キャリア相談もできるBARのマスターのブログ/Be Positive&Active!!@とこなつ家

リクルート−エージェント、フィジー共和国の語学学校MGRを経て 飲み屋になったアンちゃんのハナシ・・・

【キャリア論】【永久保存版】新卒入社で失敗しないための会社選びの条件

まずは、こんな記事から。

DeNA南場氏「安定志向や起業ブームに乗っかるな」キャリアの第1歩に必要な心構えとは?


安定志向⇒ダメ!
起業ブ−ム⇒ダメ!

なるほど。


じゃあ、どうすれないいのか?

「汗をかいて情報収集して
自分なりの価値観を持て!


って本文には書いてあります。

おっしゃる通り!

なのですが、


大抵の大学生さんは、
「じゃあ、どうしよう?わかんね〜」
ってなると思います。


マッキンゼーに採用された南場さんですら、
当時は全然よくわかんなかったワケでしょ(笑)

自分なりの確固たる価値観なんて、
日本での学校教育を受けてたら、22歳の時点で持ててなくたってしゃーないです。

「ある!」って言えるヤツのが怪しいわいw





というワケで、
「答えを知りたがる世代」の学生さんに合わせて、
僕なりのハズレの最も少ない選び方をお教えします。










【新卒がいい感じに育つ会社の条件】

1 優秀な先輩社員がいて、新人の面倒を見る余裕がある

2 適切な労働環境が提供されている

3 適度な競争環境がある



この3つ!





【新卒が最初に見につけるべきスキル】

1 売り上げを上げる力

2 ビジネスにおけるコミュニケーション能力(読み・書き)

3 他者の状況・思考を推し量り、適切に行動する能力


この3つ!




ココを抑えて会社選びをして、
自分の能力を高めれば、

最初に入社する会社の勤務継続はモチロン、
25歳以降、30代、40代で仕事に困らず、やりたい仕事をやりやすい人生は
間違いないと思います。



これって、何から抽出したかっていうと、


前者は、
第二新卒(社会人3年目まで)で、
「新卒での会社選びに失敗した人、不幸になった人、退職しちゃった人」
の失敗要因を反転させたもの。

後者は、
転職市場でのキャリア価値、
言い換えると、
「仕事ができる!採用したい!」
と人気者になる人が持つ基本的なスキルです。



累計、5000人位は、ご相談をお受けしてきた事例の集積ですから、
ちゃんと根拠あります。


失敗するには、失敗するパターンがあるわけで、
「失敗する理由」が少ない会社に行けば、
当たり前ですが、うまくいきますよね。


じゃあ、各論で「何故か?」を詳しく解説させていただきます。







最初に、「環境面」の論点のお話をしましょう。

【新卒がいい感じに育つ会社の条件】

1 優秀な先輩社員がいて、新人の面倒を見る余裕がある



避けるべき会社⇒優秀な先輩がいない、儲かってなくて教える余裕がない


どれだけ素材が良い学生でも、教える人がヘボい、
ないしは、教えてもらえずに放置プレイをされると、当然、伸びません。

そのために必要な会社の条件は、

・十分に利益が出せている
何故なら、利益が出ていない状況では、
エースの社員は売上を出させる生産活動に投下する事に精一杯で、
とてもじゃないけど、新入社員の教育をしている場合ではないからです。

業界平均の営業利益率よりだいぶ高いという指標でわかります。
カネがなきゃ、教えてる場合ではないです。
新卒は、ちゃんと儲かっている会社に行きましょう。


仕事を任せてもらえる、経営を立て直す、新規事業をゼロから作る、
そんなハードなやりがいは、僕の年齢になってからやってください。
イヤでもやらなきゃいけない時がどうせ来ます。

新兵が、そんな激戦区にいきなり放り込まれると、瞬殺で死にます。

安全な場所で、レベルの高い教官から、適切な指示・命令を受けて、
しっかりと訓練を受けましょう。
40年間も働くうち、最初の2~3年しか訓練してもらえないんだから!





・先輩社員の質が高く、層が厚い
4年目以降の社員がマンツーマンの教育担当で付き
その上に、上司のMGRが教育に当たる
をいうダブルの体制がいいですね。

例えば、電通さんに至っては、直属の2名の上司に加えて、
斜め上の先輩がさらに2人もメンターでつく、
4人も教育担当がつく態勢が整ってます。
そりゃ、辞めないし、優秀な営業マンが育つわけですよ。

