キャリア相談もできる隠れ家BARのマスターのブログ@銀座 助家

リクルート−エージェント⇨フィジー共和国の語学学校責任者を経て 飲み屋を開業。創業した池袋のお店を店長に譲り、現在は銀座のどこかでBARを営んでいます。

March 2012

    新社会人さんに贈る言葉  初出社日に感じる「違和感」こそが自分のハダカの感性。

    今日は、この春に新社会人さんになる大学生さんたちの開催の、
    「人材業界大壮行会」に出席させて頂きました。
    その数、100名超え。
    元気いっぱいの若者たちで、これからのニッポンを盛り上げていく大切な国の宝です。

    さてさて、
    その100名の内、10名くらいは去年の就職活動時に少しばかりご相談に乗らせて頂いたとこなつ家の卒業生さん。さらに30名くらいは顔見知りの間柄。

    今回の壮行会に出席できなかった方も含めれば、
    Facebook上の友人では、100名近くはいらっしゃるのではないでしょうか?
    律儀な方からは、新社会人になることをワザワザ僕宛にメールでメッセージしてくれたり。

    そんな大切なみんなに、
    僕からお伝えしたいことを、思うことを思うとーりに書いてみます。
    合わせてメッセージのご返信とさせて頂ければ幸いです。


    「働くのが楽しみで仕方がない!」という学生さんはおめでとう!
    そのまま、突っ走ってください!

    でも、今の段階で「やっぱ就職したくねー!」とか、「不安だ・・・」
    思っているような、出来の悪い(笑)新社会人さんもいるはず。
    僕は、そのクチだった。

    今回はそんな方にこそ読んでいただきたいですね。






    「入社後一週間で感じる、違和感を忘れるな!」






    8年前の今日、僕は就職する直前でした。
    就職先への仕事の未来や社会貢献の理想に燃えるような、出来のいい学生ではありませんでした。

    ハッキリ言って、働きたくなかった!
    入社日が迫ってくるのがイヤでイヤで仕方がなかったです!

    大学では誰もが知るほど派手に遊ぶオールラウンドサークルに所属し、死ぬほど遊んだ。
    大好きなマージャンでアルバイト代を稼ぎ、貯めたお金で海外を気ままにバックパッカー。
    バンドでシャウトしまくり、クラブでハジけまくる。
    もしも、遊びまくることが学生の本分と定義したら、僕以上に学生生活を全うした人は、そうは見かけない。

    ガタイはムキムキ、腕っぷしにも自信満々、用心棒にスカウトされたくらいだ(笑)
    毎日頑張る大人を「リーマンだっせー」 とバカにしている節すらある社会をナメてるフザけた学生です。

    ○@沖縄 2000年8月
    Gracias 75901398_188



















    いやー いい身分ですよ。
    親の庇護の元、徹底的に自由を謳歌し、一生学生を続けたいくらいだわー
    と思っていた。(笑)




    そんな僕が入社してすぐに感じた「会社」で働くことへの違和感。



    それは・・・・

    ・スーツなんて着たくねーし、満員電車は乗りたくねー!ってゆーか海パン一丁がいい。


    ・嫌いな奴にまでみんなして頭を下げて、世辞を言いおって。
    ソレが世渡りってヤツなのか?うざってー!


    ・ちょっと長く働いたからってエラそーにしやがって!
    ナメんなコノヤロー! ケンカしたら俺のが強えーぞ。


    ・なんかうまくいえないが、旅できないし、窮屈だ!!!


    ・転職屋なら、他人の夢をバカにするな!
    スキルのないお客や、自分の転職市場での価値を知らないお客をバカにするヤツは最低だ。
    いいじゃん!未経験でもマーケティングやりたい30歳がいたって。
    ※一部の社員ですよ。一部。みんな大抵モラル高いです。
      


    ハイ!最後の1つはともかく、上4つは間違いなく社会不適合者、
    ってゆーか文句ばっかのただの子供ですね(笑)



    イヤ、今思えば、
    本当に本当にいい会社に入社させていただいて、恵まれた環境だったんですよ。
    周りの先輩方にも歓迎していただいて、本当にありがたかった。


    でも、与えられた環境に対する僕の感性は、「拒否」だった。
    そう感じちゃったんだから、しょーがない。


    入社して、僕はぜんぜん仕事ができなかった。
    仕事をする能力が全くなかったのだ。

    毎日出社するのがイヤでイヤで仕方がなかったのだけれど出社し続ける。
    で、仕事をすることに慣れて、ようやく会社に出社することが嫌ではなくなったのが
    2年目の半ば。


