「都市型原人」に戻り、身体を一時的飢餓状態に置くことで、危機感を覚えた身体は目覚めるのです。五感が研ぎ澄まされ、それまで惰眠をむさぼっていたあらゆる器官が緊張し、活性化します。
 断食が終わったときの達成感やふつふつと湧き起こってくる充実感は、人間本来の姿に戻った心からの喜びなのだと私は感じています。

番組内ではマイクロダイエットなどの特殊栄養補助食品を使う代わりに、特製ジュースを紹介しています。そのレシピは以下のとおりですが、山下さんが実際に飲んでいるジュースはトマト、プロテインは入っていません。また、水分、豆乳などは適宜、飲みやすいように増やしていただいて構いません。

プチ断食用ジュース(1日量:これを3〜5回に分けて飲む)

にんじん半分
リンゴ半分
トマト半分
バナナ半分
小松菜かほうれん草適量
プロテインスプーン一杯
豆乳 200cc
水 150〜300cc

野菜、果物をよ〜く水で洗い、バナナ以外は皮がついたままジューサーにかけて下さい。きなこやハチミツなどを入れて飲みやすくしてもOKです。



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/drseye/50346103
この記事へのトラックバック
只今、今年2回目のプチ断食実行中。恐怖の食卓で山下真司がやっていたヨーグルトプチ断食にしてみた。ヨーグルトが食べれるだけ、ずっと楽。これで筋肉量も減らないというから、ありがたい。朝66.2kgだった体重は18時現在64.5kgに。(昨日の麦酒が抜けたか、笑)朝目覚め...
プチ断食2【ほほほ日記】at 2006年01月15日 21:06
今日から週末ヨーグルトプチ断食を始めました。12日に恐怖の食卓という番組で山下真司さんがやってたもので、発案者は内分泌・代謝内科が専門でアンチエイジングの普及に活躍中の青
ヨーグルトプチ断食・1日目。【ココロの声(ブログ版)】at 2006年01月29日 22:05
「なんてことなく二日間はやりすごしたわ♪」と さらりとは言えないプチ断食の二日間を過ごした。 二日間をやり過ごし、今朝のごはんの美味しかったことったら…(^-^) 体重自体は大きな変化は見られず。( ̄_ ̄ i) (まぁ、これは最初から期待してた訳じゃないので) ...
結果報告?!【何してんだろ…】at 2006年01月31日 14:10
今、ヨーグルトプチ断食ダイエットに挑戦中です。 TVでやっていたらしいんですが、 たまたま発見したHPをみて、 やってみたくなりました。 ダイエットにも〈
ヨーグルトプチ断食ダイエット 1【節約生活一億円!(;゚д゚)ァ....】at 2006年02月25日 22:14
今、ヨーグルトプチ断食ダイエットに挑戦中です。 TVでやっていたらしいんですが、 たまたま発見したHPをみて、 やってみたくなりました。 ダイエットにも??Ent1
ヨーグルトプチ断食ダイエット 1【節約生活一億円!(;゚д゚)ァ....】at 2006年02月25日 23:34
週末に食事をしないで過ごす「プチ断食」に取り組む人が増えている。飽食の代償として疲れてしまった内臓にとって、短期間の断食は貴重は休息となるようだ。体内脂肪がたまるメタポリックシンドロームの弊害も指摘される中、おなか回りが気になる人は一度試してみてはいか...
「プチ断食」やってます。【おしゃれ手紙】at 2006年07月29日 15:40
...
週末ヨーグルト断食(プチ断食)体験記・体験談【ダイエット体験記 ら・ら・ら♪ダイエット!】at 2007年06月15日 22:13
現在プチ断食を決行中。 これで体の不調ともおさらばだ??
ヨーグルトプチ断食にトライ【在日ニホン人(♀)奮闘記】at 2008年04月07日 15:48
ヨーグルトと便秘について調べていたら おもしろい記事を見つけた。
ダイエット日記28日目【ウーロンのダイエット日記】at 2008年06月28日 22:22
この記事へのコメント
突然のコメント失礼します。
この度、新規にブログの検索&ランキングサイト立ち上げました。
ブログを拝見させていただき、内容もよく、大変よくできているブログであると感じました。
このブログを【bitz】の「美容・コスメ」カテゴリにも登録して、
もっと多くの人に読んでもらいませんか?
上位のブログにはトップページから直接リンクされるので、
多くのアクセスとSEO効果が期待できます。
宜しくお願い致します。

ヵヮィィ☆ブログランキング【bitz】
http://bitz.tv/brank/

参加をお待ちしています☆
Posted by ヵヮィィ☆ブログランキング at 2006年01月13日 12:59
昨日のテレビ拝見しました。クリスチャンで防衛医大出身、アンチエイジングの専門と面白い組み合わせと思いました。それにしても、老化予防にお金を使うなんて、日本も平和でお金持ちなんだなと、思います。防衛医大はまだマイナーだと思うのですが、先生のお陰で名を知られるようになり、喜んでいる人も多いでしょう。
Posted by キリマ at 2006年01月13日 21:27
>キリマ様