羨ましい話ですが、
少なくとも、マンツーマンの教育担当が半年くらいはちゃんとついてくれる会社がオススメです。





2 適切な労働環境が提供されている


避けるべき会社⇒会社に泊まり込み、休日出勤する会社


目安は、平日は、せめて終電までに退社し、
週休二日がきちんと「提供されていることです。

20代は死ぬ気で働け!とは僕も思いますが、
まあ、1年目、2年目は22時くらいまでには退社したいですよね。
ほんとに死んじゃったら意味ねーし。

どんなに好きな仕事であっても、
分量が多すぎるとイヤになっちゃいます。
仕事の内容じゃなくて、分量の問題です。

新卒の時は、まだ強靭なストレス耐性なんてモンは持ち合わせていませんから、
健全に働けるのは、残業時間は70時間まで、と思います。

あまりにも多くのストレスがかかると、仕事が辛すぎて、イヤになっちゃう。
初めての仕事で、「仕事とは、イヤなもの、ツラいものだ」
となりすぎるのは、その後40年間働き続けることを考えると、
あまりよろしくないです。

そんなにハードに働きたい奇特な人は、
20代後半になったくらいでベンチャーに飛び込んで、役員にでもなってください。
月間400時間くらい仕事やらせてもらえますよ。

平日に12時間ぶっとおしで集中して働いて、月間240H労働。
そのくらい実際に働いてから、「起業したい」とか「ベンチャーで役員になりたい」
という言葉を吐いてほしいなぁ。。

さらにプラスアルファで、週2徹夜労働、土日も休みなく働けば月間400H労働達成。

そんなワークスタイルを実際に望み、耐えられるのは、
起業したい!と口にする22歳の学生が100人いて、28歳の時に3人も残ればいいほうです。
1年目から、そんなにムリしすぎなくていいと思います。




・キツいなら、キツいなりに給料が高い会社
親に食わせてもらっている学生の頃は給料なんて気になりませんが、
社会人になると大いに気になります。

30代以降の転職の一番多い理由は、「給料・労働時間」です。
当たり前の事ですが、より年収の高い会社に、より優秀な社員は集まります。

シンドい仕事、高い業績目標も、給料が高ければなんとか踏ん張りが効くし、
「たくさんもらっている」ことが自分の仕事のクオリティへの責任感、自負に繋がります。

月給20万円じゃ、生活費を差し引いた後のおこずかいは2〜3万円で生きていくのが精一杯ですが、
月給30万円ならおこずかいは10万円以上。
4倍の差がつきます。

自分でメシ食うようになると、わかります。
月額10万円の差は、ムチャクチャでかいぜ。



3 適度な競争環境がある


避けるべき会社 ⇒同期が全然いない 少し年次が上の若手社員も全然いない会社


若い頃は、自分の仕事がイケてるのかどうかを判断する基準はどうしても
「相対評価」になります。
他人と比べて、できているか、どうか?
ということですね。

仕事をがんばっていて、成果が出ているっぽいが、
同期がゼロ!
で自分は成長しているのかどうかがよくわからない。。。
という若手ビジネスパーソンにはよく会います。

やっぱり、10名以上くらいの同期がいて、
ヨーイドン!で競わせて切磋琢磨できる環境が好ましいと思います。

同期たちとの競争でNO1を取ったら、
今度は、3コ上、5コ上の年次のセンパイ方と勝負して勝ちましょう。
なかなか歯ごたえがあるはずです。

これなら、相対評価での勝負を継続できる環境が整っているので、
自らを絶対評価しないタイプの人でも長期間にモチベーションを維持して頑張ることができます。
言い換えると、成長感を感じやすく、調子に乗りにくく、飽きにくい環境です。




上記をまとめると、健全に新卒を育てられる
ミニマムの会社規模は、社員数100名(新卒採用数10名)になります。

組織構築の一般論ですが、
社員数✕5%の新卒採用人数 が余裕を持って新卒社員を育てられる状態、
社員数✕10%の新卒採用人数 でけっこうストレッチ(限界)
と言われているし、
この数値は、僕自身のベンチャー経営経験、コンサル経験から鑑みても間違いないと思います。


このレンジを越えて社員数の11%以上新卒採用する会社は
学生さんにとって、あまり好ましくない事由が隠されていると思って間違いないです。

・多めに採用して、半数脱落するくらいの間引きを入社後に行う
とか、
・中途採用で採用ができないくらい、労働環境が悪い(何でも信じこむ学生を採用する以外にない)
とか、
・クソ安い人件費で社員を使い倒したいから新卒を使う
とか、
・社長さんがメンヘラで、自分を崇める素直な社員ばかりを採用したい
とか、
・単純に組織の作り方を知らない、新卒の育て方を知らない(初体験)の経営者

のいずれか、
ないしは全部にあてはまるケースがほとんどです。

絶対にそう!
とまでは言い切りませんが、
気をつけたほうがいいと思います。






僕の知る、2代目、3代目の老舗企業の経営者の方々は、新卒採用をしません。
創業50年の歴史のある、100人、200人、500人位の会社でもです。
新卒を育てることがドレだけ大変か、ようっくわかっている方々だからです。

第二新卒の採用&定着すらうまくいってないベンチャー企業が、
新卒採用なんてやってる場合ではなんだけど、新卒は低コストで採用がしやすいから、やっちゃう会社はいっぱいある。

