カテゴリ:
2014-12-31-18-31-52

あけましておめでとうございます。

年末年始の連休、
序盤で飛ばしすぎてしまい
見事に風邪を引きました…
こういう無理がきかない年齢を実感してますw

風邪の影響で12/30,31は
体調が比較的に落ち着いている時に
大掃除をするのが精一杯でした。
魅力的なお誘いを頂いてたのに残念であります。

毎年、大掃除をする時には
スピーカーケーブルの剥き直しをはじめとした
オーディオ機器のメンテナンスをしています。

その際、アンプの電源ケーブルに
大掃除用品の買い出しに行った
ホームセンターで発見した大型のフェライト磁石を
簡易的なACラインノイズフィルターとして導入してみました。
電源ケーブルをキャンセル巻という方法で
フェライト磁石に巻き付けています。

ACラインノイズフィルターについては、
効果と既製品や自作のコストを考慮して
まずは大型のフェライト磁石を安価で購入して
音の変化を体感してから本格的に考えようと決めてから
すっかり忘れておりました…w


さて、効果ですが
わずかに解像度が向上したようです。

クラシックのパーカッションや、
アコースティックギターのカッティングが
鮮明になったと感じました。

この点は、とても気に入ったのですが
ひとつ微妙なポイントもありました。

クラシックでもジャズでも、シンバルを大きくならした時に
それ以外の楽器の音がかき消されたような感じが出てしまいます。

これまでのセッティングでは、そういうことはありませんでしたし
実演奏でも殆ど見られないようなバランスです。

フィルター部分の制振をしていないことが
原因ではないかと推測しております。

幸い制振シートのfoQが余っておりますので
対策を施してから、もう一度聴き込みたいと思います。