    根拠のない自信は木っ端微塵に吹き飛び、人様に対する感謝の気持ちや、畏敬の念を知った。

    自分の至らない点を内観し、謙虚に愚直に課題に取り組むようになった。

    立派な会社員の方々にお会いして、「リーマンカッコいい!」って心から思えるようになった。

    大きな成長がソコにあった。



    そして、入社当初に感じた「違和感」は、徐々に感じなくなっていった。
    たぶん、それが「大人になる」ってことだし、「社会に適合する」
    ってことだと思います。

    リクルートエージェントという会社は
    ビジネスパーソン鈴木康弘の生みの親です。
    今だって、もしもご縁があれば出戻って一緒にお仕事をさせて頂きたい位
    好きな会社で、
    好きな仕事で
    好きな同僚
    がそろっている素晴らしい会社だと思います。



    でもです!



    入社した瞬間に感じた



    「違和感」





    それは、真実。



    社会に適合する前、子供の頃の自分のハダカの感性がそう感じたのだから。

    今でもそのとき感じた違和感を忘れないように生きています。




    ハダカの感性を捨てて、生きてもいい。
    きっとそっちのが経済的にも恵まれるし、社会に適応できます。
    意識しなければ、違和感はだんだんなくなっていくし、ラクになっていく。

    でも、ワガママなヤツは、ハダカの感性を持ち続けてみてもいいと思う。
    たった一度の自分の人生なのだから、
    どこまでも感性を満たすために妥協せずに追いかけてみるのも悪くないと思います。

    感性を満たそうと正直に生きると、
    自動的に仕事に対して必要とされる自己目標設定のBARが上がります。

    だって、自分のワガママ通して生きていくんですよ!?
    人の何倍も仕事で結果出して、人の何倍も人様をHAPPYにしなきゃ
    社会に自分の居場所を作ることはできないでしょう。






    あれから8年間が経って、僕は31歳になりました。
    いまだに、子供の頃の感性に正直に生きています。

    入社日に感じた「違和感」に関して振り返ってみましょう。



    ・スーツ着てないし、満員電車は乗ってません。海パン一丁にはなれていない。


    ・嫌いな奴には頭を下げないし、お世辞も別に言いません。
    ※コレが、見よう見まねでやってみても結局うまくいかないんですわ。トホホ・・・

    逆説的ですが、
    僕が「スゴいですね!」というときは本当にスゴい!と思っているし、
    「いいね!」と言うときは本当に「いい!」と思っているし、
    僕が関わろうとする人は、全員僕が好きな人です。

    正直に人とお付き合いさせて頂いています。

    ・ムダにエラそうなヤツは嫌いなので付き合いません。※本当にエライなら可。
     自分自身ががそうならないように気をつけています。


    ・旅はできてないけど、窮屈ではない!
     たぶん来年あたりには、自由に世界を旅できるようになれそう!


    ・他人の夢は、絶対にバカにしません!!
    実現できるように徹底的に応援します!




    ということで、自分が今の環境で仕事をしていることに、
    違和感、あまり感じません!(まだ達成率70%くらいだけど。)




    20代は、感性を押し殺して、修行し続けました。
    苦しい苦しい日々でした。

    捨てればラクになるのに。。。と思ったことが何度も何度もありました。
    でも、捨てませんでした。

    30代になった今、ようやく自分の仕事に違和感がなくなってきました。
    自分のハダカの感性に、正直に生きています。

    すっげー 仕事が楽しいし、人生が楽しいです。
    まあまあ、自由です。

    不自由なこともあるけれど、
    ようやく学生の頃より、楽しくなったかな。




    ○卒業コンパ@2004年3月
    Gra sotukonn75901398_3















    大学時代の仲間たち。
    みんなそれぞれ活き活きと仕事して、カッコいい社会人になってますよ♪







    さて、まとめます。

    4月2日の初出社日。




    違和感を感じなかった人はおめでとう!!!
    それが、君の生きる道だ。機会に感謝し、そのまま邁進しよう!


    違和感を感じた人もおめでとう!
    それはたぶん君の生きる道ではない!

    でも、君を成長させるチャンスにめぐり合えたってことなんだ。
    違和感があるヤツならあるヤツほど、その環境で学べることは多い。

    感性を捨てるもよし、捨てないのも良し。
    自分で選ぼう。
    苦労しながら、がんばれ!


