同名半盲(・ω・)右半身の痛み(*_*)

May 03, 2019

光線過敏と紫外線対策。

昨日は冬の毛布をきれいに洗いました。
朝の空気は澄んでいて気持ちがいい!

夕方にはすっかり乾いて、干した後のいいにおい(^^)
このフカフカの感触がずっと続けば気持ちいいのにねー。


・・・なんだけど、そろそろそのベランダが
私にとっては危険地帯になりつつあります。


というのも、私はとにかく光線過敏症が強いので
季節問わずに日焼け止めはもちろん
帽子や首元のストール、
マフラーなどが欠かせないのですが、
(私にとって冬のマフラーは防寒半分、
首周りの紫外線対策みたいなもの;)
そろそろ今年もヤバイ季節になってきました・・・。


世間はゴールデンウィークだけど、
当たり前のように絶賛引きこもり生活です(^^;



外出時、日焼け止めで皮膚はなんとかなったとしても、
お日様に当たることによる
頭痛をはじめとした体調不良は防ぎきれないんですよね。


片頭痛があるのでベースの内服薬が元々あるのですが、
光と音が頭痛の誘発原因になるのか
必ずといっていいほど頓服が必要になるし
(きちんと効くからまだいいかなと思ってる)
目の奥の痛み、異様なだるさ、果ては手の震え等。


その他にシェーグレン関連のつらさ、
線維筋痛症の突然の痛みとか
(リリカとトラムセットでコントロールしていても
突然の針ぶっ刺し感な痛みはたまにある;)
そういうおまけもついてきますが。


なので、外出=受診かたまの食料品の買い出しのみ、
・・・というのが私の日常の基本行動です。

受診の終わりが早ければ帰りに寄り道もするけど
楽しみの代わりに、次の日は寝倒す覚悟。
でもたまには通販じゃなくて、お店見て回りたいよ。


そもそも、日焼け止めを塗っても、外出時に
露出の多くなる顔は洗顔でメイク諸々落としたら
顔は毎回真っ赤になっています。

家にいる日常での日焼け止めは
それほどきつくないものを使っているので平気ですが。
薄暗くしている部屋(←明るいと
片頭痛を誘発するため)に一日いる時は
ほぼ、太陽とは無縁だし。



顔の赤みは勿論皮膚科の先生とは色々相談済み。
特別気を付けなくてはいけないアレルギー等はないので
(けして頑丈な皮膚ではないけど)
単純に光線過敏が勝ってる状態;


赤みがあまりひどい時は
ステロイド軟膏のお世話になるけど、
基本はその当日と、翌日ゆっくり休めば
後に響かず大丈夫なので
これ以上の対策はなく・・・。
日焼け止め自体も正しく使えているので。



そんな中、先日少し車で遠出をした時があって
車内では手が無防備になるので
いつも車に置いてあるブランケットで覆っているのですが
いい天気だったせいか、日焼け止めを塗っていてもダメで
帰るとなにやら手の甲にプツプツと湿疹のようなものが・・・。


痛くも痒くもなくて、
はじめはなんだろう?と思っていたのですが
もしや、と少し調べてみたら紫外線による湿疹だこれorz
(後の皮膚科でも間違いないと言われました;)



手の甲って擦れたり手を洗ったりとなにかと落ちやすいし、
塗り直してはいたんですが、肌の事を考えて
優しい塗り心地のものにしていたのがダメだった模様。

ウォータープルーフの強いものは確かにいいけど
今度は皮膚自体への負担が大きくて、ねぇ。



日焼け止めに関してはもう随分自分なりに試してきて、
高いからと値段のぶん全てが良いものでもなく
成分良好=使い心地とはまた別だったりと
毎年悩むところです。
その人の体質でまた使用感って変わってくるし
あくまで参考にしかならないから、自分で試すしかなく。


手の甲には出たことなかったのにー。
もし気付かずに出てたとしても
パッと見て気になるほどではなかったはず。



SLEとして、派手にやっちゃったのは
CNSループス→脳梗塞&DICの入院からだけど
元々、中学生の時に高熱と皮疹からSLEを疑われて
(実はその時点で基準満たしていた;
なんなら小学生当時のひどい関節痛もそのせいかと)
皮膚症状は出やすい方なんですよね;



とはいえ、年々、皮膚も弱くなってるなぁと感じます。
傷跡もシミのように残るようになってきて消えないし。


年中、逃げるように日向を避けて通る生活が当たり前。
夏場は日傘も増えて大荷物。
暑がり汗かきなのに帽子と長袖は本当にしんどい。


だけど、それでも何もしないよりは体調は保てるから。
せめてもの抵抗です( ̄ー ̄)
今年も頑張らないと!

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
同名半盲(・ω・)右半身の痛み(*_*)