コメント、ありがとうございます。

国が豊かであるが故に生まれたのが生活習慣病です。お金持ちの国の宿命ともいえるでしょう。これを減らすためには、従来型の保険中心の医療を漫然とやっていてもダメなのです。

私が狙っているところは、ベクトルを上向きにした新しい健康管理を心身のごきげんを作る新しい医療(=内科的アンチエイジング医療)によって、生活習慣病やがんに罹る人を出来るだけ減らすということなのです。おわかりいただければ幸いです。
Posted by 青木晃 at 2006年01月14日 13:59
初めまして。。
「恐怖の食卓」見ました!
松原さんや他の方の治療法をネットで見ようと思ったのですが
掲載はされていないのですね。
でも、青木先生のBLOGを発見できて、よかったです。

あたしは、産後のせいにして独身のころより15キロも増えてしまいました(涙)やはり、食事量は変わらなくても基礎代謝がだんだん下がっているんですね・・・
いろんなダイエットに挑戦しましたがリバウンド続きです。
中年の方でも、スリムな方はいるので負けてられません(笑)
今回の山下さんの「プチ〜」をやってみようと思います♪

Posted by momotan at 2006年01月16日 16:14
はじめまして。突然で申しわけありませんが質問です。
恐怖の食卓を拝見し、私もさっそくプチ断食ジュースを
実践しようと思い作ってみました。ジュースはこちらの
ブログのレシピです。
ところが、TVで山下さんが飲まれていたのは
コップ1杯でしかもジュースと言うだけあって飲んで
おられましたが、私のはレシピどおりでも量はどんぶり1杯
位になるし、水分に対して固形物が多いせいか「飲む」と
いうより「食べる」です。
もしかしてこの分量は1回分ではなく1日分ですか?
Posted by こっこ at 2006年01月16日 17:50
>momotan 様

コメント、ありがとうございます。
30歳以降は、肥満関連遺伝子という因子が強く関与してきます。仰るとおり、基礎代謝が低下する度合いが高いのです。こういうタイプの人では、食事のコントロールだけでなく、運動量をより多くすることがポイントになります。一日最低45分のジョギングを行うくらいと考えて下さい。

>こっこ様

TVの山下さんのジュースはかなり野菜、果物の量を減らしています。また、おっしゃるとおりこれは1日分の量になっています。これを1日3〜5回に分けて摂っていただきます。水分の量はもっと増やしていただいて構いません。
Posted by 青木晃 at 2006年01月17日 10:48
はじめまして。
番組を見て週末にプチ断食を行おうと思っている りこ と申します。

突然で申し訳ありませんが質問があります。
上記のレシピのジュースを作る場合、現在野菜の高騰もあり、金銭的な問題が発生してしまいます。
市販の野菜ジュースで代用しても大丈夫でしょうか?
また、プロテインが手元に無い場合も他に何か代用できるような食材はありますか?
Posted by りこ at 2006年01月17日 13:25
>りこ様

市販の野菜ジュースと豆乳で代用してもOKです。
この特製ジュースの代わりに、「豆乳+市販の野菜ジュース」を各食毎に飲用して下さい。
Posted by 青木晃 at 2006年01月18日 07:03
はじめまして。
「恐怖の食卓」を見てプチ断食に挑戦してみました。
参考資料としてトラックバックさせていただきました。
経過はキツかったですが、結果は体が軽くなりました。
食生活を見直すいい機会だったと思います。
Posted by くた at 2006年01月18日 12:43
回答ありがとうございました。
さっそく豆乳と野菜ジュースを購入して、今週末にプチ断食を行いたいと思います。
Posted by りこ at 2006年01月19日 19:30
初めまして。
先日番組を拝見させて頂いた後、このブログを見つけて
今朝からプチ断食開始しています。

朝昼は家事のバタバタもあって気が紛れていましたが
午後からは何となくすることがなくなって
空腹感が襲ってきました。
なので、夕方1時間ほど軽くウォーキングしてきました。

主人と子どもは実家に出かけたので
空腹感と闘いながらの食事の支度からは逃れられましたが
外からは夕飯時のいい匂いが漂ってきます。
・・・結構キツイですね。(笑)

あと、口にできる物が冷たい物ばかりなので
体が冷えてしまうのが辛いです。
意識的にとらないといけないと思いつつ
炭酸水もすすみません・・・。
この季節だと、何か温かい物が飲めればいいですね。
 
・・・と、まぁ
空腹感を紛らわすためのグチになってしまいましたが
明日も家事とウォーキングでしのぎ
至福のお粥タイムまで頑張ります!
Posted by のっちママ at 2006年01月21日 18:48
はじめまして。
コスメ系のブログめぐりしてたらこちらにたどり着いて以来、メトセク等、興味深いテーマを楽しみに拝読させていただいてます。
手軽に出来そうなプチ断食をこちらを参考にさせていただいたので、トラックバックさせていただきました。
キツかったけど、これからも継続したいモノの一つになりました。
Posted by rossa at 2006年01月31日 00:46
はじめまして。24歳の主婦です。妊娠中につわりがひどくて、−8キロやせて、産んでから妊娠前より3キロ太りました。もともと太めなのでほんと困っています。なので青木先生の考案したヨーグルトプチ断食をしようと思います。
それで質問なんですが、野菜ジュースをあるメーカーの100%緑黄色野菜ジュースにしようと思っています。この緑黄色野菜の特徴はピューレ状で食物繊維がたっぷりなんです。ヨーグルトプチ断食中に繊維たっぷりの野菜ジュースはどうでしょうか??
Posted by ゆうきママ at 2006年10月17日 15:50
>ゆうきママ様