※まあ、社員数50名でも、新卒5名~8名採用くらいはギリギリありだと思います。
社員数30名だけど全員が自走できる大人の会社で、3名新卒採用とかもアリです。


○新卒採用をしている会社、
全てが受け入れ体制が整っているわけではないから、自分で確認しなくてはならない。

○整っていない会社を選ぶということは入社後にそれなりのリスク、痛み、背負わなくてもいいはずのハンデを伴う。


ということは、
頭に入れておくことをオススメします。








次に、身に付けるべき能力面に関するお話をしましょう。
業種を問わず、総合職のビジネスパーソンとしての基礎中の基礎だと思います。

【新卒が最初に見につけるべきスキル】

1 売上を上げる力

避けるべき会社→売上を上げる力が身につかない会社


会社が社員を採用する「目的」は利益を出すためです。
ココは、言い切ります。NPOや、ボランティア団体じゃないし、
利益出さなきゃ存続しないから社会貢献もクソもありません。


利益を出す方法は2つしかなくて、
1 売上を上げる
2 経費を下げる
なのですが、2に関しては、
特殊なスキル(技術力とか、会計士で税金対策が出来るとか)を持った5%くらいの人だけが配属され、
文系出身の総合職の新入社員の95%は、「売上を上げる」仕事に携わることになります。

※他に使い道、ないから!(笑)


社会人が売上を上げる能力(生産性)は、以下の公式で決まります。

より資本力の高い相手に✕より単価の高い商材を✕より短期間で売る

となると、販売先の資本力の観点では、
接客業→販売業→個人営業→法人営業OR富裕層向け個人営業→中小企業経営者向け営業→上場企業経営者向け営業

がより、「売上を上げる力が高い」という法則が成り立ちます。

商材の価格、売るのにかかる時間のスパン
などは、各社によってばらつきがありますから、自分で調べてみてください。

とにかく、より多くの売上をあげられる社会人になっておけば、
食いっぱぐれにくいし、沢山の会社から欲しがられる人材になれます


業界問わず、
月間粗利で250万円、年間で3000万円の利益を出せるようになれば
どこの会社でも通用するし、年収600万円くらいは貰えますが、
細かいことはワカラン!
という学生さんは、

・商品を安売りしない会社
・エラい人、賢い人相手に商談をする会社

とザックリ覚えておきましょう。













2 ビジネスにおけるコミュニケーション能力(読み・書き)

避けるべき会社 コミュニケーション能力が身につかない会社


これは、「ビジネス日本語力」だと思ってください。

適切な、報告・連絡・相談 ができるという意味です。
最小限の語数で、最大限正確に、論旨を伝える能力です。
適切に伝えなければ、人は動かせないし、人を動かせないと仕事は成り立ちません。

僕の文章は「わかりやすい」ですよね?
駄文とはいえ、書籍を3冊も書かせて頂けるということは、そんなに悪くはないのだと思います。
会話もまぁまぁわかりやすいことは、BARで会っていただいた方はご存知だと思います。



これは、特殊な才能ではなく、訓練で身に付けた能力です。
僕の古巣の同期、同僚たちは、全員このくらいできます。
僕以上にできる人もたくさんいます。


僕が新卒の頃を思い出すと、
コミュニケーション能力は最低でした(笑)

営業先からも社内からも、「お前と話す時間は無駄だ」とバッサリ切られまくり。

会話をする前に、紙に台本を書いて、
論旨に無駄がないか?言葉は適切か?一言一句でも短縮できないか?
必死で考えて編集してから、人様に話しかける練習をし続けました。

この能力が身につく度は、
仕事で接する相手の、知識レベル、ビジネススキルの高さで決まります。
優秀な人ほど、無駄に喋らないし、言った言わないのトラブルは発生しません。

そういう意味で、
各業界のトップセールスクラスの先輩社員が社内に集まり、営業先は、外資系コンサルティングファームや外資銀行出身の役員の人たちに囲まれる環境は
ムチャクチャ恵まれていました。

とにかく、コミュニケーションがシャープ。
話がムダに長い人やトロい人の5倍速くらいで仕事を進める人たちです。

超しんどかったので、
当時は人と会話することが恐怖に感じるくらい精神的には追い込まれました。
が、コミュニケーション能力はものすごい速度で向上したとは思います。

これは、一生使える財産になっています。



3 他者の状況・思考を推し量り、適切に行動する能力
避けるべき会社→他者の状況・思考を推し量らずとも仕事になってしまう会社


結論から言うと、社内調整業務のある法人営業が一番身につきやすいと思います。

複数の人間の利害関係、思惑を汲み取りながら仕事を進め無いと成果が出ない仕事に携わると
常に、相手の状況、思考を読み取るクセ付けができます。

相手のニーズ(困っていること)を汲み取る能力は、「提案力」や「企画力」
以前に必要な大前提の能力ですから、
他者の状況・思考を推し量ることは、人と接する仕事の基本中の基本です。


仕事とは、リレーのようなものです。
いかに、人様に迷惑をかけず、受け取りやすい状態にして、
仕事のバトンを渡すことが出来るか?