    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
                 ♪Dining DJ Cafe とこなつ家♪
            〜都会のオアシスで最高のお酒、料理、サウンドをご提供〜
          リクルートエージェント社出身のマスターにキャリアの相談ができるBAR
    http://tokonatsuya.jp/
    http://blog.livedoor.jp/drunkbiker8431/
    デート、宴会、女子会、お誕生会、貸切パーティー、DJイベント !
    2500円〜4800円でご予算、ご要望に応じてオーダーメイドで承ります。
    ご相談、お問い合わせはお気軽にこちらまで!
    0359448503 yassuzuki0208@gmail.com

    みんなが安心して楽しめるアットホームなお店を目指し、
    創業以来広告を一切使わず、友人知人づての口コミのみでの地道な宣伝活動を展開中。
    ステキなご友人とのご来店、ご紹介を心よりお待ちしております☆

    出会いに感謝☆ とこなつ家 オーナー 鈴木康弘(YAS)
    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

    嬉しかったお話とご協力いただいたみなさまへのお礼

    遠く東北の気仙沼と大船渡のカレー屋さんから感謝状を頂きました!
    PJT



























    ○カレーのチカラを信じてるプロジェクト
    http://currynochikara.blog.so-net.ne.jp/
    全国のカレー屋さんで協力して、東北の被災したカレー屋さんに義捐金を送り、彼らの再建を支援しようとというプロジェクトです。


    僕のほうでは、昨年度、
    ○被災地の方々に写真のカレーを届けよう!チャリティーフリマ
    http://blog.livedoor.jp/drunkbiker8431/archives/65473794.html
    などを独自に企画して、開業前にカレー修行でお世話になった仙台のスープカレー屋さん
    「さくら」に義援金を送らせて頂きましたが、
    さくらの店主さんは、津波で全壊した気仙沼、大船渡のカレー屋さんに寄付というカタチです。

    直接お会いしたことはない方々ですが、
    暖かい手書きの感謝状を頂き、なんか、むっちゃ嬉しいです。
    被災した3店は見事再建し、がんばっています!
    東北を訪れたい行きたい理由がまた増えました♪



    震災から一年。
    みんな大変ですが、
    自分が大変なときこそ、もっと大変な人のことを考え、
    助け合う優しさを大切にしましょう!

    と自分自身に言ってみる。

    元々は全額、とこなつ家のお客さんから頂いたお代です。
    みなさまの優しさは、東北まで届いてますよ〜♪
    本当にありがとうございました!


    ちなみに、ウチのレインボーのカンバンは、
    R−AGENTの前社長、ムライさんから「ゴリ、お前カンバンすら買うお金ないんか。。。よし、俺が買ったる!!」震災時にご寄付いただいた大切な物なのです。
    さすが、1000人からの人の上に立つ人の器はでかい。


    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
                 ♪Dining DJ Cafe とこなつ家♪
            〜都会のオアシスで最高のお酒、料理、サウンドをご提供〜
          リクルートエージェント社出身のマスターにキャリアの相談ができるBAR
    http://tokonatsuya.jp/
    http://blog.livedoor.jp/drunkbiker8431/
    デート、宴会、女子会、お誕生会、貸切パーティー、DJイベント !
    2500円〜4800円でご予算、ご要望に応じてオーダーメイドで承ります。
    ご相談、お問い合わせはお気軽にこちらまで!
    0359448503 yassuzuki0208@gmail.com

    みんなが安心して楽しめるアットホームなお店を目指し、
    創業以来広告を一切使わず、友人知人づての口コミのみでの地道な宣伝活動を展開中。
    ステキなご友人とのご来店、ご紹介を心よりお待ちしております☆

    出会いに感謝☆ とこなつ家 オーナー 鈴木康弘(YAS)
    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

    営業と技術は一生分かり合うことがない。ケンカをし続けろ。でも、離れるな。

    先日、僕の大センパイの方と、閉店間際の夜中に晋平、僕の3人でお酒を飲みました。

    本田宗一郎さんなどなどの偉大な経営者の方々、名コンビと会ってきた方で、
    創業時から、毎日のように通って頂き、毎日のように一緒に仕事をして、ケンカ(笑)をし続ける僕と晋平の二人に対してくれた言葉です。
    本当に、ありがたいお言葉だったので、感動がさめない内にここに書いておきます。


