カテゴリ:
foQという素材を使用した、オーディオ用制振シートを購入しました。
SH-22Eという商品、A5サイズ2枚で4000円弱…

ちょっと高い…いや、かなり高い!
買うかどうか二ヶ月くらい迷っていたのですが
どうしても、手を加えてみたい箇所があり、
その為のアイテムとして購入しました!

ブレーカーの制振対策です。

オーディオにハマってから、
比較的安いコストで音質改善が狙えるポイントをネットで探し、
実際に手を加えて音の変化を探求する行為は
もはや一つの趣味となっております。


その中で出会った音生命というサイト
このサイトからブレーカーの制振について
アイデアを頂戴いたしました。


このサイトでは、小生も既に着手していた
壁コンセントの交換
コンセントベースの導入について
効果があると説明されていて
その説明に、強く共感したことから、
このサイトの製作者の方がやっていることの中から
着手していない箇所を改善してみたいと思ったのです。

ということで、まずはブレーカーを制振。
画像1

この写真だと、どこに貼ってあるか良く分かりませんねーw
親ブレーカー、子ブレーカーの底面、
スイッチのツマミに貼ってあります。

低域が更に地を這うような低音になると同時に
高域は空気中を漂うような音へ。
とっても大好きな傾向へと近づきました!

効果の方向性は、壁コンセントを交換した時や
コンセントベースを導入した時と近い感じがします。

ブレーカーを制振するだけでは、
買ってきたfoQのシートの1割も使いきりませんw

そこでメインプレイヤーのiPodの背面にもfoQを
画像1

こちらの効果も素晴らしい!
音像の微妙なブレによるノイズが軽減されて、
音の切れ目や輪郭が更にスッキリ!


調子に乗って色んな所にペタペタ
画像1

画像1



foQのシートによる制振
効果が自分の好みであると分かりました!
今後も色んな所にペタペタやってみたいと思いますw