これが仕事力だと思います。

法人営業と書かせていただいたのは、
営業先にも複数の登場人物が出てくるし、
上場企業であれば発言にも制約条件があるので「本音と建前」まで推し量ることが必要になるため、
より難易度が上がるためです。

コレが出来ると、当然ながら、好かれる人、頼られる人になるし、
助け上手は、助けられ上手ですから、
色々な人から助けてもらう、学ばせて頂く機会が増えて成功、成長の機会に恵まれます。

人助けが適切にできないと、周囲に無駄な仕事を撒き散らかす迷惑人間になってしまうので、
仕事の機会がどんどん少なくなり、社会に居場所がなくなります。


やっぱり、
人は社会の中で、お互い助け合って生きている生き物です。

人様に迷惑をかけず、
人様を幸せにできる人になりたい、、、
ですよね?



以上3点が、新卒の若手社員が身に付けるべき基本的なスキルなのですが、
逆説で、自分が、28歳になった時を想像してみてください。

・売上を上げる力のない人

・ビジネスにおけるコミュニケーション能力(読み・書き)のない人

・他者の状況・思考を推し量り、適切に行動する能力のない人

これは、正直しんどい。
会社に置き場がない人材です。

こんなこともできないまま30代になってしまう人も少なくないです。
そうなると、所得水準は低迷し、激務薄給のツライ人生になる可能性が高くなります。
40代以降になると社会に居場所を作ることにすらとても苦戦します。


逆に言えば、これを全項目ハイレベルでやれれば、
大抵の仕事はできるし、大抵の会社で採用してもらえます。

別に、スーパーエンジニアや、3カ国ペラペラとか、公認会計士とか、
特殊な資格とか、スキルがなくても、
そうは失業はしません。

だから、自分に変わった特殊能力がなくても必要以上に焦らず、
当たり前のことをハイレベルにできる基礎練習をしっかりやる会社をオススメします。

基本が一番大切ですよ。ホントに。











以上が、僕の考える、
新卒で入る会社で抑えておいたほうが良い条件、身に付けた方がよいスキル
です。






そういう意味で、
僕自身が12年前に新卒入社させて頂いた
リクルートエイブリックという会社(現在はリクルートキャリア)
は、以下すべての条件がハイレベルに整った、エクセレントカンパニーでした。






【新卒がいい感じに育つ会社の条件】

1 優秀な先輩社員がいて、新人の面倒を見る余裕がある

2 適切な労働環境が提供されている

3 適度な競争環境がある






【新卒が最初に見につけるべきスキル】

1 売り上げを上げる力

2 ビジネスにおけるコミュニケーション能力(読み・書き)

3 他者の状況・思考を推し量り、適切に行動する能力





うーん。
言語化して改めて眺めると、
カンペキに整っている。。。

まぁ、入社当初は、文句ばかり言っていましたが、、、
今、振り返ると、流石は人事日本一の会社。
極めて完成度の高い素晴らしい環境でした。


もし、あの時僕が選んだ会社が、これらの条件の整っていない会社だったら、、、
今の自由なワークスタイルの実現がムリなのはモチロン、
果たして使い物になる35歳になっていたかも、怪しいです。ほんとに(笑)




はじめての会社に必ずしもリクルートを選ぶ必要は全くありませんが、

新卒入社社員の定着率が高く、20代後半以降、30代や40代でもしぶとく活躍している人が一社目に選んだ会社の特徴を分解して言語化するとこういった共通の特徴はあるよなぁ。。

という一つのモデルケースですので、
学生のみなさんが、
就活での会社選びの際に、意識してみても、
損はしないと思います。



というわけで、


新卒採用の人事さん、
上記の条件、けっこう厳しめと思いますが、
完全に全部が整っていなくても、少しづつ近づけるノウハウはあります!
どんどん聞いてください。


1社を良くすれば、何十人もの若者の社会人ライフを向上することが出来ますから、My Pleasureです。
ベンチャーさんだったら、社長さんを動かしてナンボですね。

全然聞いてくれない社長さん(笑)がいたら、連れてきてください。
ちょっと昔の話ですが、100人の会社の2番手で人事に関して切り盛りして会社組織を作ってきました。

若者が元気に働く会社を作りたくない人事さん、社長さんはいないはずです。
しっかりとホンネと実体験をお伝えして、心を動かすお手伝いは、させて頂きたいですね。。。





シューカツ生さんは、がんばってね!