    営業マンと、技術者は一生分かり合うことはない。
    お互い分かり合った瞬間に、その事業はダメになる。


    技術者が営業スキルを覚えると、完璧な品質のものは作れなくなる。
    何故なら、失敗したときに器用に謝れるようになるからだ。

    営業が技術にこだわりだすと、利益が出せなくなる。
    何故なら、売価1万円のものを原価2万円で作ろうとするからだ。


    だから、営業マンと技術者はお互い分かり合うことがあってはならない。

    ダウンタウンのまっちゃん浜ちゃんしかり、名コンビとは仲が悪いものだ。



    ヤス、お前は営業だ。
    絶対に晋平よりウマい酒を作れることはない。
    ウマい酒がなければお前は売り物を失う。
    だから、晋平を大切にしろ。

    晋平、お前は技術者だ。
    絶対にヤスよりお客を呼ぶことはできない。
    お客が呼べなければ、お前の酒は出せないし、お前の給料は出ない。
    だから、ヤスを大切にしろ。



    お前らは、いい加減相手に期待するのはヤメろ。
    自分ができる事は、相手にどれだけ教えても、絶対にできるようにならないから。

    お前らは、ずーっとそうやってケンカをし続けろ。
    絶対に分かり合えないから。

    でも離れるな。離れたら、二人ともダメになる。
    ケンカをし続け、一緒に頑張り続ける限り、君達の事業は発展し続けるだろう。



    【センパイから頂いた大切な言葉】

    「お前らは、一生ケンカしつづけろ。でも離れるな。」

    先日、僕の大センパイの方と、閉店間際の夜中に晋平、僕の3人でお酒を飲みました。
    ... ... ... 本田宗一郎さんなどなどの偉大な経営者の方々、名コンビと会ってきた方で、創業時から、毎日のように通って頂き、毎日のように一緒に仕事をして、ケンカ(笑)をし続ける僕と晋平の二人に対してくれた言葉です。
    本当に、ありがたいお言葉だったので、感動がさめない内にここに書いておきます。

    営業マンと、技術者は一生分かり合うことはない。
    お互い分かり合った瞬間に、その事業はダメになる。

    技術者が営業スキルを覚えると、完璧な品質のものは作れなくなる。
    何故なら、失敗したときに器用に謝れるようになるからだ。

    営業が技術にこだわりだすと、利益が出せなくなる。
    何故なら、売価1万円のものを原価2万円で作ろうとするからだ。

    だから、営業マンと技術者はお互い分かり合うことがあってはならない。

    ダウンタウンのまっちゃん浜ちゃんしかり、名コンビとは仲が悪いものだ。

    ヤス、お前は営業だ。
    絶対に晋平よりウマい酒を作れることはない。
    ウマい酒がなければお前は売り物を失う。
    だから、晋平を大切にしろ。

    晋平、お前は技術者だ。
    絶対にヤスよりお客を呼ぶことはできない。
    お客が呼べなければ、お前の酒は出せないし、お前の給料は出ない。
    だから、ヤスを大切にしろ。

    お前らは、いい加減相手に期待するのはヤメろ。
    自分ができる事は、相手にどれだけ教えても、
    絶対にできるようにならないから。

    お前らは、ずーっとそうやってケンカをし続けろ。
    絶対に分かり合えないから。

    でも離れるな。離れたら、二人ともダメになる。
    ケンカをし続け、一緒に頑張り続ける限り、
    君達の事業は発展し続けるだろう。



    深〜い〜。




    飲食だろうが、メーカーだろうが、ITだろうが、
    ほとんどの会社は、
    作る人 と 売る人 で成り立っていますから、
    みんな見の覚えがあることなのではないでしょうか??


    追伸:あ、仲が悪い説の飛び交う僕ら、仕事中よくガチ議論していますが
    (いつも心配させて申し訳ございません・・・)

    年に1、2度(笑)のプライベートの付き合いでは
    お互いただのゆる〜いアンちゃん同士、とっても仲良しですよ♪

    元々はただのトモダチから始まった付き合いですからね。



    今後ともどうぞよろしくお願い致します。

    【宣言】来年の3月10日はフィジーで娘の誕生日を祝います。

    【宣言】来年の今日はフィジーで娘の誕生日を祝います。

    今日(もう、日付変わったから昨日か・・)
    は娘の3才の誕生日!

    僕はもちろん、晩から朝までとこなつ家です。
    仕事大好きだし、全然楽しいのですが、
    ... 若干、悔しい。


    来年は家族四人で、第2の故郷、フィジー共和国で娘の誕生日を祝い、
    昔自分がプロデュースしてきた、フィジー幼稚園留学を娘にプレゼントします。

    カミさんにはゼロ才の頃の娘を育ててくれたインド人家政婦さんとの再会と、
    家事を全てアウトソースしたセレブ南国生活1ヶ月をプレゼントします。


    僕は一週間をフィジーで過ごして、
    カレー粉をレベルアップ、ナイスなリゾート映像をとこなつ家のみなさんにプレゼント、
    フィジー名物バウンティーラム酒をもちかえります。


    ハイ!目標できた!