完全な固形物でなければ、構いません。その野菜ジュースでもいいと思います。

頑張って下さい。
Posted by 青木晃 at 2006年10月18日 10:16
はじめまして。
プチ断食をぜひやってみようと思っていますが、ヨーグルトについてお聞きします。
L1のプロバイオテクス系ということで、「アレだ!」と買い求めたものは明治プロビオ「LG21」というものですが、名称は違います。 これでよろしいのでしょうか?
Posted by せいこ at 2006年11月27日 10:38
>せいこ様

L1ではなく、LC1です。ネスレスノーのブランドです。ご確認下さい。LG21でもOKですが、、、
Posted by 青木晃 at 2006年11月27日 23:49
カロリーメイトのコーンスープ味を温めて飲んでいますが、
常温で飲んだ方がいいでしょうか?
Posted by ひろ at 2007年01月06日 18:39
>ひろ様

どちらでもOKです。
Posted by 青木晃 at 2007年01月10日 11:28
はじめまして
ダンス留学で海外に住んでいるのですが、このプチ断食に興味を持ちました。
そこで質問なのですが私は月曜、朝からダンスレッスンがあります、このメニューで体力は持つでしょうか?運動をする場合何か付け足した方が良いでしょうか?

そして海外寮生活のためお粥が出来ません、何か他に変わるものはありますか?液体食品ならばオートミールやべビーフードなどがあるのですが。。。
Posted by GUapa at 2007年10月29日 01:09
>GUapa様
ハードな運動をする場合はNGです。
最後はお粥でなくても、軽めの食事ならなんでもOKです。
Posted by 青木晃 at 2007年10月31日 11:18
健康的にダイエットをしようと思い、このヨーグルトプチ断食を発見しました。
ただ、仕事などの関係上、今は休みが週1日しかありません。なので、休みの日と仕事がある日で行いたいのですが、デスクワークではないため、こまめに水分を取ったり、自由に何回もトイレに行ったり出来ません。そのような状態で行っても大丈夫でしょうか?
また、豆乳がとても苦手で無調整のものはどうしても飲めません。調整豆乳ならなんとか飲めるのですが、、、牛乳などでは代用できないのでしょうか?
Posted by さくら at 2008年04月20日 21:33
>さくら様

そういう状況では有効に体をリセットできません。
かえってストレスが溜まってしまうでしょう。
残念ながら、お勧めできません。

また、豆乳でなくても牛乳でも構いません。
Posted by 青木晃 at 2008年04月21日 10:09
実施しました。


それほど厳しい空腹感には襲われませんでした。

レシピのジュースと炭酸水のおかげだと思います。
ジュースには十分な食物繊維と、十分な水分・・・そして空腹時には炭酸水を飲むことによって胃がふくれて満腹感がありました。


おかげで水2L程度は難なく飲めました。
が、摂取カロリーが低いのと水ばかり飲んでるせいか、体が冷えます。
とても寒くなるので、防寒対策などの工夫が必要だと思われます
Posted by Q at 2008年05月13日 12:51
このプチ断食で脂肪が直接減るという効果は望まない方が良いでしょう。

体内が空っぽになるため、一時的に1〜2kgの体重は落ちますが、脂肪が落ちたわけではないです。


ただ、腸内環境が整い、胃が小さくなることによって、2〜3週間後ぐらいから必然的に脂肪は減ってくると思います。

プチ断食=痩せる
と直結して考えると、がっかりすると思います。


自分の食生活を見直す良い機会と考え、プチ断食の苦労が無駄にならないようその後の食生活を充実させていくことが大切だと思います。
プチ断食後こそが重要ではないでしょうか。
Posted by Q at 2008年05月13日 12:56
初めまして。
まだこちらに書き込んでお返事を頂けるかちょっと不安ですが、書き込みさせていただきます。
何度かプチ断食を実行しています。
その際、毎回頭痛があります。午後になると頭痛と共に眠気が来て、昼寝をしてしまうのですが、頭痛を軽減する方法はありますか?どうやら脂肪燃焼が始まるとケトン体なるものができて頭痛がするとは聞いたのですが、野菜ジュースを細切れに飲んだりしてはまずいでしょうか?
燃焼するから頭痛がすると思えば気も楽になりますが、無い方がいいな〜と思いまして^^;
もしいい方法があれば教えていただけると助かります。
宜しくお願いいたします。
Posted by せん at 2010年06月22日 03:11
すみません。私の携帯だと、白地に薄い水色で表示されてひと文字も読めませんでした。
Posted by ちりん at 2010年07月03日 12:26