本当にオススメできる会社って、
就活サイトに掲載している会社のうち、
10社に1社あればいいほうかもしれません。

まずは、自分で足を運んで、
分析して、仮説を立ててください。

答え合わせには、僕がお付き合いします。
みなさんが入りたい志望先を「辞めたい」というセンパイの方々のご相談をお受けしてきた経験からお答えしまししょう。

各論でこの会社、
実際のところはどうなんですか?

という質問は、授業や、BARカウンターでナンボでもお教えします。

まぁ、なんでも知ってるワケではないけれども、、、全力は尽くします。


では!


↓著書、宜しくです!↓
Amazonページ 転職の赤本
tensyoku_banner220x110




就職活動にも、転職活動にもオススメ!
私のキャリアコンサルタントとしての知識が凝縮されたベストセラー!

年収300万円の残念な働き方

就職、転職、出世に効く仕事の知恵本です。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆       
        Dining DJ Lounge とこなつ家
   〜都会のオアシスで最高のお酒、料理、サウンドをご提供〜

リクルートエージェント社出身のマスターに転職相談ができる日本唯一の転職BAR

とこなつ家ホームページ

とこなつ転職エージェントホームページ


宴会、お誕生会、就職/転職関連レッスン、貸切パーティー、DJイベント !
2500円〜飲み放題つきでご予算、ご要望に応じてオーダーメイドで承ります。
ご相談、お問い合わせはお気軽にこちらまで!

yassuzuki0208@gmail.com
0359448503













夜型自営業の日曜日

朝業務終了➡︎寝る➡︎昼過ぎ起床➡︎面談➡︎店スタッフに差し入れ➡︎夕食➡︎自宅で娘たちが寝付くまでイチャつ➡︎ネカフェで執筆➡︎店で雑務を整理➡︎行きつけ雀荘で3半荘➡︎整体60分➡︎油そば➡︎睡眠

まあ、だいたい毎日がこんなカンジです。
平日は、18:00−24:00で
とこなつ家の接客が入るので、休日の働き方はユルい。



6回、100球、2〜3失点、

のらりくらり、130km台のツーシーム、シンカーを多投。

ランナーを出しても一発を浴びずに、打たせて取れば良し。




自営業は丸一日の休日はどうしても取りにくく、週6〜7日何かしら仕事が発生するけど、
毎日、休憩時間をちゃんと取る。

仕事の合間に自宅に帰るとか、雀荘や整体で休憩。




まぁ、僕は基本、毎日がのらりくらりで、
週1〜2日くらいが先発完投で9回を全力投球(仕事だけしかしない日)のペースが、

自営業が嫌にならず、長続きする働き方かなと。
だって、あと40年もあるんだものw



Mr完投の斎藤雅樹投手や、全球155kmを投げようとする澤村投手のような力投型の働き方が会社では評価されやすいし、20代ではそう働いた方が力が付くので良いですが、

30代半ばを過ぎたら肩を壊さずに26年間現役で投げ続けた工藤投手がお手本です。




通算勝利数(チームへの貢献度)も生涯獲得年俸(成果)も工藤さんのが多いのは、彼が肩の耐久性を良く考えて働き続けた成果のはず。


勝負所のカウントや、大切な試合では全力のストレートを投げてしっかり勝つし。




いい年こいてくると
三振取りまくりで快刀乱麻の完封勝利と、
フォアボール連発で4回持たずにKOを繰り返す松坂投手のようなピッチングよりも、

黒田投手のように確実にゲームを作る安定した仕事のクオリティをクライアントからも求められるようになってきた気がします。


無理はしないけど、毎日ほどほどに、ちゃんと働きます(^ω^)




↓著書、宜しくです!↓
Amazonページ 転職の赤本
tensyoku_banner220x110




就職活動にも、転職活動にもオススメ!
私のキャリアコンサルタントとしての知識が凝縮されたベストセラー!

年収300万円の残念な働き方

就職、転職、出世に効く仕事の知恵本です。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆       
        Dining DJ Lounge とこなつ家
   〜都会のオアシスで最高のお酒、料理、サウンドをご提供〜

リクルートエージェント社出身のマスターに転職相談ができる日本唯一の転職BAR

とこなつ家ホームページ

とこなつ転職エージェントホームページ


宴会、お誕生会、就職/転職関連レッスン、貸切パーティー、DJイベント !
2500円〜飲み放題つきでご予算、ご要望に応じてオーダーメイドで承ります。
ご相談、お問い合わせはお気軽にこちらまで!

yassuzuki0208@gmail.com
0359448503

新社会人さんに贈る言葉  〜最初の1年間は無遅刻 無欠勤で 会社に通えば十分にエラい!!〜

今年も4月1日がやって来ました。
早いものですね。


今年も、500人位の新社会人さんとの出会いの機会に恵まれ、
池袋の路地裏からみなさんが旅立つのをそっと見守っています。

12079079_1053916977986406_3969246853587192118_n





























僕自身は、社会人13年目になりました。
23歳の新入社員だった頃を思い出します。

さて、
いろんな人が、いろんな期待、いろんな言葉を
新入社員のみなさんにかけてくれることでしょう。


僕からは、、、
これだけです。





・無遅刻 無欠勤 で会社に通えば、十分にエライ!







