2010年04月07日

木製のバルコニー

CIMG3386本日は、午後から杉並区のH様邸にお伺いさせて頂きまし

た。

約七年程前に、私が営業・現場監理をさせて頂き、お建替

えをさせて頂いたお客様です。

 H様は、ご退職されるまでは、なんと某役所の建築指導課にお勤めでした。

 勿論ですが、違反建築などはしておりません

 写真をご覧頂ければお分かりになると思いますが、バルコニーは躯体から持ち出した上

 に桧の板(厚さ30mmキシラデコール塗り)をスノコにして貼ってありますので、建ぺい率
  
 には含まれません。
 
 去年一度お伺いさせて頂いた時には、数枚の板の交換と塗装塗り替えやる予定でした 

 が、H様も仕事がかなり忙しく、そのままの状態だったため、かなり全体的に痛んできてし
 
 まいました。

 南側に幅1800 出幅600・西側に幅4500 出幅1800のバルコニーが付いていますが、

 写真は西側の下から見上げた写真になりますが、梁の部分を見て頂くと白い物が見える
  
 と思いますがこれはカビみたなきのこの菌だと思われます。

 特に西側は、殆ど日中日が当たらず、周りには高い木が多く、ずーっと北側のような感じ

 ですので、痛み具合の進行が早いのではないかと思われます。

 今回、後々のメンテナンスの事を考え、H様はアルミのバルコニーでスノコにすると言う事
 
 をご自分でもご検討されていて、私どもその方向でのご提案を致しました。

 木製のバルコニーの感じも捨てがたいですが、今後のメンテナンスを考えればアルミで少

 しでも今のイメージを残した感じでのご提案を弊社ではご提案する予定です

 



drtakashima at 22:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年04月06日

H様邸現場の進行具合

H様邸に本日の午後現場の進行具合を見てきました

現場の進行具合としては、既存の壁の撤去→柱脚・柱頭の金物取り付け

→金物と併用して木下地取付全部で4ヶ所終わっていました。

現行の耐震基準を満たす為には、1Fの壁(既存の壁を今の物より耐力

のある物に変更)7ヶ所、2Fの壁1ヶ所を行わないと、耐震基準適合証明

書の発行が出来ません

今回は、この工事を1・2F合わせて8ヶ所行いますので、減税も受けられ

ますし、こちらに引っ越した後も、安心して生活して頂けるのではないかと

思っています。

耐震補強工事が完了後、リフォームを検討されているようなので、耐震補

強工事はクロスを貼らない所までで完了となります。

よくリフォームをしてしまったお客様から、耐震診断のご依頼を受ける事

がありますが、大抵クロスなどを貼替えてしまっているケースが多く見受

けられます。

もし、補強工事が必要になると、綺麗にした壁をまた剥がす事になり、2

重に費用が掛かってしまいますので、リフォームなどをご検討されている

方は、工事前に是非ともご相談下さい。

H様は早くこの物件に引っ越す訳ではないらしく、耐震補強工事の後

のリフォーム工事の見積に弊社も参加させて頂く事になりました。

弊社で耐震補強工事に使っている部材は、東京都ト都市整備局が発行

している、安価で信頼できる木造住宅の耐震改修工法・装置の事例紹介

にでている、壁補強キット「NEWかべつよし/モイスかべつよし」を使って

います。この中で☆が付いている商品は(財)日本建築防災協会におけ

る住宅等防災技術評価制度の取得している工法です。

もちろん、「NEWかべつよし/モイスかべつよし」は取得済みです。

詳しい内容に関しては、(財)日本建築防災協会のページをご覧下さい↓

http://www.kenchikubosai.or.jp/evaluation/jyutakuhyouka.html

また、「NEWかべつよし/モイスかべつよし」の詳しい内容は下記をご覧

下さい↓
http://www.aimkk.com/product/kabetuyosi/index.html

現場の進行具合の写真をUPする予定でしたが、私がカメラを忘れてしま

い後ほどUPします。

現場の進行写真は現場ですべて取っていますのでご安心ください。

工事完了後にCDに焼いて、お客様に毎回お渡ししております。



drtakashima at 17:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年04月05日

■耐震基準適合証明書■

本日から、小平市H邸の耐震補強工事に入りました。

H様は、中古住宅をご購入され、中古住宅と言うことで耐震性に不安を感

じておられたようです。

今回は、不動産屋さんにご相談され、日本木造住宅耐震補強事業者協

同組合(木耐協)にご相談がきまして、組合員である弊社に耐震診断の

依頼が来ました。

最初は、H様はかなり怪しい団体ではないかと不安に思われていたみた

いですが、ご報告でお伺いさせて頂き、現場の小屋裏、床下などの写真

のご説明から診断書をじっくりとご説明させて頂き、かなりご質問などを

頂戴し、疑問もクリアーになりご契約に至る事が出来ました。

最近、中古住宅をご購入されて、耐震基準適合証明書を発行して欲しい

と言う案件が、月に2~3件ぐらいのペースで依頼がきます。

耐震基準適合証明書の発行を受ければ、買主様は、住宅ローン減税を

(10年間で最大500万円)受ける事が出来ます。

これって凄く買主様にはメリットがありますよね

大抵、減税分で補強工事は出来てしまいますし、毎日の暮らしも安心して

生活出来ると思います。

そして、建物の資産価値も上がれば言うことなしですね

築20年以上の中古物件を今後ご購入予定の方は是非、ご相談下さい。

また、下記のページをご覧頂ければ、耐震基準適合証明書について詳し

い説明が出ておりますのでご覧下さい↓

http://www.tekigou.jp/




drtakashima at 21:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年04月04日

お花見

CIMG3375 今日は、武蔵国分寺公園にお花見に行ってき
 
 ましたメンバーは、娘の保育園のお友達仲 
 良し4家族、天気は曇り、気温は低めでアウタ

 ーは最初から最後まで着たままでした

思ったより寒いせいか人は少なかったように感じました。

今回、場所取りは朝早く出かける人がいたのでお願いしちゃいました。

AM11:00に集合でしたが、事前に少し遅れるとメールを貰っていたので

20分遅れぐらいでスタートしました。

まずはカンパーイ料理は各家族2品持ち寄りで、中華から和食まで

色々と堪能出来ました。

最近は、月1ペースぐらいでこのメンバーで飲み会をしていますが、お酒

が入って盛り上がってくると、トランプ(大貧民)を必ずやります。

ただやるだけではなく、3回に一回は、ビリの人が買い物などに行かされ

ます。本当に最近、トランプにはまってマス

娘の通っていた保育園は三歳児クラスまでなので、ここで我が家ともう1

人は同じ保育園に行っていますが、2人はバラバラになってしまいました

が、これからも、このメンバーで仲良く、長いお付き合いをして行きましょ



drtakashima at 21:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年04月03日

ブログをスタートします!

皆様、こんにちは

当初の予定より大分延びてしまいましたが、本日よりブログをスタートしま  



これから、皆様にとって、有益な情報や仕事だけではなく、自分の趣味な

ども掲載して行く予定ですので、どうぞ宜しくお願い致します(⌒∇⌒)

 



drtakashima at 15:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)