    お金がない。時間もない。
    貧乏社長はヒマナシですww

    達成はラクではないけどだからこそ意味がある。
    でも、行くと決めました。
    決めたことは、やらないとね。
    ※心の弱い人間なので、このブログの読者さんの胸をお借りさせてください。
    言った事、やらなかったらカッコ悪いじゃないっすか。


    1年間、まじでがんばろー!

    Fiji





























    あの頃から、もう2年半も経つのか・・・

    やっばり僕は、南国が似合いますね(自分で言う!)

    新卒起業と失敗後の再就職について

    「若い力が世界へ仕掛ける〜新卒起業という選択肢〜」 | オルタナ
    http://alternas.jp/uncategorized/2012/03/16003.html


    平成生まれの世代の就活をじっくり見させて頂いて二年目。
    イケてる学生ほど?就職せずに即起業する。


    起業して3年後に倒産・廃業する確率は93%という統計がどっかにありました。

    残りの7%のうち、
    2%黒字

    2%プラマイゼロ(ギリギリ飯が食える)

    3%赤字
    くらいか。


    勝率2%の勝負。
    よくやるわ。


    僕らオッサン世代が、
    無謀だ。
    とか
    そんなに甘くない。
    とか
    経験を積んでからのほうがいい。

    と、
    否定的なことを言うのはカンタンだ。


    実際、「ビジネスとして成功した」と呼べる実績を出せる学生さんは、
    100人に2人いればいいほうか・・・


    でも、
    僕ならその失敗を経験した98人の若者こそが、
    企業が真っ先に採用すべき素敵な人材だと思います。
    何故なら、挑戦したがりな人だからです。


    アメリカでは起業に失敗した経験をプラスに捉える企業が多いらしいですが、
    日本もぜひそうなってほしいっすね。


    そうなれば、
    もっと起業に挑戦する人が増えるし、

    たとえ起業に失敗してどこかの会社に就職しても、その人はきっと前向きに仕事に挑戦するから、会社は良くなる。

    そんな風土からこそ日本は活性化して新しい産業が生まれるはずです。


    「セーフティーネット」
    という言葉があるが、

    働く気力のないオッサンに対する生活保護というネットよりも

    挑戦して失敗した若者に対する就職支援というネット

    を張れないもんですかね。
    国がやらないなら民間で。
    起業に失敗した人や、倒産した会社で最後の一兵になるまで頑張った人専門の人材紹介会社とか。

    勝ち馬に乗ってラクしてばかりの小賢しい人よりも、
    挑戦した頑張り屋の敗者を僕は応援したい。


    がんばれ新卒起業\(^o^)/

      Profile

      YAS@銀座 助家

      <本名>鈴木 康弘(とこなつ家店主)

      <経歴>
      米国カリフォルニア州で幼少時代を過ごす
      2004年3月早稲田大学 商学部卒業

      2004年4月〜2006年10月
      (株)リクルートエージェント
      にて企業の採用支援と、第二新卒者の転職支援を経験。

      2006年12月〜2010年4月
      南太平洋フィジー共和国にて
      語学学校FreeBirdInstitute
      サポートオフィスMGR 兼 本社取締役

      2010年10月〜
      転職相談のできるBAR
      Dining DJ Cafe とこなつ家 起業

      <教育基本方針>
      〜向き不向きよりも前向きに〜  
          
      やんちゃな日本人を
      もっともっと増やしたい!
      世界中を元気にしたい!

      <好きな言葉>  
      「知好楽」
      by孔子
      「love,peace,freedom」   
      by Bob Marley
      「我が生涯に一片の悔いなし」
      byラオウ 北斗の拳

      <好きなものたち>
      海/山/寺
      料理/麻雀/飲み会/バイク
      熱い人/アホな人
      べっぴんさん
      DJ/バンド/海外放浪

      <Personality>
      マイペースな寂しがり屋
      大人数での団体行動は苦手
      だが一人では死んでしまう!

      人を愛し
      人に愛され
      自由でいたい
      そんだけの単純な人間です。

      飲みのオファー⇒基本的に断りません。

      皆様こんな小生ですが、
      どうぞ宜しくお願い致します。

      クリック お願いします!皆さんの1クリックが小生のヤル気の源です!
      にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学・ワーホリへ
      Archives
      記事検索
      RSS
      最新記事
      カテゴリ別アーカイブ
      QRコード
      QRコード
      • ライブドアブログ