あたりまえ?

いやいや、けっこう、できない人多いから(笑)

これだけでいいです。







新入社員の中には、
「業績一番取ります!」
と志高く、宣言する人もいます。

まぁ、そうしたい人はそうすればいいのですが、
そうしなくても、全然いいと思います。


多くの人のホンネは、
「ああ、、、ついに学生生活が終わってしまった、、、
 毎朝会社いくのダルいぜ〜  会社に馴染めるか不安だぜ〜」

ではないでしょうか?
僕は、そういう新入社員でした。
入社式の日から、5月病まっしぐら!


出来も最悪で、ぜんっぜん営業のアポが取れないし、
会社で何をしたらいいのかもわからない。
自分のドコがダメなのかもわからない。

センパイ方はむっちゃコワい。
毎日ダメ出しされ、詰められる。
最初の一年間は、ほぼ、うつ状態だったと思います(笑)


でも、遅刻、欠勤せずに、会社には通いました。
僕自身が社会人1年目に達成できたことはそんだけ!


だから、新社会人さんにも、
エラそうなことは言えません。


成果がでようが、でまいが、
来年の今日まで会社を辞めずに通い続けたら、
「よくやった!」と褒めさせていただきます。

とっても頑張りの必要なことだし、評価されてしかるべしだと思いますよ。
ほんとに。




【やるとオススメなこと】
快適に働き、退職に追い込まれないコツ
総論、1年目は「自分の居場所を会社に作る」ことが一番大切な期間です。

社会人生活40年のうちの最初の1年なんて、
映画に例えれば序盤の3分(180秒)でしかありません。
成果を出そうと、焦りすぎないように!




・始業30分前までに毎日出社して、
 始業時間には、仕事にとりかかる準備万端にしておく

→社会常識ですw
デスク周りの掃除をして、資料をまとめて、身だしなみを整えて戦闘準備。
賃金をもらっているときは、利益を生む生産活動に取り組みましょう。
早く出社することは、スキルや能力に関係なく誰でもできます。





・上司やセンパイのいう事、指導は、笑顔で素直に聞く。が、真に受けすぎない。

→期待されているから、怒ってもらえます。
誰からも指導して貰えなくなったら、おしまいです。素直に聞いて実行しましょう。

会社というのものは、
自分の味方がいればいるほど、仕事はしやすくなり、
自分の敵がいればいるほど、仕事はしにくくなります。
「新社会人」という一生に一度しかないアドバンテージを最大限利用して、可愛いがられ、育てられてください。


でも、上司、先輩、それぞれの言うことが違って困惑するケースもあります。
上司といえど、人間ですから、理不尽なことをいう人もいっぱいいます。
言うこと聞いたら他の人に怒られ、逃げ場かなくなるパターンです。
言われたことを真に受けすぎて、自分を追い込み過ぎないように。

結局のところ、仕事の進め方や仕事のコツは、自分に一番あったやり方を自分で見つけ出して、修得するしか無いですので、
先輩を100%完コピしても、そうはうまくはいきません。

試行錯誤を自分で繰り返しながら、
30歳位までに、自分の型をつくっていけば十分です。






・土日は仕事をしない。平日は終電までに家に帰る

→休日出勤、泊まりこみ残業は大人になってから。
新入社員は98%の人が、これやると、精神を病みます。
家で仕事してもダメ。

2%の強靭な精神を持つ人は、やりたきゃやってもいいけどね。
彼女作ったり、旅行に行ったり、仕事以外のことやって、
「気分転換のスキル」もきちんと向上しましょう。

どれだけ能力が高く、高い業績を出せても、会社を休むとか、
精神的に不安定で仕事のパフォーマンスに波がある人は、使いにいくことこの上ありません。



・自分にプレッシャーをかけすぎない
→「業績1位を取ります!」とか「大活躍します!」とか、「超頑張ります!!」
入社式で言っている新入社員ほど、パンクして退職していきます。
理想と現実のギャップに耐えられなかったり、無理しすぎて心身を壊すんです。

1位を取れば、まぁ、それなりに褒められますが、
組織長(部長 課長)の立場から見ると、
1位なんてもんは当番制です(笑) 毎年誰かが必ず取る恒例行事。
別に、そんなにスゴいもんでもないし、高い評価をされるわけはでないし、給料が変わるわけでもないです。

燃え尽きて、体を壊したり、
取れない自分を追い込みすぎて、会社に出社できない状態にならないでね。
1年目に1位なんかとらなくても、会社に自分の居場所は作れるから(笑)

今まで20数年間、「学生」という身分で、アホほど「ノーストレス」の環境で生きてきたわけですから、
「会社」という場所は、自動的に、ムチャクチャストレスがかかります。
普通に毎日通うだけでも超ツラいです。

それを自覚していない人は
「業績1位取ります!」とか、軽いキモチで言っちゃうのですが、

学生のノリで、わざわざストレスを積み増ししないよーに(笑)

社会人は、「言ったこと」は必ず実現しなければ、信用されなくなる身分ですよ。
本当に1位を絶対に取る覚悟と自信があるなら言っても構わないけど。


僕も、同様のことを上司に宣言したことはあるけど、
3年目の頭でした。
100%実現できる、自信、スキル、業務計画、1位を取らねばならない自分なりの理由
を全部整えてから実行し、宣言通り達成しました。

1年目?ムリムリムリ!毎日会社に通うだけで必死!(笑)




・退職する同期にネガティブ側に引き込まれない


心の優しい、素敵な人ほど、この病気にかかりやすいです。

悲しいことですが、
統計上、新卒入社の社員の約14%は1年目に退職します。
これは、30年間以上、変わっていない数値です。

新卒で入った会社を1年未満で辞める人に、理由は多々ありますが、
まぁ、基本的にはネガティブな理由で、
会社の不満を言って、退職していくケースがほとんどです。

あなたに100人の同期がいれば、
来年の今日までに必ず14人が脱落して会社を辞めます。

凹むとおもいますが、
必要以上に影響されないことが大切です。


むっちゃかわいそうだし、助けたいし、無力感を感じるだろうし、
会社に怒りさえ感じるかもしれませんが、

同期を励まし、退職を止めるのは、あなたの役目ではありません。
同期の上司、教育担当の仕事です。

他人を救おうとする前に、自分の身を救って、
自分自身が一人前の社会人になってください。

学校は、生徒全員をシアワセにすることが目的の場所ですが、会社はそうではありません。
脱落する人はいるし、助けたくても助けられない人は必ず出現します。

大丈夫!会社に合わない人は必ずいるし、
辞めた同期だって死んだりしないし、新天地でケロっと元気にやってくものだから!








・斜め上のセンパイ、上司 にも可愛がられておく。

入社2年目までの社会人の退職理由・転職理由は
90%が、「直属の上司との相性の悪さ」です。
※本人は無自覚で、労働時間 や、仕事内容 といったことを口にしますが、
 部下の時間管理、部下のモチベート を上司ができていないから発生する問題です。

人と人ですがら、相性が悪いことも当然あります。
そういうとき、「横」の同期同士でグチり合っても癒されはしますが、問題は解決しません。

斜め上 の 他部署や隣の部署の上司、センパイに相性の良い相談相手がいると、
問題を解決してくれる可能性が高いです。

心理的にも、頼れる人、可愛がってくれる人、尊敬できる人がいれば、
退職にまで追い込まれることは少なくなりますね。
相性の悪い上司とも、どちらかが異動するまで1〜2年間くらい持ちこたえることができます。

困った時に助けてくれる心強い味方を社内にたくさん作りましょう。





というわけで、
いってらっしゃい!

仕事ができなかろうが、
会社がつまらなかろが、
先輩や上司に腹が立とうが、

あたりまえ!(笑)
全然心配ありません。


頑張りすぎずに、
ちゃんと会社に行ってくださいね!



↓著書、宜しくです!↓
Amazonページ 転職の赤本
tensyoku_banner220x110




就職活動にも、転職活動にもオススメ!
私のキャリアコンサルタントとしての知識が凝縮されたベストセラー!

年収300万円の残念な働き方

就職、転職、出世に効く仕事の知恵本です。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆       
        Dining DJ Lounge とこなつ家
   〜都会のオアシスで最高のお酒、料理、サウンドをご提供〜

リクルートエージェント社出身のマスターに転職相談ができる日本唯一の転職BAR

とこなつ家ホームページ

とこなつ転職エージェントホームページ


宴会、お誕生会、就職/転職関連レッスン、貸切パーティー、DJイベント !
2500円〜飲み放題つきでご予算、ご要望に応じてオーダーメイドで承ります。
ご相談、お問い合わせはお気軽にこちらまで!

yassuzuki0208@gmail.com
0359448503

【キャリア論】提案型営業マン・コンサルタント の生き延びる道

R-AGENT時代の1コ下の後輩さんが
AirBnB事業者向け、ビッグデータ支援サイトリリース。

BnBInsight プレスリリース

ビジネスで成功する鉄則は、
ゴールドラッシュで、鉱山で金を掘る人になるのではなく、
金を掘る人を顧客にしてインフラを提供する側。

センスがありすぎる。




2025年くらいまでに殆どのコンサル領域は、AIとビッグデータのオープン化に駆逐されそうな勢いですね。
それっぽいデータを取り出してPPTで纏めた資料が高値で売れた時代は終わる。
コンサルや提案営業領域でメシを食う人は、真剣に生き延び方を考えなくてはなりません。


僕なりの一つの選択肢は、アナログへの回帰。


IT化に逆張りして

「KKD =勘 経験 度胸」

を鍛えまくる。


何故なら社会に流通する情報量が膨大になればなるほど増えすぎた選択肢の中から
「オススメはこれ一点!根拠?私の経験。安心せい」
という超熟練した一部の専門家のアドバイスが欲しい人が増えます。


これは
「グレイヘアーコンサルティング」
と呼ばれています。

人は、データから複数の仮説は立てられるが、
一つに決める最終段階で、自分以上に信頼する誰かに相談がしたくなります。


マッキンゼーも、元々は熟練者のグレイヘアーで始まり、
若いコンサルタントを量産して会社を拡大するために、データを使い始めた。

日本で一番コンサルの量産化に成功したモデルはリクルートのHotPepperの営業。
業務委託のおばちゃんが、集客コンサルをできるまでにデータを活用した。

コンサル領域のおっさんは、髪が灰色に染まる前までに、
「最後に相談したい一人」として相談者が行列を為す状態になる必要がある。

凡人が生き延びるにはKKD。
度胸を持って、他者が挑戦しないヤバい経験を積み、勘を磨けるかが生死を分けると思います。

生還の道は、弾丸の飛び交う戦場にあり。
死にたくないなら、前に出る。


↓著書、宜しくです!↓
Amazonページ 転職の赤本
tensyoku_banner220x110




就職活動にも、転職活動にもオススメ!
私のキャリアコンサルタントとしての知識が凝縮されたベストセラー!

年収300万円の残念な働き方

就職、転職、出世に効く仕事の知恵本です。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆       
        Dining DJ Lounge とこなつ家
   〜都会のオアシスで最高のお酒、料理、サウンドをご提供〜

リクルートエージェント社出身のマスターに転職相談ができる日本唯一の転職BAR

とこなつ家ホームページ

とこなつ転職エージェントホームページ


宴会、お誕生会、就職/転職関連レッスン、貸切パーティー、DJイベント !
2500円〜飲み放題つきでご予算、ご要望に応じてオーダーメイドで承ります。
ご相談、お問い合わせはお気軽にこちらまで!

yassuzuki0208@gmail.com
0359448503

旅での学び

旅で人生が変わったとかいう人は中身がゼロなんです

はあちゅうさんにDisagree。

元留学屋が物申す!




確かに、旅でどこに行こうが、建造物や景色を見ようが、人生観はそうは変わらないです。




でも、「旅先で出会った人」と会話し、彼らの暮らしや価値観に濃く触れる中で学べること、気付きはたくさんある。




旅人が薄っぺらい

と主張するこの人は、




⚪︎外国人と絡んでトモダチになる努力の欠如

⚪︎英会話の能力と習得の努力の欠如

⚪︎海外で触れる事象からインプットする感性と多面的思考力の欠如




を棚に上げてエラそーな事をおっしゃいますが、
もう少し内省して自らの至らぬ点に気付いた方が旅も人生も学びのあるものになるのではないでしょーか。




要は、能動的に旅に取り組まないから旅が毎日同じ事の繰り返しに感じちゃうだけのこと。

もったいな!(−_−;)




ハタチの頃から旅に出ていますが、
年を経て、知識が増えれば増えるほど、
インプットの切り口も増えます。

政治、経済、歴史、文化、宗教、地理。
社会科の知識があると、旅は本当に学びの機会が増えます。





まぁ、僕は人生を変えるために旅に出るわけではないし、

ペラい人生です。

「楽しい」から旅に出る。

そんだけ!!




元、留学屋さんとしては

物事をポジティブな意味があるものにできるかは、自分のスタンス次第なんだな〜

というのが4000人の生徒さん方の留学生活のご満足度の違いを見守り続けて実感したことです。



楽しめばいーんじゃないでしょか(^_^)


↓著書、宜しくです!↓
Amazonページ 転職の赤本
tensyoku_banner220x110




就職活動にも、転職活動にもオススメ!
私のキャリアコンサルタントとしての知識が凝縮されたベストセラー!

年収300万円の残念な働き方

就職、転職、出世に効く仕事の知恵本です。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆       
        Dining DJ Lounge とこなつ家
   〜都会のオアシスで最高のお酒、料理、サウンドをご提供〜

リクルートエージェント社出身のマスターに転職相談ができる日本唯一の転職BAR

とこなつ家ホームページ

とこなつ転職エージェントホームページ


宴会、お誕生会、就職/転職関連レッスン、貸切パーティー、DJイベント !
2500円〜飲み放題つきでご予算、ご要望に応じてオーダーメイドで承ります。
ご相談、お問い合わせはお気軽にこちらまで!

yassuzuki0208@gmail.com
0359448503
Profile
クリック お願いします!皆さんの1クリックが小生のヤル気の源です!
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学・ワーホリへ
記事検索
最新記事
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